スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤリタミサコさんのアンケートより「フォルテピアニシモ vol.14 」


◦最初にかかった女性ボーカルとリズムの曲は、曲に影響されてえみちゃんの声のリズムも少し変化していたので、短歌的なリズムや息継ぎ(ブレス)は違うおもしろさがありました。
時にはこういうアレンジもコトバの意味とは別の可能性をひき出しますね。
日本語にはかならず母音が含まれるため、平板な音の印象になりがちですが、音楽と関わることで、言葉の中に潜在的に埋もれている別な音の可能性が出てくると思います。

◦一部で少しせきこんだり、「GRACE」で曲をもう1度かけてもらったり、などは生身の人間のライブなのだから、私はあたりまえと思います。
えみちゃんは気にしていると思うけど、音楽でも朗読ライブでも、発生することはありますから、その対応もライブのライブたるゆえんでしょう。
予定調和ではない冒険なのだから、ほころびもあり、予想を超える何かやいろいろなものの出現が、ライブです。

◦「駅」のイントロからは淡々と進んでいたストーリーでしたが、後半からは予想外の展開でした。次はどうなるの、どうなるの、と、あわててページをめくるような意識で聞いていました。
そして、「見えないものを見てしまう人がいる」というのは意外な気づきでした。
深く心に残ります。

◦二部の原爆詩集、永遠のみどり、賢治2編のテキストのチョイスはすごく良かったです。
長いもののよさもあるけど、今回のように、短いリフレインは一瞬に強い印象を残します。
えみちゃんの心にぴったり重なる印象的な繰り返し、特に広島の若葉のところなど、インパクトありました。
えみちゃんの音声で描かれた若葉の絵は、くっきりと聞き手の心に移り住んだと思います。

◦「さようならここから」が、静かで悲しいけど希望のあたたかさも感じられて
よいエンディングでした。えみちゃんがこういう境地にいられることが、改めて心の底がじわっと暖かくなるような気がします。
悲しみを悲しみ尽くすことだけではなく、その後の生も引き受けることがその悲しみを持ち続けることなのだと思います。

アンケートより「フォルテピアニシモ vol.14 」

Ⅰ部 善と悪のせめぎあいの世の中で、あたり前に生き当たり前に死んでゆくのが、意外と難しい昨今である。駅員の逸話は、自分だったらどうしたか考えさせられた。
法治国家で、定められた規則、きまりをしゃくしじうぎに守っていては、世の中は円滑に進まないことも…。善悪の彼岸ということばがうかぶ。

Ⅱ部 拍手できる幸せを感じた。

メッセージより「フォルテピアニシモ vol.14 」

「朗読」を超えた本当に尊い舞台を見せていただき感動しました。
ライブハウスというより教会の中にいるような感覚で、光の中に立つえみさんは聖女のように美しかったです。透明なガラスのような声だったり、力強い声で読まれる言葉は、情景が目に浮かんできました。活字で読んでいる紙ピアノの短歌もえみさんが読むと、より心に響いてきました。
そしてブローチをつけていただいていたことがとっても嬉しかったです。
朗読と音楽と照明がぴったり合っていることも素晴らしいとあきのさんもおっしゃっていました。
ライブをしていただいてありがとうございました。南極へ行く前に今日のライブを見ることができて本当によかったです。
準備からパフォーマンスまで大変だったと思います。本当にお疲れさまでした。今日はゆっくりお身体を休めてくださいね。

アンケートより「フォルテピアニシモ vol.14 」

二回目に、おじゃますることができました。今年もお逢いすることができてうれしいです。
辛いこと、かなしかったこと、独りであったこと、そういったさみしさのような冷たいものを少しずつ忘れていく毎日です。絶対に無くならないようにと思っていたのに、不思議ですね。
けれど、その時に支えて下さっていた、言葉や人々のことは今も、とても身近に、大切に思います。
あの時、伊津野さんの言葉が傍にいて下さって、本当に救われました。信じることが難しかったり、大丈夫だとおもうことができなかったり、
そんな時がこれからもたくさんあると思うけれど、それでも何があっても、人のことを信じよう、好きでいようと思えるチカラをくれたのは伊津野さんです。
舞台上の伊津野さんは力強く、そして、はかなく、まぶしい。
伊津野さんが、詩や歌をよむと、体に静かに注がれた気持ちが良い。
来ることができて、良かった。ありがとうございます。

「フォルテピアニシモ vol.14 」感謝


今年十年目を迎える伊津野重美ソロライブ「フォルテピアニシモ vol.14 ~ Keep the holy fire burning ~」無事に終わりました。

十年も経つと、それぞれの方の人生に立ち会うような場面が多々ありました。傷つき、苦しみ、また時を経て再びこの場所に戻って来てくださる方々もいて、うれしいです。
私にもいろいろ起りますが、こうやって時は移りゆき、人と別れて、いろんなことが終わってゆくのだなと、改めてしみじみ感じています。
それだからこそ、この一瞬がかけがえのなく、いっそう愛おしいと…。

今までチームのように一緒に創ってくれていたスタッフが一新し、「 フォルテピアニシモ」の 新しいスタートとなりました。今までは美しく劇的な照明を創ってくださっていましたが、今回はライブハウスのシンプルで、繊細な照明だったように思います。
みなさまの感想などをお知らせいただけましたら幸いです。 

みなさまにとっても私にも、別れや終わりが、新しい出逢いや始まりでも、またありますように願っています。 
ご来場のみなさま、関係者と支えてきてくださった多くのみなさま、出逢えた方々に、心よりお礼を申し上げます。
プロフィール

いつのえみ

Author:いつのえみ
伊津野重美 

第一歌集『紙ピアノ』
1st Album『ひかりの素足』
詩誌『生命の回廊』発行・編集。

********************

フォルテピアニシモ vol.14
 
~ Keep the holy fire
       burning ~

伊津野 重美 朗読

2016年11月3日(木・祝)
12:30 開場/13:00 開演

場所:STAR PINE'S CAFE

前売・予約¥2,500円+1drink
ペアチケット前売・予約のみ
     ¥4500+2drink
当日¥3,000円+1drink
チケット前売発売10月3日より
 前売は店頭販売かweb予約
予約アドレス
https://ssl.form-mailer.jp/fms/f7f014c8172636

STAR PINE'S CAFE
http://www.mandala.gr.jp/

**********************

伊津野重美 1st Album 

『ひかりの素足』
歌人伊津野重美による初の朗読アルバム。
ゲストにチェリスト森重靖宗を迎えて、
宮沢賢治の童話「ひかりの素足」と
日本近代詩の抒情世界を精緻に紡ぐ。

全9曲、48分。定価 2,500+税

**********************

「生命の回廊 vol.3
『えーえんとくちから 
  笹井宏之作品集』特集号」

2011年11月刊行

井口和泉 浦歌無子 
岸田将幸 斉藤斎藤
斉藤倫 樋口由紀子
ひろたえみ 三角みづ紀
ヤリタミサコ 夕暮マリー
伊津野重美

最近の記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。