「たやすく書かれた詩」


大震災や原爆や戦争で亡くなった方々を思い、自分の臓器を一つ抉り取られたような友人の死を思い、8月は喪に服したように過ごしていた。
そこに、また若い表現者の死を知る。一人の人の死が、受け入れがたく、まだ信じることができない。

そんななか、8月には、ブルームーンの日に旅立つ人もあった。
幸運を信じたい。

気が付けば、もう9月も後半になっている。
9月に入ってから海に行くと、暑さはそのままに、山側には蝉の大合唱でも、海辺には蜻蛉がたくさん飛んでいた。

痛みやすい心と体をもち、普通の人ができることができない。
スニーカーの紐を結び直していると、足元の草むらでコオロギが鳴いた。今年初めて聴く、虫の音だった。暑い夏にサンダルを履くことができる人は、いいなと思っているうちに、秋になっていた。今年は、かき氷も食べていないし、下駄もはいていない。
次の日の帰り道には、虫の音すだくなかを帰る。

自分は身動きができずに立ち止まっていても、時だけが無情のように、慰藉のように、ただ過ぎてゆく。
清冽に、生きなければ。

11月3日のソロライブ「フォルテピアニシモ vol.8 ~ Rebirth ~」では、やはり二十代で逝った尹(ユン)東柱(ドンジュ)の詩を読ませていただこうと思う。



詩人とは悲しい天命と知りつつも
一行の詩を書きとめてみるか、
  (中略)
かえりみれば 幼友達を
ひとり、ふたり、とみな失い

わたしはなにを願い
ただひとり思いしずむのか?

人生は生きがたいものなのに
詩がこう たやすく書けるのは
恥ずかしいことだ。

   (尹東柱 「たやすく書かれた詩」部分)
プロフィール

いつのえみ

Author:いつのえみ
伊津野重美 

第一歌集『紙ピアノ』
1st Album『ひかりの素足』
詩誌『生命の回廊』発行・編集。

********************


立春ポエトリーリーディングライブ

2月3日(土)下北沢lete
ナマステ楽団
(末森英機+
ディネーシュ・チャンドラ・ディヨンディ)
+伊津野重美

Open 14:00 / Start 14:30
Charge 予約 ¥2,000 + drink
当日 ¥2,300 + drink

チケット予約  
http://www.l-ete.jp/live/1802.html#d03

**********************

伊津野重美 1st Album 

『ひかりの素足』
歌人伊津野重美による初の朗読アルバム。
ゲストにチェリスト森重靖宗を迎えて、
宮沢賢治の童話「ひかりの素足」と
日本近代詩の抒情世界を精緻に紡ぐ。

全9曲、48分。定価 2,500+税

**********************

「生命の回廊 vol.3
『えーえんとくちから 
  笹井宏之作品集』特集号」

2011年11月刊行

井口和泉 浦歌無子 
岸田将幸 斉藤斎藤
斉藤倫 樋口由紀子
ひろたえみ 三角みづ紀
ヤリタミサコ 夕暮マリー
伊津野重美

最近の記事
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ内検索