霧の国で

この冬は珍しく寝込まなかったものの、なかなか頑張ることができない日々が続いている。

2月14日は笹井さんの記念日で、去年は笹井さんが会いに来てくれたように東京にも雪が積もるほどたくさん降って、みなで喜んだ。ただこの日は、私が長引く風邪でどろどろになっていて、普通は欠席するところなのだが、私が行かないと、お忙しい方々がまた日を調整していただくことになりはしないかと心配で、激しくどろどろのまま参加して思うように話すこともできなかった。それなので、今年を楽しみにしていたのだが、祖母の危篤を受けて、その頃は南にいた。
私の不参加により今年の会自体が流れたと後で聞き、せっかくの記念日に申し訳なく、残念に思った。

悪寒などのためにうまく動くことができず、やっと発つことができた日には、また霧のために羽田に戻る可能性もあるという条件付のフライトだったが、時間がかかったものの無事に空港に着き、告別式にやっと間に合った。

聞けば、霧で到着できないことも少なくないという。
両親が飛行機が苦手で、一緒に新幹線や夜行で帰ることが多く、私は、そんなことさえも知らなかった。
高台にある斎場から帰る道で、雲海のように霧が広がるのが見えた。
あそこは海かと訊ねると、違うという。
そんなに霧が深いところだったという記憶はなかったが、この頃にはこの地に立つことがなかったせいかもしれない。東京では冬晴れの日が多く、傘さえ忘れて行った。
そういえば、近くには霧島という地名があったことも思い出した。

如何に歳を取ろうとも、人の死は辛いものだと思っていたが、80歳ではまだそうでもないかもしれないが、百歳になると、どこか「お疲れ様でした」「よく頑張りました」という気持ちになる。それは祖父母共に眠るように逝ったためであるかもしれない。亡骸も、天寿を全うした人の達成感のようなものがあって不思議と明るいのだ。

三年前の祖父の納骨の時に、小さい骨壷があるのが見えた。
当たり前のことであろうが、子供用の骨壷というものがあることをその時に初めて知った。
父の弟にあたる赤ちゃんを生後半年でなくしたと聞いていた。
それは、若い母親であった祖母にとって、どのような苦しみであっただろうか。
百年を経て、やっと母親は、その子のそばに行くことができたのである。

祖父母が長い年月を守ってきた仏壇の引き出しを開けると、普通のお経のほかに、子供を供養するためのお経もあり、長く生きた人の、長く続いた悲しみを改めて思った。

新幹線で帰る両親を駅に見届けると、帰りには時間があったので、笹井さんのお参りをしたいと思ったが、忌中の身なので、ひとり空港で空と山にかかる霧を見ていた。
考えてみると、私が初めて骨壷に触れたのは、親族のものではなく笹井さんのものだった。その死より、死が恐ろしいものではなくなっていた。
私が危篤状態になった時には、迎えに来る人がいなかったためにこちらに戻って来たことなどを思い出した。

なぜか持って来ていた本『石田波郷句集』を一度も開かなかった。
プロフィール

いつのえみ

Author:いつのえみ
伊津野重美 

第一歌集『紙ピアノ』
1st Album『ひかりの素足』
詩誌『生命の回廊』発行・編集。

********************

フォルテピアニシモ vol.15
 
~ All can sing ~

http://paperpiano.la.coocan.jp/sing%20html.html

伊津野 重美 朗読

2017年11月3日(金・祝)
12:30 開場/13:00 開演

場所:STAR PINE'S CAFE

前売・予約¥2,500円+1drink
ペアチケット前売・予約のみ
     ¥4500+2drink
当日¥3,000円+1drink
チケット前売発売10月3日より
 前売は店頭販売かweb予約
予約アドレス
https://ssl.form-mailer.jp/fms/f7f014c8172636

STAR PINE'S CAFE
http://www.mandala.gr.jp/

**********************

伊津野重美 1st Album 

『ひかりの素足』
歌人伊津野重美による初の朗読アルバム。
ゲストにチェリスト森重靖宗を迎えて、
宮沢賢治の童話「ひかりの素足」と
日本近代詩の抒情世界を精緻に紡ぐ。

全9曲、48分。定価 2,500+税

**********************

「生命の回廊 vol.3
『えーえんとくちから 
  笹井宏之作品集』特集号」

2011年11月刊行

井口和泉 浦歌無子 
岸田将幸 斉藤斎藤
斉藤倫 樋口由紀子
ひろたえみ 三角みづ紀
ヤリタミサコ 夕暮マリー
伊津野重美

最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: