スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ヒミズ」

ヒミズ

ヒミズとは日不見、モグラ科の動物のことだそうだ。
ヒミズのように目立たず、ただ人並みに暮らしたいという少年の願いは、普通の両親をもたなかったことによって、無惨に破壊される。
家庭内暴力から発する不幸は、少年と少女を八方ふさがりの場所に追い込んでゆく。

園子音監督は気になってはいたが、暴力表現が私には無理そうで、『愛のむきだし』しか観ることができていなかった。
今回は若い世代が主役ということで、観に行こうと思った。
なるほど評判に違わず、染谷将太と二階堂ふみが素晴らしかった。

実際の事件から題材を得た「誰も知らない」が、主演の柳楽優弥の演技が素晴らしかっただけでなく、映画自体がよかったと思わせるものに対し、この「ヒミズ」は、主役の若い二人の演技がよかった、という印象が強い。
映画としては、わずかに何か足りないと思わせるのは、リアリティの問題かもしれない。
多くの時間を犯罪を探して彷徨っていたとしても、そんなに無差別殺人的にナイフを振り回す人間に遭遇するとは思えない。何かそういうところが、虚と雑な感じを受けてしまい、勿体無い気がした。

また、東日本大震災を受け、脚本を急遽書き換え、舞台を震災後の被災地に変えたという。
あの壮絶な破壊の後に、役者を立たせ、あれらの画を撮りたかったのだと思うが、何か成功していないように感じた。
現代の日本における暴力や不幸は、もっと日常や普通の人の心に潜んでいるような気がする。
そう。ちょうどあの「誰も知らない」のように…
ほんとうは、それが恐ろしいのだ。
震災の圧倒的に悲惨な風景や状況を盛り込むことで、焦点が拡散してしまったように感じる。

だが、震災後の今の日本に監督がメッセージを渡したかったのも、理解できる。
おそらく原作が素晴らしいのだろうと思うが、主役の二人が、原作や監督の想いに、ものすごい熱さで応えている。
染谷将太は、「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」から特殊な力を発揮していたが、それも、「アントキノイノチ」も、この「ヒミズ」も、暴力を受ける役で、それだけ巧いのだろうが、目をいつもとろんとさせて病的な顔ばかり見ていて切なかった。しかし、ベネチア映画祭で日本人初の新人賞ダブル受賞をした時に、普通の青年としての姿と笑顔を見て、安心する。

原作は未読であるが、原作とは映画ではラストとは変えてあるそうだ。
このラストに、監督の伝えたかった真の想いがあるのだろう。
二階堂ふみの演技の熱量が、特にこの映画の要であり、全体を牽引している。
「誰かに懸命に背中を押してもらった人間は、その後もどこまでも歩いていける」というようなことを、穂村さんが前に言っていたのを思い出していた。
私も誰かの、そのような力になりたく、「生きてゆけ」と言いたくてライブを続けている。

これは、現代日本の『罪と罰』であるだろう。
人は生きているかぎり、生き直すことができるのだ。
そして、人は人の力になることができる。

絶望の淵にある人にこそ、観てほしい。
プロフィール

いつのえみ

Author:いつのえみ
伊津野重美 

第一歌集『紙ピアノ』
1st Album『ひかりの素足』
詩誌『生命の回廊』発行・編集。

********************

フォルテピアニシモ vol.14
 
~ Keep the holy fire
       burning ~

伊津野 重美 朗読

2016年11月3日(木・祝)
12:30 開場/13:00 開演

場所:STAR PINE'S CAFE

前売・予約¥2,500円+1drink
ペアチケット前売・予約のみ
     ¥4500+2drink
当日¥3,000円+1drink
チケット前売発売10月3日より
 前売は店頭販売かweb予約
予約アドレス
https://ssl.form-mailer.jp/fms/f7f014c8172636

STAR PINE'S CAFE
http://www.mandala.gr.jp/

**********************

伊津野重美 1st Album 

『ひかりの素足』
歌人伊津野重美による初の朗読アルバム。
ゲストにチェリスト森重靖宗を迎えて、
宮沢賢治の童話「ひかりの素足」と
日本近代詩の抒情世界を精緻に紡ぐ。

全9曲、48分。定価 2,500+税

**********************

「生命の回廊 vol.3
『えーえんとくちから 
  笹井宏之作品集』特集号」

2011年11月刊行

井口和泉 浦歌無子 
岸田将幸 斉藤斎藤
斉藤倫 樋口由紀子
ひろたえみ 三角みづ紀
ヤリタミサコ 夕暮マリー
伊津野重美

最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。