スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図書新聞にて添田馨氏より岸田将幸さんの詩論『生命の回廊vol.3』より

1月1日の図書新聞において添田馨氏により『言語野における復興――言説における“震災後の風景”そのものである「人と詩論の原初的展望」(岸田将幸)』と題して、『生命の回廊vol.3』に岸田将幸さんのご論考のご高評をいただきました。
ありがとうございました。非常にうれしいです。

岸田さんのご論考は、いただく度に思わず感涙するほどの気迫に満ちた心血の注がれたものでした。
詩人が言葉を発するとは、このような厳しいものであり、また推敲というものも、こういうふうにするものかと、教えていただくようでありました。
ここに真の〈詩人〉の姿を見ることができました。
心から感謝しています。



評者◆添田馨
言語野における復興――
言説における“震災後の風景”そのものである「人と詩論の原初的展望」(岸田将幸)

No.3044 ・ 2012年01月01日


 震災は、私たちの日常のただ中に、異様で破壊的な非日常が暴力的に侵入してきた突然の体験だった。3・11の津波の映像は、その意味で極めて象徴的だった。住宅や車を呑みこんで、大地のうえをのたうちながら這い進む大量の黒い水の映像は、震災が私たちの心的な領域を侵食していく有様の不気味な暗喩そのものをも構成していたと言ってよい。
 震災は、私たちの言葉の地層にも破壊的な衝撃をもたらした。震災後の言葉について、批評はとりわけ敏感でなければならないと思う。そして「生命の回廊」(vol3)掲載の岸田将幸「人と詩論の原初的展望」は、私には典型的な震災後の言葉と映った。この極めて難解な論考は、マルクス資本論やハイデッガー存在論の語彙を用いて語られた、詩論というよりも言説における“震災後の光景”そのものである。「意味を発生させるもの、それは絶対的にたましひである。」――錯綜する概念語の石積みが崩れて、その裂け目から「たましひ」というような非=概念語(あるいは死語)が唐突に現れ出るさまは、言語野における地殻破壊後の光景、ひび割れた論理脈の断層が痛々しく露出したままの思想の光景というに相応しい。その背景には、恐らく現在までのわが国の戦後詩論の累層した土壌が、震災体験を経ることで一気に液状化を起こし、それ以前からの批評的言説の延長上では、もはや何事も語れなくなってしまったという、切迫した動機が横たわっている。
 抒情ということを岸田は、人それぞれが自らの「心的な土壌を曝す」ことだと断言する。彼が「土地」の比喩をもって詩の言葉の根底を必死に志向している姿は、私にはとても偶然とは思えない。さらには「土地を曝す、という過程ではなく、土地そのものが言葉を発する」ような「瞬間の発語」を考えなければならないとまで、彼は言う。とにかく何もかもが変わってしまった。それも突然に。言語野における復興は、その方途を破壊された大地性のうえに根付かせていくしかないということだけは、唯一確かなように思われる。
(詩人・批評家)
プロフィール

いつのえみ

Author:いつのえみ
伊津野重美 

第一歌集『紙ピアノ』
1st Album『ひかりの素足』
詩誌『生命の回廊』発行・編集。

********************

フォルテピアニシモ vol.14
 
~ Keep the holy fire
       burning ~

伊津野 重美 朗読

2016年11月3日(木・祝)
12:30 開場/13:00 開演

場所:STAR PINE'S CAFE

前売・予約¥2,500円+1drink
ペアチケット前売・予約のみ
     ¥4500+2drink
当日¥3,000円+1drink
チケット前売発売10月3日より
 前売は店頭販売かweb予約
予約アドレス
https://ssl.form-mailer.jp/fms/f7f014c8172636

STAR PINE'S CAFE
http://www.mandala.gr.jp/

**********************

伊津野重美 1st Album 

『ひかりの素足』
歌人伊津野重美による初の朗読アルバム。
ゲストにチェリスト森重靖宗を迎えて、
宮沢賢治の童話「ひかりの素足」と
日本近代詩の抒情世界を精緻に紡ぐ。

全9曲、48分。定価 2,500+税

**********************

「生命の回廊 vol.3
『えーえんとくちから 
  笹井宏之作品集』特集号」

2011年11月刊行

井口和泉 浦歌無子 
岸田将幸 斉藤斎藤
斉藤倫 樋口由紀子
ひろたえみ 三角みづ紀
ヤリタミサコ 夕暮マリー
伊津野重美

最近の記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。