スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金のスプーン

予約していた本を受け取った時、なんでこのような児童書を借りてしまったのだろうと思っていた。
電車のなかでうっかり読み始め、若くして逝った友人のことを思い出し、涙が止まらなくて、すっかりアヤシイ人になる。
どうしてこの本を読みたかったのかが分かった…


今年は、日本列島が多くの悲しみに包まれました。 
災害に遭われ、苦しまれている方々に思いを寄せ、絶たれた多くの命のご冥福を祈ることしかできませんでした。
私は友人をなくして3年近く経っても、未だにこのような状態です。
ご家族を突如奪われた方々の悲しみ苦しみは、私の想像を越え、なんと声をかけたらいいのか分かりません。
大きな試練の前に、立ち尽くしてしまうしかできないこともありますが、いつか乗り越え、笑顔が戻ることを願っています。

忘れられない2011年が暮れてゆきます。
みなが大変だったなかを、私のことまで気にかけていただいたり、応援をしていただいたり、ライブにいらしていただいたり、今年もほんとうにありがとうございました。

目を開き、心を開き、真の英知をもって、よりよい未来を築いてゆくことができますように。
来るべき新年が、みなにとって明るい穏やかなものでありますように。



「あのう、さっき言ったでしょ?みんな、銀のスプーンをくわえて生まれてくるって。金のスプーンの人はいないの?」
「たまに、ね。何百人、いいえ、何千人に一人くらい。」
「ふーん…。やっぱり、いるんだ。」
 私は顔の筋肉を動かして、無理に笑顔を作った。
「でも、悪いことをしたり、なまけたりすると、金じゃなくなっちゃうんでしょう。昔話とか、みんなそうだもん。」
 女の人はぴくりとまゆを上げて、「いいえ」と言った。それから、静かな声で、ゆっくりと、こう言った。
「金のスプーンをくわえて生まれてくる人は、生まれつき、重い障害があって、長くは生きられない人や、そういう障害をかかえて、ずっと生きていかなければならない人、それから、そう、健康に生まれたにもかかわらず、戦争や暴力の犠牲となって、死んでいく子どもたち。私たちに、何か大切なことを教えてくれる人。」

(「レベル21」 さとうまきこ 理論社)
プロフィール

いつのえみ

Author:いつのえみ
伊津野重美 

第一歌集『紙ピアノ』
1st Album『ひかりの素足』
詩誌『生命の回廊』発行・編集。

********************

フォルテピアニシモ vol.14
 
~ Keep the holy fire
       burning ~

伊津野 重美 朗読

2016年11月3日(木・祝)
12:30 開場/13:00 開演

場所:STAR PINE'S CAFE

前売・予約¥2,500円+1drink
ペアチケット前売・予約のみ
     ¥4500+2drink
当日¥3,000円+1drink
チケット前売発売10月3日より
 前売は店頭販売かweb予約
予約アドレス
https://ssl.form-mailer.jp/fms/f7f014c8172636

STAR PINE'S CAFE
http://www.mandala.gr.jp/

**********************

伊津野重美 1st Album 

『ひかりの素足』
歌人伊津野重美による初の朗読アルバム。
ゲストにチェリスト森重靖宗を迎えて、
宮沢賢治の童話「ひかりの素足」と
日本近代詩の抒情世界を精緻に紡ぐ。

全9曲、48分。定価 2,500+税

**********************

「生命の回廊 vol.3
『えーえんとくちから 
  笹井宏之作品集』特集号」

2011年11月刊行

井口和泉 浦歌無子 
岸田将幸 斉藤斎藤
斉藤倫 樋口由紀子
ひろたえみ 三角みづ紀
ヤリタミサコ 夕暮マリー
伊津野重美

最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。