スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「生命の回廊 vol.3」ご執筆者紹介 ヤリタミサコさん

私は短歌を作るようになって、まだ朗読ブームが起こる前から詩歌の朗読をよく聴きに行っていました。人前に出るのも苦手な人見知り、おまけに話し方や声にコンプレックスが強く、自分自身で朗読をするようになるとは、ずっと思っていませんでした。
そのようなわけで、最初にあった「かばん」の井の頭公園での朗読イベントの時も、私は受付をしていました。
ただ、作者の詩歌朗読を聴くことが好きだったのです。

ヤリタミサコさんは、そのような詩歌の朗読の場に、よく出演者としてまた観客としていらっしゃり、いつも遠くから拝見していました。
そのうちにもじもじご挨拶をさせていただくようになり、覚えていただき、今は近しくさせていただいているのが、ほんとうに夢のようです。
今回、声をかけさせていただく時、とても緊張しました。

最近になっても、ヤリタさんから人をご紹介していただき、一応ご挨拶したつもりでも、「えみちゃんは、今お蚕さんだから…」と言われ、(なんですか?それ?)と思ったのですが、私は今でも、人見知りがなかなか治らないので、普段は、もじもじお蚕さん状態らしく、ステージの上では、立派な蛾になっているらしいです。。

私のソロライブ「フォルテピアニシモ」の記念すべき第1回目のゲストは穂村弘さんで、そのライブのアフタートークで、ヤリタミサコさんもご出演していただき、たいへん光栄でありました。
「TOKYOポエケット」も主催されていて、私も2007年にゲスト出演させていただき、ヤリタさんと一緒に朗読し、とても感慨深かったです。
大先輩として緊張するのですが、そのわりには、私は何でも言いたいことを言い、相談し、温かでカジュアルなお人柄に甘えさせていただいている、頼りになる先輩であります。
詩も、朗読も、評論まで、独特のリズムがありポップで、それは、英語によるビートのようなものに思えますが、音楽的センスゆえかもしれません。
現代短歌にも詳しく、今回は、千葉聡さんの『飛び跳ねる教室』の歌集評と、『えーえんとくちから 笹井宏之作品集』五首選にも評をいただきました。
著書・訳書も多数あり、ヴィジュアル詩や朗読と活動が多岐に渡っています。
それらの表現活動だけでなく、生き方そのものにも一本の筋が通り、熱い愛と情熱があるところが、私は何よりも好きで、また信頼できる〈アーティスト〉です。



 ライブハウスや各地での朗読経験の長い私だが、自分自身の身体的リズムがなかなか共振していかないので、五と七の母音によるリズムでできている短歌の朗読はむずかしいと感じることが多い。ある詩人は「ヤリタミサコの朗読については、どうしてそういうリズムになるのだろう、と実はずっと違和感があったが、あれはアメリカの路上に流れているリズムなのかもしれない」と言う。おそらく子音のおもしろさに私自身が身を入れてしまうためか、と思ったりする。が、飯田有子さんと伊津野重美さんの短歌は短歌という形式を意識せずに、詩として朗読できる。そこに笹井さんも加わった。短歌独特のリズムでなく、自分の音感のままに、詩として受け止めることができる。

   (ヤリタミサコ「笹井さんの、シレっとした含羞かな?」より 『生命の回廊 vol.3』)

*******************************************
ヤリタミサコ  Misako YARITA

著書・訳書「ビートとアートとエトセトラ」「詩を呼吸する」(水声社)
「EEカミングズ詩集」(水声社)
北園克衛の詩と詩学」(思潮社)
http://www.interq.or.jp/sun/raintree/rain1/poets11-.html#misako
*******************************************
プロフィール

いつのえみ

Author:いつのえみ
伊津野重美 

第一歌集『紙ピアノ』
1st Album『ひかりの素足』
詩誌『生命の回廊』発行・編集。

********************

フォルテピアニシモ vol.14
 
~ Keep the holy fire
       burning ~

伊津野 重美 朗読

2016年11月3日(木・祝)
12:30 開場/13:00 開演

場所:STAR PINE'S CAFE

前売・予約¥2,500円+1drink
ペアチケット前売・予約のみ
     ¥4500+2drink
当日¥3,000円+1drink
チケット前売発売10月3日より
 前売は店頭販売かweb予約
予約アドレス
https://ssl.form-mailer.jp/fms/f7f014c8172636

STAR PINE'S CAFE
http://www.mandala.gr.jp/

**********************

伊津野重美 1st Album 

『ひかりの素足』
歌人伊津野重美による初の朗読アルバム。
ゲストにチェリスト森重靖宗を迎えて、
宮沢賢治の童話「ひかりの素足」と
日本近代詩の抒情世界を精緻に紡ぐ。

全9曲、48分。定価 2,500+税

**********************

「生命の回廊 vol.3
『えーえんとくちから 
  笹井宏之作品集』特集号」

2011年11月刊行

井口和泉 浦歌無子 
岸田将幸 斉藤斎藤
斉藤倫 樋口由紀子
ひろたえみ 三角みづ紀
ヤリタミサコ 夕暮マリー
伊津野重美

最近の記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。