私信より「フォルテピアニシモ vol.7」

昨日は、たいそう素晴らしい朗読を聞かしていただき、身体が軽くなるのを覚えました。
伊津野重美さんの声の世界は安心して身を委ねられるところなのだと再認識いたしました。
最初の石川啄木の歌を自分がとても素直に受け入れられるのにも驚き、少し斜に構えたような啄木からも素直なところを培養したような安心感があり、啄木の良さを見直しました。現在でも人気がある理由が素直に分かります。
他の作者も皆、伊津野さんの世界で安心して心を解放しているように聞こえました。ですから聞いているととてもよい気分でした。
笹井宏之さんも確かにお亡くなりにはなったのですが、伊津野さんの世界では元気で生きているのだと実感できました。
文で読むのと朗読を聞くのとはその辺の感じ方が少し違うようで、聴感覚が現在に活写する面白さだと思います。
 
プロフィール

いつのえみ

Author:いつのえみ
伊津野重美 

第一歌集『紙ピアノ』
1st Album『ひかりの素足』
詩誌『生命の回廊』発行・編集。

********************


立春ポエトリーリーディングライブ

2月3日(土)下北沢lete
ナマステ楽団
(末森英機+
ディネーシュ・チャンドラ・ディヨンディ)
+伊津野重美

Open 14:00 / Start 14:30
Charge 予約 ¥2,000 + drink
当日 ¥2,300 + drink

チケット予約  
http://www.l-ete.jp/live/1802.html#d03

**********************

伊津野重美 1st Album 

『ひかりの素足』
歌人伊津野重美による初の朗読アルバム。
ゲストにチェリスト森重靖宗を迎えて、
宮沢賢治の童話「ひかりの素足」と
日本近代詩の抒情世界を精緻に紡ぐ。

全9曲、48分。定価 2,500+税

**********************

「生命の回廊 vol.3
『えーえんとくちから 
  笹井宏之作品集』特集号」

2011年11月刊行

井口和泉 浦歌無子 
岸田将幸 斉藤斎藤
斉藤倫 樋口由紀子
ひろたえみ 三角みづ紀
ヤリタミサコ 夕暮マリー
伊津野重美

最近の記事
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ内検索