ヤリタミサコさんのアンケートより「フォルテピアニシモ vol.7」

田中流さんの写真は、とってもやさしい映像でした。
風や草のにおい、水の音が聞こえて来るような。
白いドレスのえみちゃんが草原の風に吹かれているようで、ぴったりでした。
「精霊流し」は、とても風景がよく見えました。
悲しみの浄化のプロセスが、切々と感じられて、説得力がありました。
「Rebirh」は、すばらしい。ぐっと心に迫る。
えみちゃん自身が自分にたたきつけて自身の身体に打ち込んだ
そのことばの力がえみちゃんの身体を通り抜けてきて
その余力が、きき手にガーンとくるのだと思います。
啄木のことばは、今少し私には、えみちゃんとあっていないように思います。
啄木が「カッコツケ」ているポーズが、えみちゃんのコトバの力であらわになるからかなあと思います。
えみちゃんのコトバは、作者の真実を明らかにします。
「雨ニモ負ケズ」は。えみちゃんとぴったりあって、
たんたんとしていて、賢治さんと重なります。
「でくのぼー」と自分のことを呼ぶ、そのスタンスが、です。
謙遜や自己卑下ではなく、昆虫や見えないものや精霊たちの仲間であるような
「でくのぼー」です。
プロフィール

いつのえみ

Author:いつのえみ
伊津野重美 

第一歌集『紙ピアノ』
1st Album『ひかりの素足』
詩誌『生命の回廊』発行・編集。

********************


立春ポエトリーリーディングライブ

2月3日(土)下北沢lete
ナマステ楽団
(末森英機+
ディネーシュ・チャンドラ・ディヨンディ)
+伊津野重美

Open 14:00 / Start 14:30
Charge 予約 ¥2,000 + drink
当日 ¥2,300 + drink

チケット予約  
http://www.l-ete.jp/live/1802.html#d03

**********************

伊津野重美 1st Album 

『ひかりの素足』
歌人伊津野重美による初の朗読アルバム。
ゲストにチェリスト森重靖宗を迎えて、
宮沢賢治の童話「ひかりの素足」と
日本近代詩の抒情世界を精緻に紡ぐ。

全9曲、48分。定価 2,500+税

**********************

「生命の回廊 vol.3
『えーえんとくちから 
  笹井宏之作品集』特集号」

2011年11月刊行

井口和泉 浦歌無子 
岸田将幸 斉藤斎藤
斉藤倫 樋口由紀子
ひろたえみ 三角みづ紀
ヤリタミサコ 夕暮マリー
伊津野重美

最近の記事
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ内検索