スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひろえみちゃんに教えてもらったことを考えながら「Summertime」を聴いていると、メールをもらった。忙しいなか時々気遣って連絡をくれてありがたい。

夏休みのある日、デパートのエレベーターに子供と乗っていて、やかましい集団に二人でげんなりしたそうだ。
エレベーターを出てから、ああいうの苦手だと言った後にレイちゃんが、「みんな、えみちゃんだといいのに」と話して、ひろえみちゃんが「?」と思ったそうだ。
エレベーターに乗っている人が、みんな私で、私のように囁くように話すといいと思ったようだ。
私が同じエレベーターにたくさん乗っていて、みな私のように話していると、それは、ある意味、怖いんではないかな?と我ながら思ってしまった。。。
が、そんなふうにレイちゃんが、私の声を思い出してくれたこと、それを伝えてもらったことが、とてもうれしくて、そして、おかしかった。
ワイルドなお母さんに似て、小さい時には動物の子のようだったが、これも母に似て、感受性の鋭い優しい子に育ったものだと、その成長にしみじみする。

私は声を出す時に、声帯から息が漏れていると去年やっと知ることができた。
もともとなぜか5分朗読しても喉が痛かったのだが、体も弱いので、そんなものかと諦めていたが、去年、喉の痛みが尋常ではなくなり、わずかな会話をするだけ、しまいには息をするだけでも痛くなり、診ていただいたのだ。

普通ではない喉の痛みは、そのようなところから来ていたのだ。それは、どうやら、大きな声を出して、自分を押し出したくないという性格から来ているらしいということも…
そして、ここ数年、手ひどく人に裏切られるようなことが続いていた。そのような心理的な要因も、声を出しにくくなっているのだろうということだった。
それを聞き、「AMY」という映画を思い出していた。
大好きなお父さんの死を目撃した少女エイミーは、心を閉ざし、言葉を失ってしまう。
だが、音楽だけは聞こえていて、やがて歌を通して、この世界に帰ってくるのだ。

確かにかなり酷い目が続いたとはいえ、私はエイミーのような悲劇に遭遇した訳ではなく、単に身体の問題と思っていたので驚いた。
声、そして、話すことは、人と人との関係性のもので、デリケートなものなのだと、なんだか人間というものが愛おしく思えた。

新たな病が加わったかとも思ったが、病気ではなくてよかった・・・いや、よかったのか?
病気ではないので、治りにくいともいえる。
声の出し方が間違っていて、それが性格から来ていて、しかも長年そうして来たものを治るのかと思うのと同時に、それが治ったら声も変わってしまいそうで、ライブをしている私には恐れも感じ、そのことを話した。
私は朗読が巧くもないし、声の訓練もしていない。それでも、私の声を聴きたい人がいるのは、この特殊な声のせいなのではないかと思ったからだ。他の人と同じ声の出し方になったら普通になり、人が聴きたいと思う声ではなくなるのではないだろうか?
だが、先生は、大丈夫だと言ってくださった。
声には、人格や精神が出ているので、そんなに変わったりはしないと。
治れば、痛くなく、今のようには苦しくなくなりますよ。と…
朗読を聴くことは好きなのだが、自分が朗読をすることがあまり好きでないことは、人前に出ることの苦手意識の他に、この喉の苦しさも確かにあったのかもしれない。いつも喉に負担をかけないよう、本番前にも、練習は10分とできなく、ほぼイメージトレーニングで、リハさえできない。この苦しさがなくなるということが、想像がしにくい。

そして、声は人格というお話で、はっとする。
確かに声には肉体のようなものを感じる。
整った面立ちの人でも、話し出すと品性のようなものが出て、がっかりすることも少なくない。立ち姿のように、言葉を話すと声は姿をもつ。
そして、声、話し方、特に発声の訓練をしていない作者の朗読を聴くと、如実にその人の魂が解ってしまう。
それは、恐ろしいことだ。
私は人前で話すこと、ましてや朗読をすることが恐ろしい。自分の醜さ卑しさを曝すような心持ちがする。
それでも、ただ真っ白になり、たったこれだけのちっぽけな自分を誤魔化すことなく、見てもらうしか今はできない。

だが、聴くほうとしては、それだけのことが分かってしまうので、なんとも面白い。
私が人の声が好きなのは、人間が苦手な私でも、遠くから人の魂にダイレクトに触れられるからだと思う。

私が、もう少し人間を信頼でき、自分自身を許せるようになれば、この喉の痛みも治るのかもしれない。
エイミーのようにいつかこの世界に、帰ることができるだろうか…


08.jpg

プロフィール

いつのえみ

Author:いつのえみ
伊津野重美 

第一歌集『紙ピアノ』
1st Album『ひかりの素足』
詩誌『生命の回廊』発行・編集。

********************

フォルテピアニシモ vol.15
 
~ All can sing ~

http://paperpiano.la.coocan.jp/sing%20html.html

伊津野 重美 朗読

2017年11月3日(金・祝)
12:30 開場/13:00 開演

場所:STAR PINE'S CAFE

前売・予約¥2,500円+1drink
ペアチケット前売・予約のみ
     ¥4500+2drink
当日¥3,000円+1drink
チケット前売発売10月3日より
 前売は店頭販売かweb予約
予約アドレス
https://ssl.form-mailer.jp/fms/f7f014c8172636

STAR PINE'S CAFE
http://www.mandala.gr.jp/

**********************

伊津野重美 1st Album 

『ひかりの素足』
歌人伊津野重美による初の朗読アルバム。
ゲストにチェリスト森重靖宗を迎えて、
宮沢賢治の童話「ひかりの素足」と
日本近代詩の抒情世界を精緻に紡ぐ。

全9曲、48分。定価 2,500+税

**********************

「生命の回廊 vol.3
『えーえんとくちから 
  笹井宏之作品集』特集号」

2011年11月刊行

井口和泉 浦歌無子 
岸田将幸 斉藤斎藤
斉藤倫 樋口由紀子
ひろたえみ 三角みづ紀
ヤリタミサコ 夕暮マリー
伊津野重美

最近の記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。