石川直樹さんの今、ここ

写真家の石川直樹さんの現地レポが、素晴らしかった。

 石川直樹 For Everest

石川さんは、冒険家でもあり、なんと、地震直前の3月10日に南極から東京に戻っていらしたばかり。そして、翌日に都内で大震災に遭い、そして、その翌日に震災の惨状を知り、なんと13日には、食料や紙おむつなどの物資を詰め込み、震災地に入って支援しているのだ。

その行動力や体力、そして、胆力と人間力に感服をする。
しかも、今月16日の予定だった、ご自分の土門拳賞の授賞式を震災地からキャンセルまでしている。

石川さんのレポートは、いわゆるマスコミのニュースとは違うが、おそらくはお人柄を反映して、誠実で、シンプルで、だからこそリアルである。おそらくひどい惨状を目撃され苦しみながらも、非常に知的で抑制され、現地の様子を的確に知ることができる。
現地の人が譲り合うさまや、ボランティアで現地に向かう人達への的確なアドバイスが書かれている。

こういう人こそが、人として表現者として信頼し、尊敬することができる。
・・・本物だ。
こういう人だからこそ、人を打つ写真を撮ることができるのだろう。

私は人一倍弱い心身であるが、自分のできることを一つずつ果たしてゆこう。
私は言葉を紡ぐ人間なので、言葉を発してゆくことしかできないのだが…

石川直樹さん、勇気と温かい人間の力を、ありがとうございました。
プロフィール

いつのえみ

Author:いつのえみ
伊津野重美 

第一歌集『紙ピアノ』
1st Album『ひかりの素足』
詩誌『生命の回廊』発行・編集。

********************


立春ポエトリーリーディングライブ

2月3日(土)下北沢lete
ナマステ楽団
(末森英機+
ディネーシュ・チャンドラ・ディヨンディ)
+伊津野重美

Open 14:00 / Start 14:30
Charge 予約 ¥2,000 + drink
当日 ¥2,300 + drink

チケット予約  
http://www.l-ete.jp/live/1802.html#d03

**********************

伊津野重美 1st Album 

『ひかりの素足』
歌人伊津野重美による初の朗読アルバム。
ゲストにチェリスト森重靖宗を迎えて、
宮沢賢治の童話「ひかりの素足」と
日本近代詩の抒情世界を精緻に紡ぐ。

全9曲、48分。定価 2,500+税

**********************

「生命の回廊 vol.3
『えーえんとくちから 
  笹井宏之作品集』特集号」

2011年11月刊行

井口和泉 浦歌無子 
岸田将幸 斉藤斎藤
斉藤倫 樋口由紀子
ひろたえみ 三角みづ紀
ヤリタミサコ 夕暮マリー
伊津野重美

最近の記事
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ内検索