スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤリタミサコさんのアンケートより「フォルテピアニシモ vol.6」

Ⅰ部では、全体に「足」がつながって展開されていました。
生命の象徴が、人間存在としての象徴が「足」なのでしょう。
賢治の痛い足が光太郎の「足を投げ出して」とつながっていく、素晴らしいセレクトと構成です。
賢治では、Buddha(?)の声がイコールえみちゃんに聞こえて、イチローの悲しい声の印象が、最後はBuddhaの慈悲の声になってほっとしました。

えみちゃんは、観音さまです、ホント。

「レモン哀歌」は何度もくりかえし読まれていますが、今回とても深くなりました。
前回はレモンの香気が感じられたのですが、今回は、人の臨終の床にズンと立ち会ってしまった気がします。
この詩は、レモンでも智恵子でもなく、「人の死」の詩なんだ、とわかりました。
哀歌(エレジー)という感傷的な甘さを含まずに、「死」と対峙し、受け止めるという決然とした意志が、えみちゃんの声から見えました。

チェロの低い弦をはじく、ボンという音が効果的で、心臓の鼓動のようで、安心したり動悸が速くなったり、という感じでした。
レモン哀歌のチェロは強い悲しみが表現されていて、心打たれました。
悲痛な叫びのようであったり、心が声を出している、と聞こえます。
言葉とチェロが、それぞれの媒体を超えてしまって、声でも楽器でもなく、魂だと思いました。

Ⅱ部では、「紙ピアノ」の「損なうという語」の連作で、この3つの歌の強度が増したなあと思いました。
おそらく印刷された歌集の中にいたときより、えみちゃんの声と共に強く育っていったのだと思います。
痛さが強かった言葉たちが、痛さを内包しつつも、悲しみという薄膜をまとうスピリッツになったような気がします。

笹井さんの作品では、えみちゃんの別な面が出てきてすばらしい。
悲しさを地底にかかえこみつつ、表面にはほがらかな優しさ漂う風を吹かせている大地、でしょうか。
フォルテピアニシモの2回目のときに引き出されていた、えみちゃんの地母神的な要素が、笹井さんの作品で表現されているようです。

28.jpg
プロフィール

いつのえみ

Author:いつのえみ
伊津野重美 

第一歌集『紙ピアノ』
1st Album『ひかりの素足』
詩誌『生命の回廊』発行・編集。

********************

フォルテピアニシモ vol.14
 
~ Keep the holy fire
       burning ~

伊津野 重美 朗読

2016年11月3日(木・祝)
12:30 開場/13:00 開演

場所:STAR PINE'S CAFE

前売・予約¥2,500円+1drink
ペアチケット前売・予約のみ
     ¥4500+2drink
当日¥3,000円+1drink
チケット前売発売10月3日より
 前売は店頭販売かweb予約
予約アドレス
https://ssl.form-mailer.jp/fms/f7f014c8172636

STAR PINE'S CAFE
http://www.mandala.gr.jp/

**********************

伊津野重美 1st Album 

『ひかりの素足』
歌人伊津野重美による初の朗読アルバム。
ゲストにチェリスト森重靖宗を迎えて、
宮沢賢治の童話「ひかりの素足」と
日本近代詩の抒情世界を精緻に紡ぐ。

全9曲、48分。定価 2,500+税

**********************

「生命の回廊 vol.3
『えーえんとくちから 
  笹井宏之作品集』特集号」

2011年11月刊行

井口和泉 浦歌無子 
岸田将幸 斉藤斎藤
斉藤倫 樋口由紀子
ひろたえみ 三角みづ紀
ヤリタミサコ 夕暮マリー
伊津野重美

最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。