スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WILL

たくさんの誕生日メッセージをいただき、ありがとうございました。
無事に、また歳を重ねることができました。
ここ数年は、私にとっての変動期で、大きな試練の時期でした。何か遠回りをしてきた感がありますが、私の気付きに必要なことだったのでしょう。
本質を見失わず、新しいステップに踏み出されるように、がんばってゆきたいと思います。ただ前にもまして不調です。滞りや失礼など多々あることと思います。どうぞご容赦ください。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。



祖父の見送りで疲れているであろう両親のために香草をたっぷり使ってオーブンで焼いた肉やスープなど作って持ってゆく。
その道中の車内で本を開いた。
図書館で予約した本は、時には数ヶ月もかかって貸し出し可能になることもある。
この「WILL」という本も、手に取っても、どういう内容で、どうして予約をしたのかも忘れていた。
ページを開くと、冒頭から、はっとする。両親の死から始まっていて、次は、最近見たばかりの火葬場の煙突の景色が描かれていた。

買っていったホールケーキのチョコレートのプレートには、母の名と「HAPPY BIRTHDAY!」と書いてもらっていた。それを見るまで母は、翌日の自分の誕生日のことを覚えていても、その日が私の誕生日とは忘れていた。
無事にまた誕生日を迎えられたことにお礼が言うことができてよかった。
この歳になるまで、二親が健在であることは、僥倖である。

ディルを浮かべたパーム貝のスープは、思っていた以上においしかったらしく、二人とも惜しそうに貝の柱まで丁寧に食べていた。もっと持ってゆけばよかった。

贈られてきたという、大きな西瓜の1個を丸ごと持たせられる…
なぜ今スイカ?しかも、重い。。と思いつつも、これも両親の気持ちと思い、ありがたく持って帰る。



大事な人を失ったとき、人の中に生まれるのは感情と呼べるようなものではない。少なくとも私はそうだった。それにどんな名をつけるのかは、人によって色々だろう。私ならば。絶情と名づける。悲しみならば癒せる。けれど、それは感情を絶たれたその先にある。その人の中にありながら、その人の支配を超えた場所で、その人を支配する。ただ、大きな強い何かだ。
         (本多孝好 『WILL』 集英社)
プロフィール

いつのえみ

Author:いつのえみ
伊津野重美 

第一歌集『紙ピアノ』
1st Album『ひかりの素足』
詩誌『生命の回廊』発行・編集。

********************

フォルテピアニシモ vol.14
 
~ Keep the holy fire
       burning ~

伊津野 重美 朗読

2016年11月3日(木・祝)
12:30 開場/13:00 開演

場所:STAR PINE'S CAFE

前売・予約¥2,500円+1drink
ペアチケット前売・予約のみ
     ¥4500+2drink
当日¥3,000円+1drink
チケット前売発売10月3日より
 前売は店頭販売かweb予約
予約アドレス
https://ssl.form-mailer.jp/fms/f7f014c8172636

STAR PINE'S CAFE
http://www.mandala.gr.jp/

**********************

伊津野重美 1st Album 

『ひかりの素足』
歌人伊津野重美による初の朗読アルバム。
ゲストにチェリスト森重靖宗を迎えて、
宮沢賢治の童話「ひかりの素足」と
日本近代詩の抒情世界を精緻に紡ぐ。

全9曲、48分。定価 2,500+税

**********************

「生命の回廊 vol.3
『えーえんとくちから 
  笹井宏之作品集』特集号」

2011年11月刊行

井口和泉 浦歌無子 
岸田将幸 斉藤斎藤
斉藤倫 樋口由紀子
ひろたえみ 三角みづ紀
ヤリタミサコ 夕暮マリー
伊津野重美

最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。