スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひぐらしひなつさんのブログより『ataraxia』

『ataraxia』岡田敦・伊津野重美
写真家・岡田敦と歌人・伊津野重美とのコラボレートによる美しい一冊。伊津野は短歌だけでなく岡田作品の被写体としても仕事をしている。

数限りない音が重なりあった果ての無音のような岡田の写真は圧巻。その一連を眺め進めるにあたり、被写体・伊津野の存在/非在が不思議なリズムを生んでいることに気づく。抽象度の高い連なりのなかに体温のある具象として存在し、させている意図。バランス的に短歌作品がもう少しあってもいいかと思ったが、写真のゆるやかな連なりごとの冒頭に置かれた短歌が、その連なりのあいだじゅう残響していることにも気づいた。

 ひとはみな誰かの泉 いのち抱き露草の蒼踏みしめてゆく

伊津野のこの露草の歌が紅あざやかに張り詰めた岡田の彼岸花の写真に添えられていることからも、ふたりが目に見えない深いところで呼応しあっていることがはっきりとわかる。相互補完でもない。ヴィジュアルと言葉のコラボレートの際に陥りがちな表面上の結びつきにとどまらず、それぞれの表現の本質部分で共鳴することにより、より強い核融合を成している。高次元での魂の往来と言ってもいい。
プロフィール

いつのえみ

Author:いつのえみ
伊津野重美 

第一歌集『紙ピアノ』
1st Album『ひかりの素足』
詩誌『生命の回廊』発行・編集。

********************


立春ポエトリーリーディングライブ

2月3日(土)下北沢lete
ナマステ楽団
(末森英機+
ディネーシュ・チャンドラ・ディヨンディ)
+伊津野重美

Open 14:00 / Start 14:30
Charge 予約 ¥2,000 + drink
当日 ¥2,300 + drink

チケット予約  
http://www.l-ete.jp/live/1802.html#d03

**********************

伊津野重美 1st Album 

『ひかりの素足』
歌人伊津野重美による初の朗読アルバム。
ゲストにチェリスト森重靖宗を迎えて、
宮沢賢治の童話「ひかりの素足」と
日本近代詩の抒情世界を精緻に紡ぐ。

全9曲、48分。定価 2,500+税

**********************

「生命の回廊 vol.3
『えーえんとくちから 
  笹井宏之作品集』特集号」

2011年11月刊行

井口和泉 浦歌無子 
岸田将幸 斉藤斎藤
斉藤倫 樋口由紀子
ひろたえみ 三角みづ紀
ヤリタミサコ 夕暮マリー
伊津野重美

最近の記事
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。