小林真紀子さんの日記より「フォルテピアニシモ vol.4」

感想「フォルテピアニシモ vol.4 ~笹井宏之に捧ぐ~」

11月1日、歌人・伊津野重美さんの朗読会「フォルテピアニシモ」に行ってきました。
今回は、1月に夭折した歌人・笹井宏之さんを軸に全編構成されていました。

開演直後から伊津野さんの気迫に圧倒されたわたしは、
上演中ずっと涙流しつづけ
一番前のど真ん中なのにこれはない…と自分でも思ったのだけれど、止められず
結局、その日の19時くらいまで断続的に泣いていました。

終演後、久しぶりに会ったお友達から
「笹井さんとお知り合いだったの?」と聞かれました。

それほどにわたしの泣き方は尋常ではなかったのでしょう。

泣きじゃくる子どものように、ただ頭を横に振り、面識のないことを伝えました。

わたしが短歌の読者であることを自覚的にやめた頃、
笹井さんは歌葉新人賞を受賞されたようで、いわばすれ違いでした。

けれど、伊津野さんのことを知っている。
それだけで充分でした。

高潔で純度の高い伊津野さんのたましいが、それに見合うだけのたましいと邂逅し
ごく許された時間の中で交感したのでしょう、
そのたましいのやり取りそのものが見えてくるような朗読でした。

伊津野さんの朗読はいつも、その詩ほんらいが持っていた音の世界を
再現するようなふしぎな力を持ちます。
活字化されて死んでしまったことばのエネルギーを再生するような力です。

今回は、その生のリアルのライブの力が特にひしひしと伝わってきました。

聞いているうちに、伊津野さん経由であった笹井さんが
舞台の中央に主体として立ち現れてくるようになり、
笹井さんが病躯をおして、多くの人と交流をし、創作をつづけていたことが
見えてきました。

この笹井さんと交流のあった方々が笹井さんに寄せた詩・短歌が
伊津野さんによって、よまれました。

伊津野さんが、その方々の思いを大切にするように
一言一言、丁寧に発するのが本当に印象的でした。

最初、本当に開演直後の最初、
あ、喉、大丈夫かな、と心配になったのだけれど、
後はもうわたしが心配をする余裕がなくなるくらい、伊津野さんの世界は圧倒的でした。
お一人で、1時間半くらい、読みつづけてらっしゃいました。

七色の声でした。

伊津野さんの詩「れいこ」と、
「きりんの脱臼」での村上きわみさんと笹井さんの散文+短歌が
特に印象的です。

後者については、webで読めます。
http://www.enpitu.ne.jp/usr9/97379/diary.html
(※村上きわみさん執筆部分については読めません。あしからずご了承ください。
後述の「生命の回廊」には、掲載されていますよ!)

笹井さんの世界に触れてみてください。

これも読み返すたびに泣いてしまいます。

ほか、生前笹井さんと交流のあった方々が笹井さんに寄せた詩などは
「生命の回廊 vol.1」-笹井宏之 追悼号- で、読むことができます。
http://pigeonblood7.blog55.fc2.com/blog-entry-665.html


笹井さんや伊津野さんを知らなくても、短歌とか詩とかを知らなくても
こころに響くと思います。

えっと、入手方法につきまして、疑問等ありましたら、まずはわたくしまで
お問い合わせください!



数年前、短歌を読まないことにしたのは、
こころの栄養が取れないから、あるいは取りづらくなったから、でした。


「生命の回廊 vol.1」は、こころの栄養が詰まっていると思いました。


あと、笹井さんのご家族がつづけられているブログも
そのやさしさに胸を締めつけられます。

【些細】http://sasai.blog27.fc2.com/
プロフィール

いつのえみ

Author:いつのえみ
伊津野重美 

第一歌集『紙ピアノ』
1st Album『ひかりの素足』
詩誌『生命の回廊』発行・編集。

********************

フォルテピアニシモ vol.15
 
~ All can sing ~

http://paperpiano.la.coocan.jp/sing%20html.html

伊津野 重美 朗読

2017年11月3日(金・祝)
12:30 開場/13:00 開演

場所:STAR PINE'S CAFE

前売・予約¥2,500円+1drink
ペアチケット前売・予約のみ
     ¥4500+2drink
当日¥3,000円+1drink
チケット前売発売10月3日より
 前売は店頭販売かweb予約
予約アドレス
https://ssl.form-mailer.jp/fms/f7f014c8172636

STAR PINE'S CAFE
http://www.mandala.gr.jp/

**********************

伊津野重美 1st Album 

『ひかりの素足』
歌人伊津野重美による初の朗読アルバム。
ゲストにチェリスト森重靖宗を迎えて、
宮沢賢治の童話「ひかりの素足」と
日本近代詩の抒情世界を精緻に紡ぐ。

全9曲、48分。定価 2,500+税

**********************

「生命の回廊 vol.3
『えーえんとくちから 
  笹井宏之作品集』特集号」

2011年11月刊行

井口和泉 浦歌無子 
岸田将幸 斉藤斎藤
斉藤倫 樋口由紀子
ひろたえみ 三角みづ紀
ヤリタミサコ 夕暮マリー
伊津野重美

最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: