スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡田敦写真展「ataraxia」 / BEAMS JAPAN

beams01.jpg


木村伊兵衛写真賞受賞第一作
岡田敦写真展「ataraxia」(アタラクシア)
BEAMS JAPAN / B GALLERY

〒160-0022 東京都新宿区新宿3-32-6 BEAMS JAPAN 6F
TEL:03-5368-7309

2009年11月19日(木)~12月25日(金)11:00~20:00(会期中無休)
※12/1(火)~12/28(月)の営業時間は、11:00~20:30となります。

クロージングパーティー
2009年12月23日(祝・水) 18:00~20:00


* 展示期間中、『ataraxia(仮称)』(青幻舎)の先行予約を承ります。サイン本の予約可。


■ B GALLERY EXHIBITION
岡田敦写真展「ataraxia」
2008年に写真集『I am』(赤々舎)で“写真界の芥川賞”と言われる木村伊兵衛写真賞を受賞した岡田敦。同年春にビームスジャパンの1Fショーウィンドウにて受賞作より抜粋した作品群で写真展を行ってから、1年半ぶりの個展を開催致します。本展では、12月下旬発売予定の最新の写真集『ataraxia(アタラクシア/仮称)』(青幻舎)の刊行に先駆けて、写真集に収められた未発表の新作を多数展示致します。歌人、伊津野重美とのコラボレーションによって出来上がった美しい世界。この、写真の中に潜む光や祈りの世界は、 前作「I am」とは対照的な作品群となっており、彼の新境地をこの機会に是非ご覧ください。


■ 『物質的、あるいは肉体的快楽を超えたところにある精神的幸福とは、祈りの心境に近いのかもしれない。約二年半前に発表した前作「I am」をつくり終えてから、そんなことを考えていた。今回の新作である「ataraxia」の展示は、“ひとつの作品をつくり終えた”という感覚よりも、“ここから始まる”という感覚のほうが強い。文化とファッションの発祥の地であるこの場所から、新しいスタートを切れることを幸せに思う。』 岡田敦


■ 岡田敦(おかだ あつし)
1979年北海道生まれの写真家。2003年、大阪芸術大学芸術学部写真学科卒業。2008年、東京工芸大学大学院芸術学研究課 博士後期課程修了、博士号取得(芸術学)。受賞暦は冨士フォトサロン新人賞(2002年)、第33回木村伊兵衛写真賞(2008 年)。主な著書に「Platibe」(窓社)、「Cord」(窓社)、「紙ピアノ」(短歌:伊津野重美、写真:岡田敦、風媒社)、「I am」(赤々舎)などがある。
プロフィール

いつのえみ

Author:いつのえみ
伊津野重美 

第一歌集『紙ピアノ』
1st Album『ひかりの素足』
詩誌『生命の回廊』発行・編集。

********************

フォルテピアニシモ vol.14
 
~ Keep the holy fire
       burning ~

伊津野 重美 朗読

2016年11月3日(木・祝)
12:30 開場/13:00 開演

場所:STAR PINE'S CAFE

前売・予約¥2,500円+1drink
ペアチケット前売・予約のみ
     ¥4500+2drink
当日¥3,000円+1drink
チケット前売発売10月3日より
 前売は店頭販売かweb予約
予約アドレス
https://ssl.form-mailer.jp/fms/f7f014c8172636

STAR PINE'S CAFE
http://www.mandala.gr.jp/

**********************

伊津野重美 1st Album 

『ひかりの素足』
歌人伊津野重美による初の朗読アルバム。
ゲストにチェリスト森重靖宗を迎えて、
宮沢賢治の童話「ひかりの素足」と
日本近代詩の抒情世界を精緻に紡ぐ。

全9曲、48分。定価 2,500+税

**********************

「生命の回廊 vol.3
『えーえんとくちから 
  笹井宏之作品集』特集号」

2011年11月刊行

井口和泉 浦歌無子 
岸田将幸 斉藤斎藤
斉藤倫 樋口由紀子
ひろたえみ 三角みづ紀
ヤリタミサコ 夕暮マリー
伊津野重美

最近の記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。