スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キキさんの私信より「フォルテピアニシモ vol.3」

最近は散文の朗読を聴くのが好きで、今回も楽しみにしてました。
前々から思っていたけれど、
いつのさんは散文の朗読もとてもいいなあと思います。
独特の個性があるし、声のトーンや抑揚がわたしにはしっくりきます。
逆に、ささやき声の冒頭・中盤の朗読は、
耳もあまりよくないし、わたしの体調が悪かったせいもあるけれど、
今回はうまくすくい取れなかった感じがありました。

ところで、わたしの知っている短歌のなかで、
一番好きなのが与謝野晶子の銀杏の歌です。
わたしの場合は、こうゆう歌からいつのさんの世界に寄り添っていける気がします。
(いつのさんの歌なら、カワラヒワの歌とか(今回なかったけど)、ちょっと控えめに遠くから…)
賢治なら詩もよかったけれど、
やっぱり「やまなし」は淡い夢のようで何度聴いてもよいです。

チェロがとても素晴らしかったです。
空間に広がりが生まれていました。
それも色とか温度とか揺らぎとか、そういうものが漂っていて素敵でした。
チェロの音はいつのさんの声によく合いますね。

それから、ラストの迫力ある朗読を聴けてよかったです。
いつのさんの強い声には、何かの扉を開けるような力があると思います。
その扉の向こう側は、今回はいつもよりちょっと暖かな感じがしました。
プロフィール

いつのえみ

Author:いつのえみ
伊津野重美 

第一歌集『紙ピアノ』
1st Album『ひかりの素足』
詩誌『生命の回廊』発行・編集。

********************


立春ポエトリーリーディングライブ

2月3日(土)下北沢lete
ナマステ楽団
(末森英機+
ディネーシュ・チャンドラ・ディヨンディ)
+伊津野重美

Open 14:00 / Start 14:30
Charge 予約 ¥2,000 + drink
当日 ¥2,300 + drink

チケット予約  
http://www.l-ete.jp/live/1802.html#d03

**********************

伊津野重美 1st Album 

『ひかりの素足』
歌人伊津野重美による初の朗読アルバム。
ゲストにチェリスト森重靖宗を迎えて、
宮沢賢治の童話「ひかりの素足」と
日本近代詩の抒情世界を精緻に紡ぐ。

全9曲、48分。定価 2,500+税

**********************

「生命の回廊 vol.3
『えーえんとくちから 
  笹井宏之作品集』特集号」

2011年11月刊行

井口和泉 浦歌無子 
岸田将幸 斉藤斎藤
斉藤倫 樋口由紀子
ひろたえみ 三角みづ紀
ヤリタミサコ 夕暮マリー
伊津野重美

最近の記事
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。