nyorokoさんの日記より「フォルテピアニシモ vol.3」

伊津野さんの声がいつもよりかすんでいることが気になった
体の決して御強くない伊津野さんが、きっと本番当日まで
何度もリハーサルをなさってのどを悪くしてしまったのではないかと
すぐに思った。
 プログラムに組まれていた宮沢賢治の「やまなし」という童話は
私の好きな小川未明の作品を彷彿とさせ、耳から入る朗読のみで
童話の中の谷川がふわりと頭に浮かんでくる
 mori-shigeさんのチェロの演出も、夜の谷川をイメージさせる照明も
美しい。
 それから、与謝野晶子の短歌も(お恥ずかしながら私は初めて知ったが)
朗読という”音”を聴いているのに そこには静寂の美があり 
わたしも写真で表現してみたい世界であった

 何より、ラストの短歌「遍し 光」は 伊津野さんのお腹の奥底から
むせびあがるような声(前回のライブのレビューにも書いたがそれはまるで
魂の叫びのようだ)と、伊津野さんの、白く倒れんばかりの体のゆれが
わたしを釘付けにした。 毎回そうだ。最後は舞台に目が釘付けとなる。

 伊津野さんの魂の粉がこちらへ降ってくるようなそんな感じである
こんな風にご自身の表現をつきつめる努力を怠らない方が
写真のみならず 私の周りにはおられるので 毎度そういう方の作品に
触れるたびに、 わたしはわたしの表現を、これまでとは違う
新しい方法で捜してみたいという気持ちにさせていただいて帰ってくるのだ

この度のライブを皮切りに伊津野さんソロのライブは少しお休みとのこと 
寂しい気持ちはあるけれど
また彼女の世界に御邪魔させていただける日はそう遠くないと感じています

A tiny photo room
プロフィール

いつのえみ

Author:いつのえみ
伊津野重美 

第一歌集『紙ピアノ』
1st Album『ひかりの素足』
詩誌『生命の回廊』発行・編集。

********************

フォルテピアニシモ vol.15
 
~ All can sing ~

http://paperpiano.la.coocan.jp/sing%20html.html

伊津野 重美 朗読

2017年11月3日(金・祝)
12:30 開場/13:00 開演

場所:STAR PINE'S CAFE

前売・予約¥2,500円+1drink
ペアチケット前売・予約のみ
     ¥4500+2drink
当日¥3,000円+1drink
チケット前売発売10月3日より
 前売は店頭販売かweb予約
予約アドレス
https://ssl.form-mailer.jp/fms/f7f014c8172636

STAR PINE'S CAFE
http://www.mandala.gr.jp/

**********************

伊津野重美 1st Album 

『ひかりの素足』
歌人伊津野重美による初の朗読アルバム。
ゲストにチェリスト森重靖宗を迎えて、
宮沢賢治の童話「ひかりの素足」と
日本近代詩の抒情世界を精緻に紡ぐ。

全9曲、48分。定価 2,500+税

**********************

「生命の回廊 vol.3
『えーえんとくちから 
  笹井宏之作品集』特集号」

2011年11月刊行

井口和泉 浦歌無子 
岸田将幸 斉藤斎藤
斉藤倫 樋口由紀子
ひろたえみ 三角みづ紀
ヤリタミサコ 夕暮マリー
伊津野重美

最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: