スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【短歌の祈り/詩の言葉】 あいさんからの私信より

伊津野重美さん、はじめまして。
あいと申します。


伊津野さんの短歌に出会ったのは、
およそ二年前になります。
出版されたばかりの「紙ピアノ」を、
書店で見つけたのがはじまりです。

ユモレスク高らかに弾く 草上の遂げ得ぬ思いに紙ピアノ鳴れ

という、帯の一首が、いきなり視界に飛び込んできて、
連れが驚くほどの勢いで、本を手に掴み取っていました。
表紙の数首と、冒頭の二、三ページで、
「これは買わなくてはならない」
という、激しい衝動に駆られ、そのままレジへ走りました。
文字どおり、走りました。
家へ帰って、包装を解く手ももどかしく、
一心不乱に、一気に読み終えました。
ページを繰る手がどんどん、どんどん早くなり、
気がついた時には、ぼろぼろ涙を流して泣いていました。

私のことが書いてある、と、最初に思いました。
どうして、私の心を知っているんだろう、と不思議に感じました。
あとがきの、
願わくばこの本や私の声が、
辛い時苦しい場所にいる悲しい人に届いてくれることを。
という言葉を読んで、また泣きました。
泣きながら、「届いた、届いたよ」と、
無意識のうちに呟いていました。

ちょうどそのころ、私は心の病の最中にありました。
今も、完治はしていません。
さまざまな要因が絡み合っての発症でしたが、
この本に出会う約一年前、死のうと思ったことがあります。
ちょうど旅先で不調がピークに達し、
私は、新幹線のホームにいたのです。
ここに飛び込めば楽になる、とぼんやり思いました。
通過列車を知らせるアナウンスが、やけに美しく聞こえました。
一歩を踏みだしかけた時、
まだ生きている大切な人のことが不意に頭をよぎり、
私の足はそこで止まってしまいました。
耳をつんざく轟音を立て、新幹線が目の前を通過していきました。

私にとって、伊津野さんの言葉は、
あの時、死の世界から誘ってきたアナウンス、
現実に視界を遮って通り過ぎた列車の轟音、
その間(あわい)から聴こえてくる音楽のように感じられます。
ふたつの衝動の狭間で引き裂かれていた、
あの瞬間を忘れて生きることはできない、と思い知らされるのです。
同時に、生きることはつまり、そういうことなのだ、
という、静かな祈りにも辿り着かせてくれます。


このメールを書くに至るまで、随分と迷いました。
きっかけは、先日行われた、「短歌の祈り 詩の言葉」です。
山口県在住の私にとって、伊津野さんの活動拠点は遠く、
このイベントを知った時は、願ってもない機会だと思いました。
新幹線に飛び乗って、開始時刻よりも相当早く着き、
これ幸いと最前列に陣取りました。
ちょうどマイクのあたり、伊津野さんからご覧になって右側の、
赤いニットを着ていた女性は目に留まったでしょうか?
イベントに集中なさっていたので、これは、見えていないだろうな…
と思いながら、私も聴く者として集中させていただきました。

よるべない子供のように、辛酸を舐めてきた老婆のように、
多様な声に驚きました。
伊津野さんの細い体のどこに、このエネルギーが眠っているのか、
不思議になる程の存在感でした。

生と死の間から、魂を切り売りするものとして発された言葉。
紙に並んだ文字も、体から発される声も、
印象はまったく変わりませんでした。
伊津野さんがいる、伊津野さんの言葉がここにはある、と思いました。

歌人の穂村弘さんが、「伊津野さんの朗読にはあたる」と仰ったのは、
少しわかるような気がしました。
伊津野さんがまったく手加減なさらずぶつかってこられるので、
受け止める側の人間も、生半可でない覚悟を要するのです。
ある種の人生経験を積んでいない人間にとって、
それは少し、きついことかもしれません。
私も、聴き終えて数週間、伊津野さんの声が、
体の奥底で響き続けているように感じました。
そして、その声は今も、私に訴えてきます。
私はまだ生きている、という実感を呼び覚ますのです。

ただ、トークセッションでは、文学というものの閉塞を思いました。
見知りあった人々が、共通言語を語っている感が否めませんでした。
私が新幹線に飛び乗った動機のひとつに、
あの泣きながら思った「届いたよ」という言葉を、
できれば自分自身の口から伝えたいという気持ちがあったので、
一般の参加者に発言権がまったくないのは、淋しい思いがしました。
それだけが、不満の残るところだったので、
とうとう決心して、このメールを書くに至ったというわけです。

伊津野さんの言葉は、技法やそういった観点を超えて、
今、苦しんで生きている人に訴えかける力を持っていると思います。
少なくとも、その可能性を、私は感じています。
お見受けしたところ、怖いほど純粋な方だという印象を受けました。
そんな伊津野さんが活動していくにあたって、
理解者の方々の間で守られることが必要なのはよくわかります。
それでも、閉じられた空間に踏みとどまらないでほしい。
その声を、もっと多くの人々のもとへ届けてほしい。
私のように、「届いたよ」と呟きながら、
泣きながら生きている人間が、他にも必ず、いる筈だから。

これからもご活躍をお祈りしています。
くれぐれもお体を大切にお過ごしください。
プロフィール

いつのえみ

Author:いつのえみ
伊津野重美 

第一歌集『紙ピアノ』
1st Album『ひかりの素足』
詩誌『生命の回廊』発行・編集。

********************

フォルテピアニシモ vol.14
 
~ Keep the holy fire
       burning ~

伊津野 重美 朗読

2016年11月3日(木・祝)
12:30 開場/13:00 開演

場所:STAR PINE'S CAFE

前売・予約¥2,500円+1drink
ペアチケット前売・予約のみ
     ¥4500+2drink
当日¥3,000円+1drink
チケット前売発売10月3日より
 前売は店頭販売かweb予約
予約アドレス
https://ssl.form-mailer.jp/fms/f7f014c8172636

STAR PINE'S CAFE
http://www.mandala.gr.jp/

**********************

伊津野重美 1st Album 

『ひかりの素足』
歌人伊津野重美による初の朗読アルバム。
ゲストにチェリスト森重靖宗を迎えて、
宮沢賢治の童話「ひかりの素足」と
日本近代詩の抒情世界を精緻に紡ぐ。

全9曲、48分。定価 2,500+税

**********************

「生命の回廊 vol.3
『えーえんとくちから 
  笹井宏之作品集』特集号」

2011年11月刊行

井口和泉 浦歌無子 
岸田将幸 斉藤斎藤
斉藤倫 樋口由紀子
ひろたえみ 三角みづ紀
ヤリタミサコ 夕暮マリー
伊津野重美

最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。