スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【短歌の祈り・詩の言葉】須藤歩実さん毎日新聞「おくすり短歌」転載

バースデーケーキのホイップクリームに
触れた中指が渦を描く

 先日福岡市文学館の「短歌の祈り・詩の言葉」というイベントに参加した。神奈川県在住の歌人・伊津野重美(えみ)さんを招いての朗読会。
 伊津野さんはその小さな声と体で、詩を祈りまでに昇華することができる稀有な存在。

わたしにはなんにもなくてわたしにはこわいくらいになんにもなくて  伊津野重美

たった一人の母を許せずたった一人の母を憎めず堕ちてゆく 闇      同

 歌集『紙ピアノ』には危篤状態に陥ったほどの病気や家族から暴力を受けたことを詠んだ歌もある。しかし愚痴らしいものはない。ただ愛されたい、愛したいという強い願いを感じる。それらの歌を声に出して読んだとき、その場にいる人たちまで愛してしまうのが伊津野重美の表現だ。間近で聴いていた女性が数人泣きだしてしまった。

生きるのは苦しい。誰かに救われたい。でも救われたいのは私だけではない。みんな同じなんだ。伊津野さんから勇気をもらった。
まず身の回りの人から精一杯愛してみよう。単純な私は夫の誕生日にケーキを焼いた。「手作りケーキなんて初めてだよ!」と喜ぶ夫。よしよし、私もやればできるのだ。

しかし夜中、ごそごそと胃薬を探す夫を目撃。食べ過ぎて胃がもたれたそう。免疫のない夫には私の愛情が少し重すぎたようである。

         須藤歩実(未来短歌会)

    (「おくすり短歌」11月 毎日新聞 九州山口島根版)
プロフィール

いつのえみ

Author:いつのえみ
伊津野重美 

第一歌集『紙ピアノ』
1st Album『ひかりの素足』
詩誌『生命の回廊』発行・編集。

********************


立春ポエトリーリーディングライブ

2月3日(土)下北沢lete
ナマステ楽団
(末森英機+
ディネーシュ・チャンドラ・ディヨンディ)
+伊津野重美

Open 14:00 / Start 14:30
Charge 予約 ¥2,000 + drink
当日 ¥2,300 + drink

チケット予約  
http://www.l-ete.jp/live/1802.html#d03

**********************

伊津野重美 1st Album 

『ひかりの素足』
歌人伊津野重美による初の朗読アルバム。
ゲストにチェリスト森重靖宗を迎えて、
宮沢賢治の童話「ひかりの素足」と
日本近代詩の抒情世界を精緻に紡ぐ。

全9曲、48分。定価 2,500+税

**********************

「生命の回廊 vol.3
『えーえんとくちから 
  笹井宏之作品集』特集号」

2011年11月刊行

井口和泉 浦歌無子 
岸田将幸 斉藤斎藤
斉藤倫 樋口由紀子
ひろたえみ 三角みづ紀
ヤリタミサコ 夕暮マリー
伊津野重美

最近の記事
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。