スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「伊津野重美の朗読と穂村弘とマイケル・パーマー」

ヤリタミサコさんhttp://www.amazon.co.jp/s?ie=UTF8&keywords=%E3%83%A4%E3%83%AA%E3%82%BF%E3%83%9F%E3%82%B5%E3%82%B3&index=blended&page=1が詩誌『分裂機械 19』で、七月にあった私のソロライブのトーク部分での穂村弘さんのご発言から私の朗読と、穂村さんと私の短歌も含めて、論じていただきました。穂村弘さんのペルソナと私のからっぽさが比較されていて、本人でなくても興味深いものになっています。私個人としましては、私の朗読と短歌の総合的なご理解や論が、うれしいものでした。ありがとうございました。

2007年7月22日吉祥寺スターパインズカフェで「フォルテピアニシモvol.1 ~魂を迫り上げるように~」という朗読会が開かれた。歌人の伊津野重美が穂村弘をゲストに迎えての朗読会だった。伊津野はシャーマン的ともジャニス・ジョップリンのようだとも、夕鶴のつうのようだとも言われ、神がかり的に見えるくらい強いインパクトを与える朗読をする。比喩的に言うと伊津野の朗読は一種の焼きごてのようで、聞き手は心の中に火傷のような印字を残される感じだ。穂村との共演朗読では日常的なコミカルな面も見せたが、伊津野のソロやドラムとの共演では、日常を逸脱し魂を揺さぶるような深みにまで聞き手を連れ去る。そのアフタートークで穂村弘が語った「伊津野はどうしてやすやすと自我を超越できるのか?自分はいつも超えがたい自我の壁の前でもがいているのに」というコメントが非常に印象的だった。おそらく伊津野本人にもその自覚はないはずだし、どのように自我を超越するのかと質問したところで本人は困惑するだけだろう。が、朗読パフォーマスの結果として聞き手には、伊津野の言葉が自分の言葉のように、自分の痛みが伊津野の痛みに、自分の声が伊津野の口を通して語られているような、不思議な重なり合いを感じるのだ。
(ヤリタミサコ 詩誌『分裂機械 19』 龍書房
 「ギーンズバーグはどうしてホイットマンが好きだったか(8)」)

上記は、ほんの一部の引用です。
『フォルテピアニシモvol.1』は、私の初めてのソロライブであり感慨深いものでありましたが、このようなかたちで発展したかたちを見せていただき、たいへんありがたくうれしいです。
ご出演いただいた穂村さん、ヤリタさん、改めましてありがとうございました。

『分裂機械』には、一月に私の企画したイベントにご出演していただいたキキダダマママキキさんもご参加の詩とクリティックの同人誌です。入手された方は、ぜひご覧になっていただきたいと思います。 
プロフィール

いつのえみ

Author:いつのえみ
伊津野重美 

第一歌集『紙ピアノ』
1st Album『ひかりの素足』
詩誌『生命の回廊』発行・編集。

********************

フォルテピアニシモ vol.14
 
~ Keep the holy fire
       burning ~

伊津野 重美 朗読

2016年11月3日(木・祝)
12:30 開場/13:00 開演

場所:STAR PINE'S CAFE

前売・予約¥2,500円+1drink
ペアチケット前売・予約のみ
     ¥4500+2drink
当日¥3,000円+1drink
チケット前売発売10月3日より
 前売は店頭販売かweb予約
予約アドレス
https://ssl.form-mailer.jp/fms/f7f014c8172636

STAR PINE'S CAFE
http://www.mandala.gr.jp/

**********************

伊津野重美 1st Album 

『ひかりの素足』
歌人伊津野重美による初の朗読アルバム。
ゲストにチェリスト森重靖宗を迎えて、
宮沢賢治の童話「ひかりの素足」と
日本近代詩の抒情世界を精緻に紡ぐ。

全9曲、48分。定価 2,500+税

**********************

「生命の回廊 vol.3
『えーえんとくちから 
  笹井宏之作品集』特集号」

2011年11月刊行

井口和泉 浦歌無子 
岸田将幸 斉藤斎藤
斉藤倫 樋口由紀子
ひろたえみ 三角みづ紀
ヤリタミサコ 夕暮マリー
伊津野重美

最近の記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。