スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライブ “詩の世界”

ちゃんと秋になるものだ。
体は楽だが、夏らしい休日は2日ほどしか過ごしていなく、かき氷も浴衣も花火も海も遠く、夏服もほとんど着なかった。少し寂しい…
涼しくなって来たからか、まだ腎に鈍い痛みがあるものの、人相が変わるほど浮腫んでいた顔もようやく収束傾向で、ほっとする。頑張れ私の腎臓@

白石かずこさんとヤリタミサコさんのライブ「詩の世界」を聴きに海に近いレストラン、メインロブスターへ。
ゆったりとした落ち着いたお店で、まずはロブスターにワインをいただきながらという贅沢なディナーショーのようになっていて、ヤリタさんのご招待で恐縮する。
お計らいで新進のアーティストの方と隣り合わせ制作の話を伺い、また海辺の地元の方ともお話でき楽しかった。あの平塚の七夕祭りでいつも特選している滝口カバン店の社長さんが経営するお店とは…

ヤリタさんの白石さんのご紹介がとても素晴らしく、心に沁みた。いつも思うのだが、ヤリタさんと穂村さんは評論でも日常の会話でも、飾らない平易な、けれども、核心的でエッセンスのように高濃度な言葉は、頭の不明瞭な私の深部にも、すっと届く。けれども、平易であるだけに、それは高度な言葉の使い方だ。頭と心が非常に誠実でクリアでなのだろう。そうあるするために、ご自分や言葉と格闘されているのだろうなあと感じ入った。
特別なライブを聴きに来たお客様だけでのレストランでの朗読ということで、ヤリタさんも白石さんも、いつもよりもくつろがれて素に近かったように思う。何よりも距離が近い。
いつも遠くから見ていた、白石さんの巻紙の字が見える。爪は、コバルトブルーに塗られていた。
ディナーの後での朗読ということで、できればハッピーな詩を読みたいと白石さんは思われていたようだが、だんだん乗って来て、読みたい作品が変わってしまったようだ。そして、ヘビーなものを読んでしまったことをずっと後悔されていたところまで、お人柄が出ていてとてもよかった。翠川敬基さんのチェロも素晴らしかった。

印象深かったのは、初めて朗読を聴いたという方々が興奮していたというか、熱のようなものを受けていたことである。
それは、そうであろう。初めてにして、このような本物を間近で観てしまったら…
けれども、これは朗読でも稀な幸福なケースだ。
私もお二人の朗読を聴き慣れているとはいえ、ほんとうにダイレクトに触れさせていただけて、なんだかごくごくと清水を浴びるように飲むように見ていた。

みなさんの感想を聞いていて、私は言葉をあまり聞いていないということに改めて気付いた。
私は朗読が好きでありながら、実はあまりよい聴き手ではないかもしれない。私は言葉を一語一語を頭で聴いていない。好きな朗読は皮膚で呼吸するように、音楽を浴びるように聴いてダンスのように観ている。
今回は終わった後でのヤリタさんのお話まで、目を見張って聴いてしまっていた。
細胞が生き返る…
私は、人間を観て聴いて、その人の魂を感じ触れさせてもらいたいのだ。

そして、白石さんとヤリタさんの闊達な自由さに打たれた。
特に白石さんの型破りとも言える破天荒な自由さ…
生き様そのものが、これこそが詩人だ。
私は自分自身で枠を作り、そのなかに自分を押し込めて、なんて狭いところできゅうきゅうしているのだろうと自分が恥ずかしく苦しくなった。

帰り道に二人になってアーティストの方が、白石さんが最後の作品を変えたのは、ヤリタさんの朗読を受けたためではないかと言われた。
たぶんそうだろう。
そして、ヤリタさんの心の籠もったオマージュと朗読を受け、観客の反応と素晴らしい翠川さんのチェロを受け、高揚し、自然に変わったのだ。
ライブは、その場に命と時間を持ち寄って集う皆で創り上げるもの…。だから、私はライブが好きなのだ。

朗読は、自分の命の火を渡すようなもので渡されるようなもので、改めてよいなあ好きだなあと思いながら帰った。あたたかい…
ほんとうに贅沢な会であった。

ありがとうございました。
プロフィール

いつのえみ

Author:いつのえみ
伊津野重美 

第一歌集『紙ピアノ』
1st Album『ひかりの素足』
詩誌『生命の回廊』発行・編集。

********************

フォルテピアニシモ vol.14
 
~ Keep the holy fire
       burning ~

伊津野 重美 朗読

2016年11月3日(木・祝)
12:30 開場/13:00 開演

場所:STAR PINE'S CAFE

前売・予約¥2,500円+1drink
ペアチケット前売・予約のみ
     ¥4500+2drink
当日¥3,000円+1drink
チケット前売発売10月3日より
 前売は店頭販売かweb予約
予約アドレス
https://ssl.form-mailer.jp/fms/f7f014c8172636

STAR PINE'S CAFE
http://www.mandala.gr.jp/

**********************

伊津野重美 1st Album 

『ひかりの素足』
歌人伊津野重美による初の朗読アルバム。
ゲストにチェリスト森重靖宗を迎えて、
宮沢賢治の童話「ひかりの素足」と
日本近代詩の抒情世界を精緻に紡ぐ。

全9曲、48分。定価 2,500+税

**********************

「生命の回廊 vol.3
『えーえんとくちから 
  笹井宏之作品集』特集号」

2011年11月刊行

井口和泉 浦歌無子 
岸田将幸 斉藤斎藤
斉藤倫 樋口由紀子
ひろたえみ 三角みづ紀
ヤリタミサコ 夕暮マリー
伊津野重美

最近の記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。