「フォルテピアニシモ vol.1」キキさんの日記より

いつのさんの朗読をマラリーで初めて見たときに、強い印象を受けると同時に、噂に聞いていたこの人はこういうタイプの朗読の人なんだなと思ったのを覚えている。けれど、彼女の朗読を聴く(見る)たびに、広く、深くなっていき、伊津野重美とは、朗読とは、詩とは、「こういうもの」と思いこんでいるわたし自身の固定観念を壊されるので、わたしは何だか勇気付けられてしまう。


ギリギリに会場に入ったら、一番前がちょうど3人分空いていてほっとして腰を下ろす。みんなこの席は怖いんだろう(笑)。緊張した~。

穂村さんとのセッションでは、いつも飄々としている穂村さんの気持ちがいつのさんの方へ寄っていっているように見えて、面白いなあと思う。で、彼の表情が一瞬うるっとして、あっいかんいかん、と揺り戻したりしているように見えて(勝手にアテレコ)、心のこもった暖かい時間だった。

ドラムとのセッションでは、ドラマーの東郷さんがアイコンタクトではなく、下を向いて、いつのさんの呼吸を読んでいるのが見えた。いつのさんの声にかぶせていくやり方、言葉をそのまま太鼓の音に変換したような、なんて書くと簡単だけど、痺れました。これはもうすごかった。。

それから賢治。ぽわっと下の方から青緑の照明がついた瞬間に、賢治だ~と思う。彼の詩は難しすぎて、文字で読んでもわたしには意味不明なのだけど、不思議と色合いが残るそんな詩で、いつのさんの朗読からも同じ色合いを受け取る。冷たさと暖かさと、雪明りのような。

逆に朔太郎の「竹」は、わたしの持っているイメージと全然違っていて、天から剣が降ってきているみたい(笑)。


純粋に楽しかった。いつのさんの朗読には色々な感情をかき立てられるのだけど、最後には不思議とシンプルな気持ちだけが残る。今回はそれに加えて、いつのさん自身が持つ世界感と、作品や競演者の持つ世界感と、それぞれにいろんな色に混じり合っているのを堪能できて、楽しかった。
http://www.enpitu.ne.jp/usr6/67736/diary.html
プロフィール

いつのえみ

Author:いつのえみ
伊津野重美 

第一歌集『紙ピアノ』
1st Album『ひかりの素足』
詩誌『生命の回廊』発行・編集。

********************


立春ポエトリーリーディングライブ

2月3日(土)下北沢lete
ナマステ楽団
(末森英機+
ディネーシュ・チャンドラ・ディヨンディ)
+伊津野重美

Open 14:00 / Start 14:30
Charge 予約 ¥2,000 + drink
当日 ¥2,300 + drink

チケット予約  
http://www.l-ete.jp/live/1802.html#d03

**********************

伊津野重美 1st Album 

『ひかりの素足』
歌人伊津野重美による初の朗読アルバム。
ゲストにチェリスト森重靖宗を迎えて、
宮沢賢治の童話「ひかりの素足」と
日本近代詩の抒情世界を精緻に紡ぐ。

全9曲、48分。定価 2,500+税

**********************

「生命の回廊 vol.3
『えーえんとくちから 
  笹井宏之作品集』特集号」

2011年11月刊行

井口和泉 浦歌無子 
岸田将幸 斉藤斎藤
斉藤倫 樋口由紀子
ひろたえみ 三角みづ紀
ヤリタミサコ 夕暮マリー
伊津野重美

最近の記事
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ内検索