スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花折れ

新聞で絵や展示の紹介を見かける度に気になっていた日本画家・三橋節子の特集を録画で観る。
新聞に載っているような小さな絵の写真を、そんなに気になっていたはずであった。病に苦しみ、そして、またしても、若くして亡くなっている人であることを知った。  
死と祈り、死の意味さえまだ分らない幼子を遺して逝かなければならなかった、母の思いに胸を打たれる。
特に死を受け入れるようになった頃の絵は悲しさを超越し、ある悟りの境地のようなものに達していて崇高ですらある。諦念と慈愛の閑寂な世界…
特に素晴らしい「花折れ峠」は、病により利き腕を切り落とされた後に左手で描かれた作品であった。そして、「くさまお」と「なずな」二人の子供の名に託された小さな野の花への強い思いも印象深かった。
 
同じく画家である夫、鈴木靖将の言葉、「右腕であろうが左腕であろうが、それは問題ないと思うのです。絵は技術じゃない。やっぱりその人の感性、ハートなんです。そして、何を描きたいかとういうことが作品じゃないでしょうか。」というような言葉が残った。
至極当たり前のようでありながら、技術以前のものを失っている表現者が多いように思う。
少なくとも巧いだけのものは、私の心を打たない。

http://www.lbm.go.jp/kenhaku/shoukai/09.html
プロフィール

いつのえみ

Author:いつのえみ
伊津野重美 

第一歌集『紙ピアノ』
1st Album『ひかりの素足』
詩誌『生命の回廊』発行・編集。

********************

フォルテピアニシモ vol.15
 
~ All can sing ~

http://paperpiano.la.coocan.jp/sing%20html.html

伊津野 重美 朗読

2017年11月3日(金・祝)
12:30 開場/13:00 開演

場所:STAR PINE'S CAFE

前売・予約¥2,500円+1drink
ペアチケット前売・予約のみ
     ¥4500+2drink
当日¥3,000円+1drink
チケット前売発売10月3日より
 前売は店頭販売かweb予約
予約アドレス
https://ssl.form-mailer.jp/fms/f7f014c8172636

STAR PINE'S CAFE
http://www.mandala.gr.jp/

**********************

伊津野重美 1st Album 

『ひかりの素足』
歌人伊津野重美による初の朗読アルバム。
ゲストにチェリスト森重靖宗を迎えて、
宮沢賢治の童話「ひかりの素足」と
日本近代詩の抒情世界を精緻に紡ぐ。

全9曲、48分。定価 2,500+税

**********************

「生命の回廊 vol.3
『えーえんとくちから 
  笹井宏之作品集』特集号」

2011年11月刊行

井口和泉 浦歌無子 
岸田将幸 斉藤斎藤
斉藤倫 樋口由紀子
ひろたえみ 三角みづ紀
ヤリタミサコ 夕暮マリー
伊津野重美

最近の記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。