東京新聞にて三角みづ紀さんより『ひかりの素足』


東京新聞9月5日夕刊の<詩の月評>において三角みづ紀さんが、『ひかりの素足』についてご紹介してくださいました。
このアルバムを共につくった森重さんや私のライブ「フォルテピアニシモ」にまで触れてくださり、写真まで出て、とてもありがたく、うれしいです。
先陣を走り続けておられる三角さんに「身体を通して、祈りのように届ける。表現する者の強さ」と書いていただき、気が引き締まる思いです。
ほんとうにありがとうございました。


 歌人である伊津野重美の初の朗読アルバム『ひかりの素足』(Pigeon blood)が発売された。近代詩や童話の世界を彩るのはチェリストの森重靖宗。独特な声が宮沢賢治や北原白秋らの作品をいっそう鮮やかにしている。伊津野重美は朗読ライブシリーズ「フォルテピアニシモ」をおこなっており、その舞台で響く声は祈りに似ている。このCDでも、有名作を自らの人生や感情を通して、身体を通して、祈りのように届ける。自己を介して、祈りのように届ける。自己を介して表現する者の強さ。
    (三角みづ紀  <詩の月評>『東京新聞』9月5日夕刊)

プロフィール

いつのえみ

Author:いつのえみ
伊津野重美 

第一歌集『紙ピアノ』
1st Album『ひかりの素足』
詩誌『生命の回廊』発行・編集。

********************


立春ポエトリーリーディングライブ

2月3日(土)下北沢lete
ナマステ楽団
(末森英機+
ディネーシュ・チャンドラ・ディヨンディ)
+伊津野重美

Open 14:00 / Start 14:30
Charge 予約 ¥2,000 + drink
当日 ¥2,300 + drink

チケット予約  
http://www.l-ete.jp/live/1802.html#d03

**********************

伊津野重美 1st Album 

『ひかりの素足』
歌人伊津野重美による初の朗読アルバム。
ゲストにチェリスト森重靖宗を迎えて、
宮沢賢治の童話「ひかりの素足」と
日本近代詩の抒情世界を精緻に紡ぐ。

全9曲、48分。定価 2,500+税

**********************

「生命の回廊 vol.3
『えーえんとくちから 
  笹井宏之作品集』特集号」

2011年11月刊行

井口和泉 浦歌無子 
岸田将幸 斉藤斎藤
斉藤倫 樋口由紀子
ひろたえみ 三角みづ紀
ヤリタミサコ 夕暮マリー
伊津野重美

最近の記事
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ内検索