「フォルテピアニシモ vol.12」感謝

DSC_0398.jpg


「フォルテピアニシモ vol.12 ~CD『ひかりの素足』リリース記念~」無事に終了いたしました。
週初めの平日にも関わらず、ご来場くださったみなさま、遠くから近くから心を飛ばし、応援してくださったみなさま、関係者のみなさま、ほんとうにありがとうございました。
CD『ひかりの素足』もみなさまに無事にお届けすることができて、うれしいです。

この日は、中央線が遅れ、気をもまれた方もいらっしゃったことと思います。
途中入場できますので、そのような時も、どうぞめげずにいらしていただけましたら、うれしいです。

私は、いつもライブが終わった後に、ぼろぼろになっていますが、私の舞監のように美しい灯りと舞台を創ってくださっている照明さんも、最近は私に負けずにぼろぼろになっていて、共に闘い抜いた感があって、おかしくも、うれしいです。
今回は、月が現れたようですが、如何でしたでしょうか。また感想などありましたら、お聞かせいただけましたら、うれしいです。
私が鳥が好きで鳥の歌が多いせいか、いつもふわふわのものが吊るされたり、撒かれたり、飾られたりしていることが多いので、今回も帰ってからも、荷物から羽がこぼれたり、知らない間に髪についていたりします。

みなさまの温かな愛情に包まれ、「ひかりの素足」を送り出すことができ、幸せな一日となりました。
私がお渡ししようと思うのですが、いつも私のほうが、それ以上にたくさんをいただき過ぎてしまいます。
ほんとうにありがとうございました。
心から感謝いたします。
7月になりましたら、CD「ひかりの素足」は、私のホームページよりご購入いただけるようにいたします。どうぞもう少しお待ちください。



「怖いことはないぞ。」微かに微かに笑いながら、その人はみんなに言いました。その大きな瞳は青い蓮の花びらのように、りんとみんなを見回しました。みんなは、どういうわけともなく一度に手を合わせました。
「怖いことはない。おまえ達の罪は、この世界を包む大きな徳の力に比べれば、太陽の光とアザミの棘の先の小さな露のようなもんだ。なんにも怖いことはない。」
                  (宮沢賢治 「ひかりの素足」より)

プロフィール

いつのえみ

Author:いつのえみ
伊津野重美 

第一歌集『紙ピアノ』
1st Album『ひかりの素足』
詩誌『生命の回廊』発行・編集。

********************


立春ポエトリーリーディングライブ

2月3日(土)下北沢lete
ナマステ楽団
(末森英機+
ディネーシュ・チャンドラ・ディヨンディ)
+伊津野重美

Open 14:00 / Start 14:30
Charge 予約 ¥2,000 + drink
当日 ¥2,300 + drink

チケット予約  
http://www.l-ete.jp/live/1802.html#d03

**********************

伊津野重美 1st Album 

『ひかりの素足』
歌人伊津野重美による初の朗読アルバム。
ゲストにチェリスト森重靖宗を迎えて、
宮沢賢治の童話「ひかりの素足」と
日本近代詩の抒情世界を精緻に紡ぐ。

全9曲、48分。定価 2,500+税

**********************

「生命の回廊 vol.3
『えーえんとくちから 
  笹井宏之作品集』特集号」

2011年11月刊行

井口和泉 浦歌無子 
岸田将幸 斉藤斎藤
斉藤倫 樋口由紀子
ひろたえみ 三角みづ紀
ヤリタミサコ 夕暮マリー
伊津野重美

最近の記事
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ内検索