スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CD「ひかりの素足」 リリース予定

f2014 (90)
                          写真 田中 流



CD「ひかりの素足 ~ 宮沢賢治と日本の詩 ~」 

 私の朗読CDをご希望をいただいておりましたが、長らくお待たせしてしまいました。
この度、CD「ひかりの素足」(朗読 伊津野重美/cello 森重靖宗)が、ライブ「フォルテピアニシモ vol.12 ~ CD「ひかりの素足」リリース記念 ~」におきまして6月15日に発売する予定となりました。
内容は、宮沢賢治の詩や童話「ひかりの素足」を中心に、北原白秋や山村暮鳥などの日本近代詩の名作を集めた朗読となります。
私の音源初リリースになりますので、平日の夜ではありますが、お誘い合わせのうえ、ご来場くださいますよう、心からお待ちしております。



 朗読が好きで多くを聴き、自分でも朗読をするうちに、日本の韻律というものが、歌人の身体には特異といえるほどに強く流れていることに早い時点で気が付きました。実作者である歌人の朗読は、発語の訓練を経ているアナウンサーや舞台のプロである役者のものに比べると、はなはだ拙いものでありますが、詩や文学への洞察、そして、韻律への鋭敏さが強みであり、他者の作品を読むことにも案外適していて、テキスト作品のうえに新たな表現を創出できるように感じられたのです。
自作を表現するためだけにではなく、その無形の文化を身を通して伝えてゆくことも、過去の遺産を引き継ぎ、その流れの只中にいる歌人で朗読している者の、意味や役目のようにも思えたのです。
そこで、私自身は朗読の場では自作だけでなく、先人の主に近代の名作を大切に読ませていただいてきました。

 2011年に東日本大震災という未曽有の災害を受け、多くの尊い命が失われ、美しい故郷が奪われました。
ご要望をいただきながらも、自分の拙い朗読音源を残すことにずっと躊躇いがありましたが、深く傷ついた人達と日本の大地にわずかでも寄り添うため、私達の心に残る名作をCDとしてまとめ、お届けしたいと思いました。
私自身もうまく動くことができず、最初の録音より何年もかかってしまいましたが、いつもライブのサポートをしてくださっているチェロの森重靖宗さんにこの度もご参加いただき、大きなお力をいただきました。

 失った人達、残された方々の思い、奪われた美しい故郷を思って作りました。
私達の心にある、それぞれの大切な人達、そして、懐かしい故郷は、どんなに現実が残酷であっても、これから何が起ころうとも、決して奪われることはないと信じています。
 また、多くのお力でここまで歩んでくることができました。今まで私を支えてくださったみなさま、これから出会うすべてのものに心から感謝をして、こちらをお届けいたします。

プロフィール

いつのえみ

Author:いつのえみ
伊津野重美 

第一歌集『紙ピアノ』
1st Album『ひかりの素足』
詩誌『生命の回廊』発行・編集。

********************


立春ポエトリーリーディングライブ

2月3日(土)下北沢lete
ナマステ楽団
(末森英機+
ディネーシュ・チャンドラ・ディヨンディ)
+伊津野重美

Open 14:00 / Start 14:30
Charge 予約 ¥2,000 + drink
当日 ¥2,300 + drink

チケット予約  
http://www.l-ete.jp/live/1802.html#d03

**********************

伊津野重美 1st Album 

『ひかりの素足』
歌人伊津野重美による初の朗読アルバム。
ゲストにチェリスト森重靖宗を迎えて、
宮沢賢治の童話「ひかりの素足」と
日本近代詩の抒情世界を精緻に紡ぐ。

全9曲、48分。定価 2,500+税

**********************

「生命の回廊 vol.3
『えーえんとくちから 
  笹井宏之作品集』特集号」

2011年11月刊行

井口和泉 浦歌無子 
岸田将幸 斉藤斎藤
斉藤倫 樋口由紀子
ひろたえみ 三角みづ紀
ヤリタミサコ 夕暮マリー
伊津野重美

最近の記事
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。