<<10  2017,11/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
ヤリタミサコさんのアンケートより 「フォルテピアニシモ vol.11 」

何度も客席に座っているのだけど、STAR PINE'S CAFEというライブハウスが、
ヨーロッパの古い礼拝堂のように感じられました。
揺れる低い光のときなど、特に。

以前は、えみちゃんが血を流して降下されるキリスト自身みたいに
思ったことがありましたが、今回は、キリストを受け止める人、
聖母マリアとかマグダラのマリアとか、のように感じられました。
おそらく「Plutoの冥き雨降るこの星」に存在する、見えないけど
繊細な魂たちを、えみちゃんが心に住まわせながら、ステージに立って
いるのだと思います。

「ちいさな炎」のライティングが、ちょうど壁面に火がともるようで
あたたかでした。
「果てしなく人を許す」では、電車の中の母と子ども2人の様子が
まざまざとと目に見えました。上の娘のはにかむ顔も。
少女の頃のえみちゃんの姿が二重写しになります。

「よだかの星」も強い印象でした。
6歳の頃の私は、この物語の孤独感を、孤独という言葉ではなく
共感していました。その気持ちをリアルに思い出しましたし、
えみちゃんの語りが、えみちゃんの身体を超越した言葉になっていました。
このまま終わらないでほしい、と思ったくらいです。
そしてそのときのチェロは、強くはじくところ、風の音のような音など、
宇宙の大きさ・空の大きさを表現していましたね。

「きみ死にたもうことなかれ」も、2014年の今年に語られている
声として、同時代のものとして心にズシンと響きます。

ラストの「冥き雨降るこの星に」で、「たった1人の…」で
切れたところが、すごい大きさ、ショックでした。
その圧倒的な不在感に、打ちのめされたようです。
その不在には美があり、言語以上の何かがこもっていました。

全体としては、えみちゃん自身が自分の作品である「紙ピアノ」の
短歌に対して向き合い方が少し変わってきたようです。
読むたびに血を流すようではなくて、透明なリンパ液でくるむような
方向に聞こえることがありました。

若干気になったのは、
舞踏の水持さんとえみちゃんのからみは、直接のアクションでなくて
コトバと身体表現だけでよいのでは?

水持さんの舞踏は、えみちゃんに寄り添っていて
主張しすぎずに、いいバランスだったと思います。
身体の中から湧き出てくる感情が、大げさではなく
表現されていたと思います。

森重さんとえみちゃんの組み合わせは、もう、これ以上考えられないと
思うほど、ベストだと思います。
下がったり、出たり、ということなく、静かに淡々と互いに屹立しあっている
感じは、他の人では無理でしょうねえ。

えみちゃん、水持さん、森重さん、ありがとうございます。
すばらしいステージでした!!!

プロフィール

いつのえみ

Author:いつのえみ
伊津野重美 

第一歌集『紙ピアノ』
1st Album『ひかりの素足』
詩誌『生命の回廊』発行・編集。

********************

フォルテピアニシモ vol.15
 
~ All can sing ~

http://paperpiano.la.coocan.jp/sing%20html.html

伊津野 重美 朗読

2017年11月3日(金・祝)
12:30 開場/13:00 開演

場所:STAR PINE'S CAFE

前売・予約¥2,500円+1drink
ペアチケット前売・予約のみ
     ¥4500+2drink
当日¥3,000円+1drink
チケット前売発売10月3日より
 前売は店頭販売かweb予約
予約アドレス
https://ssl.form-mailer.jp/fms/f7f014c8172636

STAR PINE'S CAFE
http://www.mandala.gr.jp/

**********************

伊津野重美 1st Album 

『ひかりの素足』
歌人伊津野重美による初の朗読アルバム。
ゲストにチェリスト森重靖宗を迎えて、
宮沢賢治の童話「ひかりの素足」と
日本近代詩の抒情世界を精緻に紡ぐ。

全9曲、48分。定価 2,500+税

**********************

「生命の回廊 vol.3
『えーえんとくちから 
  笹井宏之作品集』特集号」

2011年11月刊行

井口和泉 浦歌無子 
岸田将幸 斉藤斎藤
斉藤倫 樋口由紀子
ひろたえみ 三角みづ紀
ヤリタミサコ 夕暮マリー
伊津野重美

最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ内検索