◇ 雨の匂い 虹の匂い ◇相槌太郎さんの日記

相槌太郎さんの日記です。
あたたかい感想をありがとうございました。
音を大切にするために空調を切ってしまっていたために、暑くなり申し訳ありませんでした。
それと、何かやるとは思っていたのですが、みなさんをご紹介までしてほっとしてしまい、
一人だけ感想を求めるのを抜かしてしまいました。ユーリちゃん、ほんとうにごめんなさい。。
*************************************************************

今日は大塚駅まで朗読会を聴きに行ってきた。(満員でした)
詩人4人と歌人3人とのコラボレーション。
自分の作品ばかりでなく他の人(他人?)の詩や短歌を朗読していくという斬新な試み(重美さんの演出)。
私は知人の朗読会に数回伺っただけなのでこういうのは初めて。一晩寝ては忘れてしまうので思い出しながら感想を書いてみる。
事前にプログラムが公開されていたので、書き出して持って行ったのですが暗くて読めない(大体電車の中で読みながら来たので覚えてましたが)。気を取り直して集中して聴く。
イシダさんの朗読はハッキリした声で聴きやすかったです。それと朗読と朗読の間のちょっとはにかむ仕草か印象的でした。
小夜さんは7色の声を持っているんじゃないかと思うくらい相手によって声が変わるという印象でした。キキさんは「素直で真っ直ぐな声」でスーと入っていける感じでした。この三人で歌った(朗読じゃないです)アスパラガスさんの詩は心に響きました。雪舟さんは作品から来る印象と違い繊細な人でした(顔も声も)。一部終了ここで休憩
二部の最初は重美さん。
噂では聞いていたのですが場の雰囲気が一変して(マリアの心臓に行ったみたいでした)舞台と声の一体感が凄く汗ばんできました(クーラーも効いてませんでしたが)。
飯田さんはすごくチャーミングな方で声だけでとろけてしまい本にサインを頂くのも忘れてしまいました。
安田さんは下町のチャキチャキ娘という感じの方で、迫力がありました(今度映画館にも足を運びたくなりました)。また同じ作品でも朗読される人によって印象がまるで違って聴こえるのも新鮮でした。最後に一人づつ挨拶され(イシダさんが抜けてましたが)小夜さんのときは私も何故かウルウル。皆さん朗読しているときと違うホッとした様子が感じられ出来たらこのメンバーでもう一度聴きたいと思いました。それにしても暑かった!帰りはタイトル通りに雨の匂いの中帰りました。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=250222678&owner_id=5274627&comment_count=8
プロフィール

いつのえみ

Author:いつのえみ
伊津野重美 

第一歌集『紙ピアノ』
1st Album『ひかりの素足』
詩誌『生命の回廊』発行・編集。

********************

フォルテピアニシモ vol.15
 
~ All can sing ~

http://paperpiano.la.coocan.jp/sing%20html.html

伊津野 重美 朗読

2017年11月3日(金・祝)
12:30 開場/13:00 開演

場所:STAR PINE'S CAFE

前売・予約¥2,500円+1drink
ペアチケット前売・予約のみ
     ¥4500+2drink
当日¥3,000円+1drink
チケット前売発売10月3日より
 前売は店頭販売かweb予約
予約アドレス
https://ssl.form-mailer.jp/fms/f7f014c8172636

STAR PINE'S CAFE
http://www.mandala.gr.jp/

**********************

伊津野重美 1st Album 

『ひかりの素足』
歌人伊津野重美による初の朗読アルバム。
ゲストにチェリスト森重靖宗を迎えて、
宮沢賢治の童話「ひかりの素足」と
日本近代詩の抒情世界を精緻に紡ぐ。

全9曲、48分。定価 2,500+税

**********************

「生命の回廊 vol.3
『えーえんとくちから 
  笹井宏之作品集』特集号」

2011年11月刊行

井口和泉 浦歌無子 
岸田将幸 斉藤斎藤
斉藤倫 樋口由紀子
ひろたえみ 三角みづ紀
ヤリタミサコ 夕暮マリー
伊津野重美

最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: