<<03  2012,04/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
「フォルテピアニシモ vol.8 ~ Rebirth ~」
最近は一年に一回になってしまった私のソロライブ「フォルテピアニシモ」の詳細を、今年もお知らせできる喜びを得ました。
ほとんど活動できていないにも関わらず、待っていただいていることをうれしく思います。
11月3日の文化の日が、毎年恒例になってきていて、私がライブをすることを決める以前に、この日を空けていると言ってくださる方々もあり、ほんとうにありがたく、うれしいです。

今回のゲストは、久しぶりにチェロの森重靖宗さんをお迎えしました。
森重さんとは、お名前を戻された震災後は初めての共演になりますので、今までと少し違った作品になりそうに思っています。

そして、会場は、いつもの吉祥寺STAR PINE'S CAFEです。
フライヤーの写真は、いつも私のライブを撮ってくださっていて、去年のライブでは美しいの写真の投影をしてくださった田中流さんの撮影のものになります。
今回のフライヤーは、去年のフォルテピアニシモのステージ写真です。これでも少しお分かりになるかと思いますが、STAR PINE'S CAFEではいつも、朗読やライブを越える素晴らしい照明や舞台づくりをしてくださっています。私が書いた台本を解釈し、前もって照明を私の90分のステージのためだけに、創ってくださっているのです。1回目から、愛のある、美しいライティングと、照明をお褒めいただくことが多いのですが、照明の小宮さんは、最近は舞監となって舞台全体も創っていただき、毎回、私がいちばん感激しています。

今までに私の朗読を何度かご覧になった方も、このSTAR PINE'S CAFEでの、「フォルテピアニシモ」は、かなり異なったものになっていますので、ぜひ一度ご覧になっていただきたいです。
私自身の朗読には満足したことはなく、もう少しなんとかならないかと努力はしていますが、元は物書きなので、未完のままでもよいのかとも思うのですが、舞台作品しては私がやりたかったことが、場と人の力が合わさって、ここに来てようやく初めてできてきたといいますか…
私が最も力を入れているということもありますが、会場スタッフとも一丸となって、今までにない舞台を創出していると自負しておりますので、ぜひいらしていただけましたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

********************************************************


    フォルテピアニシモ vol.8 ~ Rebirth ~

遅すぎることなどはない いつの日もあなた自身が約束だから 

  http://homepage2.nifty.com/paperpiano/Rebirthhtml.html


   伊津野 重美  朗読
                    森重 靖宗  cello


日時:2012年11月3日(土)12:30 開場/13:00 開演

場所:STAR PINE'S CAFE

料金:前売2,500円  当日3,000円 (別途ドリンク代)
チケット前売り発売 10月3日(水)より
前売りは店頭販売かweb予約
予約アドレス http://www.mandala.gr.jp/spc/ticket/yoyaku.html

STAR PINE'S CAFE http://www.mandala.gr.jp/

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-20-16 B1  TEL:0422-23-2251
→ 吉祥寺駅より徒歩3分
吉祥寺駅・北口を出て、吉祥寺大通りを北に直進し、
ヨドバシカメラを越えた角を右折。
20mほど進むと左手にSTAR PINE'S CAFEが見えてきます。

*小学生以下のお子様のご来場はご遠慮くださいますようお願い申し上げます


 ◇ 伊津野 重美  Emi ITSUNO

1995年より作歌を、2000年より朗読の活動を始める。
2005年に第一歌集 『紙ピアノ』を風媒社より刊行。
2010年に写真集『ataraxia』(岡田敦・伊津野重美)を青幻舎より刊行。
詩誌『生命の回廊』発行・編集。
自らの企画で演出、出演をこなしながら、他の作家や他ジャンルとの
コラボレーション作品の制作にも積極的に取り組んでいる。
2007年より朗読ライブシリーズ「フォルテピアニシモ」を開始する。
空間と時間までも<詩>へと昇華させる朗読は、祈りのようでもある。
http://homepage2.nifty.com/paperpiano/


 ◇ 森重 靖宗  Yasumune MORISHIGE

チェロによる独特な即興演奏を行う。
国内外の音楽家、舞踏家、アーティスト等と数多く共演。
従来のチェロの奏法にとらわれない自由な演奏から生み出されるその音響は、
繊細でありながら自在にして豊饒である。
2009年にチェロとピアノのソロによる即興演奏で構成されたCD "fukashigi" を発表。
音楽活動以外にも、写真作品集"photographs" を powershovel books より出版。
http://www.mori-shige.com/


                         fortepianissimo vol.8

********************************************************
桜花の頃
なかなか頑張ることが難しい日々が続いていて、今年は、いつになく待たれた桜だった。
冬は、ひたすら耐えて偲び、正月もめでたさも中位で、ほぼなんにもしない。
桜が咲くと、ようやくその年の冬を乗り越えた喜びを感じ、一年が無事に巡ったことを安堵し、感謝する。

年が明けると、蝋梅、水仙、梅、沈丁花…と、早春のまだ冷たい空気に咲く花は、香りが清冽なものが多い。沈丁花は少しずつ咲いてゆくのを、本格的な春の訪れを祈るように、思いを春につなげる。

ところが、そういえば梅と沈丁花の咲いたのを知らなかったと思っていたが、3月も終わりになって咲き出した。いつも2月に咲き始める沈丁花はまだ咲いている。4月に咲いているのを見たことがない。

免疫力の弱い私はインフルエンザが怖いので、冬には、なるべく病院も行かない。
4月の声を聞き、秋から問題があった両手首をやっと診てもらうと、関節炎と腱鞘炎を起こし、長年痛めていた背中や首は、筋肉の損傷を起こしていた。
毎日新しい怪我をし続けている状態という。
・・・それは、頑張ることができないはずである。

あちこち痛むので、痛みには我慢強くなっているのだが、治療のため、逆に痛みが強くなり、さすがに凹んで眠っていた休日に電話をいただく。
私が、いつも心の拠り所で励みに思っている人からで、送ったものが届いたと、わざわざご丁寧に遠くから連絡をくださったのだ。立派な人は立派だなーと、改めて感心する。
久しぶりに少しお話ができて感激し、やっとやる気が出た。

私などでも、待っていてくれる人達がいる。
またライブをしよう。
プロフィール

いつのえみ

Author:いつのえみ
伊津野重美 

第一歌集『紙ピアノ』
1st Album『ひかりの素足』
詩誌『生命の回廊』発行・編集。

********************

フォルテピアニシモ vol.15
 
~ All can sing ~

http://paperpiano.la.coocan.jp/sing%20html.html

伊津野 重美 朗読

2017年11月3日(金・祝)
12:30 開場/13:00 開演

場所:STAR PINE'S CAFE

前売・予約¥2,500円+1drink
ペアチケット前売・予約のみ
     ¥4500+2drink
当日¥3,000円+1drink
チケット前売発売10月3日より
 前売は店頭販売かweb予約
予約アドレス
https://ssl.form-mailer.jp/fms/f7f014c8172636

STAR PINE'S CAFE
http://www.mandala.gr.jp/

**********************

伊津野重美 1st Album 

『ひかりの素足』
歌人伊津野重美による初の朗読アルバム。
ゲストにチェリスト森重靖宗を迎えて、
宮沢賢治の童話「ひかりの素足」と
日本近代詩の抒情世界を精緻に紡ぐ。

全9曲、48分。定価 2,500+税

**********************

「生命の回廊 vol.3
『えーえんとくちから 
  笹井宏之作品集』特集号」

2011年11月刊行

井口和泉 浦歌無子 
岸田将幸 斉藤斎藤
斉藤倫 樋口由紀子
ひろたえみ 三角みづ紀
ヤリタミサコ 夕暮マリー
伊津野重美

最近の記事
カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ内検索