スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#sasai0124

昨夜書いていたものが消えていた。
悲しくなって、寝る前にすべて消してしまったのだろう。

三周忌が近づき、このところよく笹井さんの周囲の人達と笹井さんの話しをしていた。
ご両親や追悼朗読会に参加される方や、亡くなって以来、一緒に悲しみに耐え、「生命の回廊」の笹井さんの追悼号のことなどを、ずっと話して来た人や、今回ようやく初めて連絡を取った人もいる。

笹井さんを失って、友人としては最も苦しんでいるのではないかと、話しかけることができないでいた人は、やっと連絡を取ると私のことのほうを心配してくれていた。
お互いに相手の傷の深さを思い、そのことに触れられないでいたのだ。
二年経つが、まだ大きな友人の喪失の傷痕と、そのなかでの優しさに胸がつまった。
ほんとうに笹井さんのことを想っている人は、みな優しい。
自分の悲しさをかかえながら、相手のことを思いやっている。

そして、二年が経ち、三周忌になった。
その日、有田では大雪が降ったという。

私がふだんいる場所は、あまり雪が降らない。
朝方に、ほんのひとひら、地面にも届かないようなはかない雪を見た。
それが、お別れだったのだ。
いや、お別れではなく、別の世界へ旅立った日と思っていたい。

今年もtwitterで、みなで笹井さんの短歌を書くという「#sasai0124」の企画を、りんさんが始めてくださった。

去年は、私は有田の一周忌のコンサートの会場で、これを見せていただいた。
笹井さんの短歌は、きれいでやさしい雪のようだ。

雪のように次々と笹井さんの短歌が降る。
参加しているのは、むしろ歌人でない人も多く、ほんとうによかったと思う。


みなに届いているよ

ささいさん
おめでとう

ありがとう


  終止符を打ちましょう そう、ゆっくりとゆめのすべてを消さないように  笹井宏之

スポンサーサイト

川上未映子さん『2010年の3冊』で『えーえんとくちから』

年末年始は、ゆっくり休んで、2011年始動!
と思うや、久しぶりに出た都内でウイルスをもらってきたらしく、新年早々急性胃腸炎でダウンし、復調に時間がかかりました。
みなさまからの温かなお手紙やメールに感謝いたします。
欠礼申し訳ございません。



12月26日に読売新聞朝刊にて「2010年の3冊」において川上未映子さんが、その年の3冊のなかの1冊として笹井宏之さんの作品集『えーえんとくちから』を選ばれています。


  笹井宏之著『えーえんとくちから 笹井宏之作品集』(PARCO出版)
 
  歌人は昨年二十六歳で夭逝した。
  一行が普遍に届く、まさにの歌。
  深く、心を打たれた。



三周忌が近づいてきました。
この1月に、笹井さんの新しい本が3冊並ぶそうです。
これによって、まだ見ぬたくさんの読者が笹井さんの作品に出会え、その想いと歌が、多くの人の心のなかで生き続けてゆくことができますように。
そして、笹井さんを失って傷ついた人達の心と笹井さんの御霊が、慰められますように。心より祈っています。

24日のご命日に先立って、22日に有田で追悼の会がもたれるそうです。
今年は私はうかがえませんが、笹井さんの作品が読まれ、碗琴奏者でもあられるお父様の演奏やお母様の朗読などを聴くことができるようです。
お近くのみなさまは、ご都合がつきましたら、ぜひおでかけになってください。
笹井宏之さんに関しての詳しい情報は、ブログ<些細>でご覧ください。
みなで笹井さんのことを偲ぶ、静かで穏やかな時間になることでしょう。

一昨年の旅立ちの日には、大雪にたいへんな思いをしながら、友人達が駆けつけてくれました。
昨年の一周忌に私が初めて降り立つことのできた笹井さんの故郷は、打って変わって冬晴れの青空が迎えてくれました。
今年は、どんな日になるのでしょうか…
こうして時が少しずつ流れてゆき、残された私達は、一日一日を大切に、よりよく、生きてゆかねばなりませんね。

笹井さん、ほんとうにありがとうございました。



 ●タイトル  「追悼朗読会(仮)」~ 筒井(笹井)宏之に捧ぐ ~

 ●日  時  平成23年1月22日(土) 午後1時30分~3時30分

 ●会  場  有田ポーセリンパーク シアター

           有田町戸矢  TEL:0955-41-0030

Viva,2011!

元旦には一歩も外に出ずに、去年行ったイタリアの写真をやっと印刷しようと格闘していたのですが、異様にフォトマゼンタがなくなります。こんなことは今までになかったこと…。
建物や通りの石畳など、フィレンツェの街並みに代表される優しくて明るいベージュの石の色なのでしょう。改めて石の文化ということを思い出しました。
その次になくなるのが黄色です。これは、装飾で使われている金の色のためでありましょうか…
硝子の赤には、金そのものを微量に混ぜ赤い色を出すということですが、金色にもマゼンタを必要とするのかもしれません。
ヴェネチアングラスも、同じ形でも赤色のものが、そういう理由から値段が高かったです。


DSC05296.jpg
                                

おけましておめでとうございます。

2年ほどひどく辛い怒涛をどうやって過ごせてきたのか自分でも分かりませんが、無事に新年を迎えることができ、今は苦しくなく、晴れ晴れとした気持ちです。
支えてくださった友人達、応援してくださっているみなさまのお気持ちが、何よりありがたかったです。
ほんとうにありがとうございました。
今年は、あまり辛いこと苦しいが起こりませんように。

僭越にも関わらせていただきました笹井宏之さんの作品集『えーえんとくちから』が、辛かった昨年も押し迫ったクリスマスに刊行されたことにより、よい年として記憶できそうです。
いま一時的にアマゾンでは切れているようですが、上記リンクの楽天からなどは、すぐに発送してもらえるようです。
ここにいまは私の名前がのっているようですが、これは何かの間違いです。私はスタッフにしか過ぎません。
笹井さんののこしてくれた優しく愛の満ちた言葉、想いを、ぜひお手に取ってご覧になっていただけましたら幸いです。

また、心配に思っていた人から大晦日に遠くの国(どこから?)からかかってきた電話も、うれしい一年の締めくくりとなりました。
思えば苦しいなかにも、みなさまの温かい思いに包まれた一年でありました。
人と人の絆、のようなものを強く感じました。

これを機に悲しみに一区切りを付けて、今年は心身の状態を立て直し、少し落ち着いて作品をきちんと書いてゆきたい・・・ではなくて、書いてゆきます。

私の今年の予定としましては、晩春と秋に私のソロライブ「フォルテピアニシモ」をおこなえればと思っています。たくさんの方々にお会いできますことを願っています。

また、既に決まっておりますイベントとしては、4月3日に朗読会「かたりびより」が渋谷公園通りデラックスで行われます。
久しぶりに東直子さんとご一緒させていただけますことが、とてもうれしいです。今回、企画を進めてくださっているオカザキなをさんは、音楽にも詳しく、どのような会になるか楽しみです。ミュージシャンの村上巨樹さんもオリジナルな音作りをされていて、電子音と私の声との競演は、どうなるのでしょうか…。こちらも自分でも楽しみにしています。

白紙の一年が、また開かれました。
これを幸せに、何をどう彩り、綴ってゆきましょう…
たくさんの素晴らしいこと素晴らしい出逢いに満ちた、みなさまにとってもかけがえのない一年となりますように。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
プロフィール

いつのえみ

Author:いつのえみ
伊津野重美 

第一歌集『紙ピアノ』
1st Album『ひかりの素足』
詩誌『生命の回廊』発行・編集。

********************

フォルテピアニシモ vol.15
 
~ All can sing ~

http://paperpiano.la.coocan.jp/sing%20html.html

伊津野 重美 朗読

2017年11月3日(金・祝)
12:30 開場/13:00 開演

場所:STAR PINE'S CAFE

前売・予約¥2,500円+1drink
ペアチケット前売・予約のみ
     ¥4500+2drink
当日¥3,000円+1drink
チケット前売発売10月3日より
 前売は店頭販売かweb予約
予約アドレス
https://ssl.form-mailer.jp/fms/f7f014c8172636

STAR PINE'S CAFE
http://www.mandala.gr.jp/

**********************

伊津野重美 1st Album 

『ひかりの素足』
歌人伊津野重美による初の朗読アルバム。
ゲストにチェリスト森重靖宗を迎えて、
宮沢賢治の童話「ひかりの素足」と
日本近代詩の抒情世界を精緻に紡ぐ。

全9曲、48分。定価 2,500+税

**********************

「生命の回廊 vol.3
『えーえんとくちから 
  笹井宏之作品集』特集号」

2011年11月刊行

井口和泉 浦歌無子 
岸田将幸 斉藤斎藤
斉藤倫 樋口由紀子
ひろたえみ 三角みづ紀
ヤリタミサコ 夕暮マリー
伊津野重美

最近の記事
カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。