<<05  2010,06/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
雨と虹
眩暈は終息傾向に向かいつつも、未だ頑固に残っている。
いよいよ「雨の匂い 虹の匂い vol.2」も、あと2週間ほどになり、ご出演者のテキストや構成案と共に、どんどん舞い込み、準備も佳境に入る。『生命の回廊 2』の原稿と合わさって、机の上が山積み状態で、うれしい悲鳴を上げている。

前回の「雨の匂い 虹の匂い」は、おそらく初めてともいえる試みだったと思うが、それぞれに朗読時間をお渡しするという一般的な朗読会ではなく、自作だけでなく、お互いがお互いのテキストを読み、また誰かと一緒にユニットを組んでいただき、また、歌人が詩を、詩人が短歌を読んでいただくなどしたために、演目が有機的に関わり合い血が通い合い、全体が一つの詩のようになった。
またご出演者のお力により、いらしてくださった方々にもご出演者にも満足度の高いものであった。
自分が作っていても、人のものに行っても、それがよい時には、大きな熱の波のようなものがある。この会は、最も大きな力を感じたものであった。

前回は簡素ではあったが、演劇もできる舞台で照明もあり暗転もできたが、今回は名曲喫茶とあって、会場も小さく、出演者も少ないので、前回よりも規模の小さいものを考えていたが、みなさんの出されてくるテキストや構成に、私が驚いている。
前回とメンバーが少し入れ替わり、初めての人は詩人の浦歌無子さんだけで、あとは、みなさん2回目になる。4年の間に、それぞれが成長していることが分かり、しみじみする。
かたや、私は、成長できているだろうか…

前回は、力を合わせ心を合わせてて、詩や短歌やジャンルを越えてゆくことを目指していたが、今回は、それに加えてさらに、信じることができる場所を創りたい。
何か苦しいことがあった時、人に裏切られ傷つけられて、もう何も信じられないと思っているような時にも、思い出せば、力にすることができるような確かな場所を、メンバーにも、お客様にも、そして、私自身にも、心のよりどころにできるような、小さくてもあたたかな灯のような時間を…
しかし、私は、いつもかたちに残らないものばかりを創ろうとしているなぁ。

降っている雨が、どんなに冷たかろうが、止まない雨はなく、また、雨が降らなければ、美しい虹もかからない。



「かたちあるものと、かたちのないものと、どちらかを選ばなくちゃならないとしたら、かたちのないものを選べ。それが僕のルールです。壁に突き当たったときにはいつもそのルールに従ってきたし、長い目で見ればそれがよい結果を生んだと思う。その時きつかったとしてもね」
(「偶然の旅人」 『めくらやなぎと眠る女』より 村上春樹  新潮社)

夏至と一日
夏至の日は、久しぶりに素晴らしい夕焼けとなった。
空が紅い。
日が暮れてから、キャンドルをいくつも灯し、大切な友人にメールを書いた。
いちばん贅沢な時間の使い方かもしれない。
ほんとうは会いたいけれど…

7月10日「雨の匂い 虹の匂い」は、また今回も予想を遥かに越えて来ている。
ご出演者のみなさまに感謝を。
しかし、全体の構成がたいへんそうだー。うれしい悲鳴…

みな朗読がうまいとか、作品や声がいいだけでなく、見たい人達である。
それは、生き方が、きれいだからだろう。
そして、それぞれが、特別なこの会のために、選んで来てくださる作品や構成が、毎回うならせられ、勉強になる。

ソロは苦しいが、「雨虹」は、そんな美しい人達に囲まれて、とても楽しくてうれしい。
それぞれがそれぞれを思い合っている。。

雨の季節に、みなで力を合わせて、小さな虹を創っています。
7月10日は、荻窪の名曲喫茶「ミニヨン」へ。
「フォルテピアニシモ vol.6 ~ 届かないかたち ~」
今日は夏至ですね。
夜が最も短い日…
夏至祭をしよう。

今年も折り返し。はやい。。
またがんばります。今度の「フォルテピアニシモ」は祝日です。
いままでいらしていただけなかったみなさんにも、いらしていただけるとうれしいです。
まだ早いですが、どうぞご予定に組み込んでいてください。


********************************************************

 フォルテピアニシモ vol.6 ~ 届かないかたち ~

http://homepage2.nifty.com/paperpiano/todokanai.html


ataraxia.jpg

写真 
岡田 敦
 

 この空はあなたに続く蒼さもつ あなたがわたしを忘れる日にも
 

    伊津野 重美  朗読     mori-shige  cello


日時:2010年11月3日(水)12:30 開場/13:00 開演

場所:STAR PINE'S CAFE

料金:前売 2,500円  当日3,000円 (別途ドリンク代)
   チケット店頭発売 10月3日(日)より

STAR PINE'S CAFE http://www.mandala.gr.jp/

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-20-16 B1  TEL:0422-23-2251
→ 吉祥寺駅より徒歩3分
吉祥寺駅・北口を出て、吉祥寺大通りを北に直進し、
ヨドバシカメラを越えた角を右折。
20mほど進むと左手にSTAR PINE'S CAFEが見えてきます。

*小学生以下のお子様のご来場はご遠慮くださいますようお願い申し上げます


 ◇ 伊津野 重美  Emi ITSUNO

1995年より作歌を、2000年より朗読の活動を始める。
2005年に第一歌集 『紙ピアノ』(写真/岡田 敦)を風媒社より刊行。
2010年に写真集『ataraxia』(岡田敦・伊津野重美)を青幻舎より刊行。
詩誌『生命の回廊』発行・編集。
2007年より朗読ライブシリーズ「フォルテピアニシモ」を開始する。
自らの企画で演出、出演をこなしながら、他の作家や他ジャンルとの
コラボレーション作品の制作にも積極的に取り組んでいる。
空間と時間までも<詩>へと昇華させる朗読は、祈りのようでもある。
http://homepage2.nifty.com/paperpiano/


 ◇ mori-shige  

様々な音楽活動を経て、チェロによる独特な即興演奏を行う。
国内外の音楽家、舞踏家、アーティスト等と数多く共演。
従来のチェロの奏法にとらわれない自由な演奏から生み出される
その音響は、繊細でありながら自在にして豊饒である。
2009年にチェロとピアノのソロによる即興演奏で構成されたCD "fukashigi" を発表。
音楽活動以外にも、本名である森重靖宗 morishige yasumune として、
2010年5月に、初の写真作品集 "photographs" を powershovel books より出版。
http://www.mori-shige.com/

                        fortepianissimo vol.6

********************************************************
◇ 雨の匂い 虹の匂い vol.2 ◇出演者プロフィール
「雨の匂い 虹の匂い vol.2」の出演者プロフィールを公開しました。

ちょうど雨の季節ですね。

どうぞよろしくお願いいたします。


*****************************************************

  ◇ 雨の匂い 虹の匂い vol.2 ◇
http://homepage2.nifty.com/paperpiano/ameniji2.html


2010年7月10日(土)
開場 18:30  開演 19:00

朗読  飯田 有子 伊津野 重美 浦 歌無子 キキ 小夜

料金 2,000円(1ドリンク付)
場所 名曲喫茶「ミニヨン」
http://members.jcom.home.ne.jp/stmera/mignon/mignon1map.html

JR中央線、営団地下鉄丸の内線、荻窪駅南口徒歩3分
お問合せ TEL: 03-3398-1758
住所 〒167-0051 東京都杉並区荻窪4-31-3マルイチビル2F

主催・企画    伊津野重美
お問い合わせ   officepigeonblood@yahoo.co.jp

*小学生以下のお子様のご来場は、ご遠慮くださいますようお願い申し上げます


   ◇ 出演 ◇

飯田 有子 Arico IIDA
 「かばん」所属
 歌集「林檎貫通式」(BookPark刊)
 http://nishiogiparasol.blog78.fc2.com/


伊津野 重美 Emi ITSUNO 
  歌集『紙ピアノ』(写真*岡田敦/風媒社)
  写真集『ataraxia』(岡田敦・伊津野重美/青幻舎)
  詩誌『生命の回廊』発行・編集  
  朗読ソロライブシリーズ「フォルテピアニシモ」 
  http://homepage2.nifty.com/paperpiano/ 


浦 歌無子 Kanako URA
 詩集『耳のなかの湖』(ふらんす堂)(第十五回中原中也賞最終候補作)
 詩誌『水字貝』(つきしろ書房)
 作品集『水月』『雲の指』『薄荷糖』他(つきしろ書房)
 http://tsukishiro.net/


キキ  Kiki
 2000年頃より詩作、朗読を始め、
 近年は朗読イベントのプロデュースも行う。
 小詩集『夏虫』『雨冠』『冬底』(私家版)
 http://www7b.biglobe.ne.jp/~fish/


小夜 Saya
 インターネットで詩を発表しつつ、朗読も行う。
 イシダユーリ、嘉村奈緒との朗読ユニット「ワニラ」に所属。
 近年は、東アフリカのダンスと太鼓の活動も行っている。
 http://members.at.infoseek.co.jp/fukidamarist/

*****************************************************
『きみ去りしのち』 まほろば
気がつくと私は、最近とみに喪失と再生の物語ばかりを読んでいるようだ。
いや、それは、ずっと前からだった。別れの準備をしてきたのだろう。

重松清の『きみ去りしのち』は、子供を亡くしてしまった男の魂の回復の物語だった。
巡礼のような旅のなかで、人と出会い、大切な人を失った悲しみやその後のそれぞれの人生と向き合う。そして、また一つの命を見送る。
その過程のなかで命を見つめ人間を見つめ、幼い我子を死なせてしまった悔恨とその悲しみから立ち直ってくる。

流氷や月虹や砂時計の話などが美しい。
そして、日本の風土…
私も目にしたことのある、天草の精霊流しや、去年行ったばかりの出雲も出てきて懐かしい。
そして、祖父の告別式のため5月に帰った際に、後片付けなどで一週間ほどを空けていたのだが、納骨までその日に終わってしまい、思いがけずに早くフリーになってしまい、五月晴れのなか、天草か阿蘇に足を伸ばそうかよほど迷った。
が、疲れていて、どこにも寄らずに帰ってきた。

子供の頃から熊本に度々帰りながらも、私は草千里も不知火も見たことがない。
九州への帰省は、いつもずっと重いものだったが、今では、懐かしい友人達がいる大切な場所の一つになった。

大人であるかぎり誰もが、大切な人の喪失の苦しみのなかを生きている。
そして、生きているかぎり、苦悩は次々に起きてくる。悲しみは、薄れても消えることはない。
だが、辛い思い出も、それに向かい合い乗り越えようとする現在の自分の意志や、何より大切な人の存在や笑顔によって塗り替えられ、新しい未来になることができるのだ。

祖父の初めての法要が終わった。


 この世で過ごす最後の場所は、まほろばであってほしい。亡くなったひとが見ることは叶わなくても、あのひとは美しい景色の中を旅立っていったのだ、と思っていたい。
(『きみ去りしのち』 重松清)
WILL 2
絶不調は、どうやら越えることができたらしいものの、いつも以上に朦朧とした頭と目眩する体に鞭打って、なんとか日常に戻ろうとするが体が弱ると脳も弱り、今までにないようなミスを続けてしてしまい、どうかしている。
特に人に対して失礼なことになってしまうようなことは、申し訳なく情けない。

動けなくなるといけないので寝込むほどではない限り、リハビリは余程でないと続けていたが、止まっていた通院をよろよろと始める。何科も回らなければいけないところがあるが、何かあると、どうしてもしなくてはいけないことをこなしていくだけで精一杯で、その他のことは止まってしまい、緊急性のない科への通院は、後回しになってしまう。

昨年晩秋のライブと、年末の『ataraxia』の出版、そして、前のライブの疲労が癒えないうちに、いつもより早いサイクルでの、『ataraxia』の出版記念ライブへと続き、ヘトヘトだったので秋から病院に行っていないかと思っていたが、行くことを止めていた3つの科へは夏から行っていなかった。
ぱったり止まってしまった夏には、何があったのだったかと思い返すと、刊行準備はもともとしていたものの、その頃から、いよいよ出版へ向けて出版社での打ち合わせが入り始めた時期だった。
私は田舎に住んでいるので、都内での打ち合わせは、最低で往復3時間、場所や時間によっては4時間以上になることも少なくなく、夜の打ち合わせの時には、帰宅は深夜を越える。短時間の打ち合わせであっても、私の体には、ただ行って帰ってくるだけが、なかなか大仕事で、翌日は使いものにならない。よくもってくれた。

そんななか、5月に亡くなった祖父の初めての法要の準備も重なり、私なりの完全な日常復帰には、まだ遠い。
人の死後の法事関係は、遺された者の心の区切りをつけてゆくための儀式でもあるのだろう。悲しみに沈んでばかりもいられず、日常以上の日常に追い立てられ、一つ終えるごとに一つ区切りを付け、一つずつ責任を果たして、悔恨の思いの荷を減らしてゆく。
遠隔地からの老々介護となった両親のサポートを、半日をずっと起きていられない十分の一人前くらいの私がしているので、ぼろぼろである。

本多孝好の『WILL』は、たくさんの死や遺族と死者のエピソードを経験しながら、十代の時に突然の両親の死を十年以上を経て、世界へ回帰してくる女性の物語だった。
ひとりぼっちになったと思っていたのは違ったのだ。いつもたくさんの手が差し伸べられていて、見ようとしていないのは、心を閉ざしていた自分自身だったと気づく。そのなかに差し伸べられた手には、逝った者の手も含まれていたのだ。
冒頭と最後では、「私」の遺骨への、そして、死への意識が変わる。

私は、死者の骨を拾わされるのは、残酷な風習だと思っていた。
死なれるのは、失うことだと思っていた。けれども、そうではないのだ。
私もいくつかの死を経て、この主人公の未来という名をもつ女性のように、骨は、遺される者のために、敢えて残されたものだと、遺された者は、亡き者の愛に包まれているのだということを体感的に知った。

私は、作品以外の何も残したくなかった。作品以外の自分の言葉を、なるべく消してしまうのも、手紙を書きたくないのも、作品以外の写真を撮られたくないのも、自分を残す嫌悪であった。けれども、生きているかぎり、どうしても残ってしまう。
だったら、残せばいいのだ。
醜悪も何もかも。そのまま。試行錯誤も過ちも、生きた証なのだ。

キリスト教文化では、魂が帰ってしまった肉体は、あまり重きをおかれないことが多いようだ。けれども、日本人は、遺骨や遺髪を大事にする。
両親は、私の飼っていた文鳥の羽根を食器なども入っているサイドボードに入れて飾っていた。わけではなく、いとおしんで残していた。

骨を拾うというのは、実は優しい愛情に満ちた風習で、骨を拾ってくれというのは、愛の言葉だったのだなあ。私は、まだ子供で、大切なものを亡くしたのは今まで文鳥しかなかったので、分からなかったのだ。
そういえば、一度それに近いことを言われたことがある。れいこさんにだけど…
私が、よれよれになっていて、もういつまでもつか分からないと気弱なことを言った時に
「だめだよ。先に逝ったら。のえみは、私の骨を拾わなければいけないんだからね。」

・・・そうなのか?
それは、ともかくも、骨を拾うのも拾われるのも、懸命に生きた後の話だ。

生きましょう。



 いっそすべて燃やしてしまえばいいのに。
 いつもの感想が頭に浮かんだ。焼き場では、遺族が骨を拾えるよう、適度に温度を調節しながら遺体を焼く。その遺族に対する心遣いが、いつも私にいたたまれない思いを宿す。その骨は死者の思いが形となって残ったもののように思えてしまう。いっそすべて燃やしてしまえば、死者の思いは余すところなくすべて空に吸い上げてもらえるのではないだろうか。私にはそんな風に感じられてしまう。  p12



「お骨を拾ってください」
 竹井が静かに言った。
 私は目を閉じた。思い出せるだけのすべてを思い起こした。すべての言葉。すべての表情。すべての動き。すべての情景。分け隔てられない曖昧な記憶が頭の中で渦になった。巡る巡る渦が動きを止めることはなかった。
 ああ、と私は思った。
 残せばいいのだ、と私は気づいた。燃え尽きることのない思いはこの世に留めて、この世に残ったものがしっかりと拾えばいい。 p316
(本多孝好 『WILL』 集英社)
 ◇ 雨の匂い 虹の匂い vol.2 ◇
ameniji2_rogo.jpg



私が九州公演でご一緒させていただいた浦 歌無子さんを、都内でぜひご紹介したいと、ずっと思っていました。
今年のポエケットにゲスト出演されるとのことで、その前日に小さな朗読会を企画してみました。

浦 歌無子さんは、今年の中原中也賞の最終候補にもなっていた『耳のなかの湖』(ふらんす堂)を上梓されたばかりです。

また他のご出演者も、私をいつも支えていただいている大好きな友人達です。
ソロライブで疲れていて、このような朗読会を企画するのは久しぶりで、前の「雨の匂い 虹の匂い」からは4年ぶりになります。
前の「雨の匂い 虹の匂い」は私が、短歌も詩もポエトリーリーディングも、ジャンルの壁を越えてつながってゆきたいと思って作った会でありました。ご出演者のみなさまのご協力でよい会にしていただき、たいへん反響の大きかったものです。タイトルの命名とフライヤーデザインも、キキさんになります。
このブログでも、検索をすると前にいただいた感想をお読みいただけます。

また架け橋のような会にできればと思います。
翌日のポエケットとあわせまして、どうぞよろしくお願いいたします。

*****************************************************

  ◇ 雨の匂い 虹の匂い vol.2 ◇
http://homepage2.nifty.com/paperpiano/ameniji2.html

2010年7月10日(土)
開場 18:30  開演 19:00

朗読  飯田 有子 伊津野 重美 浦 歌無子 キキ 小夜

料金 2,000円(1ドリンク付)
場所 名曲喫茶「ミニヨン」
http://members.jcom.home.ne.jp/stmera/mignon/mignon1map.html

JR中央線、営団地下鉄丸の内線、荻窪駅南口徒歩3分
お問合せ TEL: 03-3398-1758
住所 〒167-0051 東京都杉並区荻窪4-31-3マルイチビル2F

主催・企画    伊津野重美
プロフィール

いつのえみ

Author:いつのえみ
伊津野重美 

第一歌集『紙ピアノ』
1st Album『ひかりの素足』
詩誌『生命の回廊』発行・編集。

********************

フォルテピアニシモ vol.15
 
~ All can sing ~

http://paperpiano.la.coocan.jp/sing%20html.html

伊津野 重美 朗読

2017年11月3日(金・祝)
12:30 開場/13:00 開演

場所:STAR PINE'S CAFE

前売・予約¥2,500円+1drink
ペアチケット前売・予約のみ
     ¥4500+2drink
当日¥3,000円+1drink
チケット前売発売10月3日より
 前売は店頭販売かweb予約
予約アドレス
https://ssl.form-mailer.jp/fms/f7f014c8172636

STAR PINE'S CAFE
http://www.mandala.gr.jp/

**********************

伊津野重美 1st Album 

『ひかりの素足』
歌人伊津野重美による初の朗読アルバム。
ゲストにチェリスト森重靖宗を迎えて、
宮沢賢治の童話「ひかりの素足」と
日本近代詩の抒情世界を精緻に紡ぐ。

全9曲、48分。定価 2,500+税

**********************

「生命の回廊 vol.3
『えーえんとくちから 
  笹井宏之作品集』特集号」

2011年11月刊行

井口和泉 浦歌無子 
岸田将幸 斉藤斎藤
斉藤倫 樋口由紀子
ひろたえみ 三角みづ紀
ヤリタミサコ 夕暮マリー
伊津野重美

最近の記事
カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ内検索