スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千葉日報 「ataraxia」

歌人の内奥を解放した快楽 「ataraxia」

リストカッターたちを写した衝撃作「Iam」(赤々舎)は、第33回木村伊兵衛賞受賞から2年近く経たいまも記憶に鮮明に残る。若者たちの手首に無数に刻まれた傷跡は「生」の中に存在する「死」、「死」の中に存在する「生」を悲痛に叫んでいる。岡田は被写体との間に緊張関係を築きながら、魂の叫びをフィルムに焼き付ける。そんな鋭い観察眼を持った写真家の受賞後第一作だ。

 この本は歌人、伊津野重美との合作。タイトルは古代ギリシャの哲学者エピクロスの思想で、外的なものにとらわれない精神的快楽を意味するといい、岡田はここでは受賞作の外から内ではなく、内から外へと表現手法を変えている。

 歌人の精神世界が広がっていく。長時間露光によって蒼(あお)い海に白い波が雲のごとく渦巻く。神秘的な美しさが底なしの静謐(せいひつ)をたたえている。なぜか既視感を伴った居心地のよさを感じる。蒼い海が母胎に似た安らぎを与えるからだろう。「薄羽をもがれ…」。傷ついた歌人が海に身を委ね、ゆっくりとまどろむ。

 伊津野のつむいだ言葉が、写真の一枚一枚を招き寄せる。岡田がシャッターを切った瞬間に歌人の内宇宙が二次元の像を結ぶ。その映像の大海を遠泳していると、息継ぎするのも忘れるほどの快感に酔う。つまり、結像後が私たち見る側の精神的快楽の出発点となるのだ。

 中盤に生命の輝きがほとばしる。満開に咲き誇るマンジュシャゲ。画面いっぱいに枝を張った大イチョウ。紅と黄が太陽の光を浴びて、命の限りを燃やし尽くす。

 「ほとばしる 声 波 光 ほとばしる…」

 風に揺れるススキ野原で、歌人がもろ手を挙げて天空を仰いでいる。現世の苦痛と快楽を乗り越え、命に対して敬虔(けいけん)な祈りの心境を、ハイキー調で表している。岡田の目は常に人の外皮を透過して内奥を見つめ、そして手は時に意図的な技法によって、精神世界を視覚化するのである。
(文化部 安原直樹)
スポンサーサイト

新居昭乃 弾き語りLIVE TOUR 2010 "Little Piano"

前にお知らせしました新居昭乃さんのライブツアー
新居昭乃 弾き語りLIVE TOUR 2010 "Little Piano"は、追加公演も出ていますが、
既に売り切れの日もあるようです。
ご予約はお早めに!

特に地方の方はチャンスですので、この機会に昭乃さんの光の世界に触れていただきたいです。
ぜひお運びください。

『短歌』4月号にて『生命の回廊』

角川『短歌』4月号「歌誌展望」にて沖ななも氏により、『生命の回廊』笹井宏之さんの追悼号を取り上げていただき、それぞれの文章や作品も引いていただきました。ありがとうございました。
斉藤倫さんの詩への言及もあり、うれしいです。
倫さんの笹井さんに近い詩性…短歌の方にも知っていただけて、安堵しました。
改めてご執筆者のみなさまに感謝いたします。

桜がまた咲き始め、偲ぶ会からも1年経ちました。
4月4日のライブ「フォルテピアニシモ」でも、また笹井さんの作品も、読ませていただきます。

笹井宏之さんの作品が、少しでも遠くまで届きますように。

「フォルテピアニシモ vol.5 『ataraxia』出版記念~」前売開始

4月4日の「フォルテピアニシモ vol.5 ~『ataraxia』出版記念~」会場での前売チケットの発売が開始されています。
メール予約・電話予約はございませんのでご注意ください。

私の歌集『紙ピアノ』でコラボレーションした写真家の岡田敦さんと、再び1冊の本を創り上げました。
今回は、その『ataraxia』の出版を記念するライブとなりました。
岡田さんの美しい写真をステージに映写していただきます。
新しいコラボレーション、そして、私達の5年間の共同作業の集大成になるような公演を目指してます。

また、私のソロライブシリーズ「フォルテピアニシモ」は、今回で5回目となりました。
当初、まずは3回、できれば5回を目指してきたものですので、感慨深いです。
このうえでも、今までの「フォルテピアニシモ」の総括となるようなライブに仕上げたいと思っています。
懐かしい作品も読む予定です。また、新しい作品も執筆中です。
ぜひ、お誘い合わせのうえ、ご来場をお願いいたします。

なお、下記をコピー&ペーストのうえ、情宣にご協力をいただけましたら、ありがたく幸せです。
どうぞよろしくお願いいたします。

桜の季節に、吉祥寺でお会いいたしましょう。


*************************************************************

フォルテピアニシモ vol.5 ~『ataraxia』出版記念~
http://homepage2.nifty.com/paperpiano/ataraxialive.html


 薄羽をもがれ吹かれて辿り着くataraxiaに遍し 光
 

   伊津野 重美  朗読       
                      岡田 敦  写真


okada_06_s.jpg

  

日時:2010年4月4日(日)12:30 開場/13:00 開演

場所:STAR PINE'S CAFE

料金:前売 2,500円  当日3,000円 (別途ドリンク代)
   チケット店頭発売 3月1日(月)より

STAR PINE'S CAFE http://www.mandala.gr.jp/

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-20-16 B1  TEL:0422-23-2251
→ 吉祥寺駅より徒歩3分
吉祥寺駅・北口を出て、吉祥寺大通りを北に直進し、
ヨドバシカメラを越えた角を右折。
20mほど進むと左手にSTAR PINE'S CAFEが見えてきます。

*小学生以下のお子様のご来場はご遠慮くださいますようお願い申し上げます


 ◇ 伊津野 重美  Emi ITSUNO

1995年より作歌を、2000年より朗読の活動を始める。
2005年に第一歌集 『紙ピアノ 』(写真/岡田 敦)を風媒社より刊行。
詩誌『生命の回廊』発行・編集
写真集『ataraxia』(岡田敦・伊津野重美 青幻舎)
自らの企画で演出、出演をこなしながら、他の作家や他ジャンルとの
コラボレーション作品の制作にも積極的に取り組んでいる。
2007年より朗読ライブシリーズ「フォルテピアニシモ」を開始する。
空間と時間までも<詩>へと昇華させる朗読は、祈りのようでもある。
http://homepage2.nifty.com/paperpiano/


 ◇ 岡田 敦  Atsushi OKADA

富士フォトサロン新人賞(2002年)
第33回木村伊兵衛写真賞(2008年)を受賞。
『Platibe』(窓社) 『Cord』(窓社)
『紙ピアノ』(短歌/伊津野重美 写真/岡田敦 風媒社)
『I am』(赤々舎) 
『ataraxia』(岡田敦・伊津野重美 青幻舎)
http://www2.odn.ne.jp/~cec48450/


本公演では、岡田敦 木村伊兵衛写真賞受賞後第一作
「ataraxia」の写真をステージに映写する。

写真集「ataraxia」(岡田 敦・伊津野重美 青幻舎)
◆判型:255mm×257mm ◆総頁72頁 ◆上製 
◆予価:3,360円(本体3,200円+消費税) ◆発行:2010年1月1日
http://www.youtube.com/watch?v=94R305JirJY

              fortepianissimo vol.5 ~ ataraxia ~

********************************************************

毎日新聞 北の書棚 「ataraxia」

北の書棚:岡田敦、伊津野重美・著「ataraxia」 /北海道

 ◆「ataraxia(アタラクシア)」

 (青幻舎 電話075・252・6766)

 岡田は稚内市出身の気鋭の写真家。リストカットの若者たちをとらえた「I am」で08年に木村伊兵衛写真賞を受賞した。今回は受賞後の第一作。歌人、伊津野重美とのコラボレーションで、前作とは一変して耽美(たんび)な世界を醸し出す。

 「アタラクシア」は古代ギリシャの哲学者エピクロスの思想。外的なものにとらわれない精神的な快楽を意味するという。

 海や山、森、花畑、雪原……。一人の女性がたびたび登場し、風景と一体化しつつも、その存在感が浮かび上がってくる。

 ススキが一面に広がる草原で、両手を掲げ、祈るかのように空を見上げる女性。「精神的幸福とは、祈りの心境に近いのかもしれない」と岡田。ページをめくるごとに、命の輝きとともに危うさをもを感じさせる。(76ページ、定価3360円)

毎日新聞 3月21日朝刊(北海道版)

北海道新聞 ―2010年1月8日 『「araraxia」』

北海道新聞 ―2010年1月8日

 岡田敦さん  聖書にも似た祈りの世界

薄紫色の湖面に妖しく浮かぶ女性。雪景色に砂浜に吸い寄せられる女性。
暗い森のこけむした老木・・・
すべて自然光で撮ったという作品群からは、人間由来の雑音は聞こえてこない。
人間は自然の一部というイメージが伝わっってくるようだ。

作品に登場する女性は歌人の伊津野重美さん。
「伊津野さんは優れた言葉の表現者ですが、同時に、僕が撮りたいと思うけれど
言葉にならないイメージを共有してくれる貴重な存在」。


okada-hokkaidoshinbun.jpg

写真集『アタラクシア』刊行記念展示

nadiff_dm.jpg



abc_dm.jpg

ABC六本木店にて『ataraxia』フェア

青山ブックセンター六本木店で3月31日まで 『ataraxia』(岡田敦・伊津野重美 著)のフェアをしていただいています。

4月4日の「フォルテピアニシモ vol.5 ~『ataraxia』出版記念~」のチラシもどこかに置いてありますので、お近くを通りましたら、ぜひご覧になってみてください。


縲窟BC蜈ュ譛ャ譛ィ縲・_OKA1431



縲窟BC蜈ュ譛ャ譛ィ縲・_OKA1418

 

縲窟BC蜈ュ譛ャ譛ィ縲・_OKA1425



縲窟BC蜈ュ譛ャ譛ィ縲・_OKA1427



縲窟BC蜈ュ譛ャ譛ィ縲・_OKA1407

プロフィール

いつのえみ

Author:いつのえみ
伊津野重美 

第一歌集『紙ピアノ』
1st Album『ひかりの素足』
詩誌『生命の回廊』発行・編集。

********************

フォルテピアニシモ vol.15
 
~ All can sing ~

http://paperpiano.la.coocan.jp/sing%20html.html

伊津野 重美 朗読

2017年11月3日(金・祝)
12:30 開場/13:00 開演

場所:STAR PINE'S CAFE

前売・予約¥2,500円+1drink
ペアチケット前売・予約のみ
     ¥4500+2drink
当日¥3,000円+1drink
チケット前売発売10月3日より
 前売は店頭販売かweb予約
予約アドレス
https://ssl.form-mailer.jp/fms/f7f014c8172636

STAR PINE'S CAFE
http://www.mandala.gr.jp/

**********************

伊津野重美 1st Album 

『ひかりの素足』
歌人伊津野重美による初の朗読アルバム。
ゲストにチェリスト森重靖宗を迎えて、
宮沢賢治の童話「ひかりの素足」と
日本近代詩の抒情世界を精緻に紡ぐ。

全9曲、48分。定価 2,500+税

**********************

「生命の回廊 vol.3
『えーえんとくちから 
  笹井宏之作品集』特集号」

2011年11月刊行

井口和泉 浦歌無子 
岸田将幸 斉藤斎藤
斉藤倫 樋口由紀子
ひろたえみ 三角みづ紀
ヤリタミサコ 夕暮マリー
伊津野重美

最近の記事
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。