ataraxia』(岡田敦・伊津野重美 青幻舎)全国書店で販売中です。


現在、TSUTAYA六本木・ABC本店にてフェア展開中です。


blog1002101.jpg
TSUTAYA六本木店内



blog1002102.jpg
左/TSUTAYA六本木店内 右/青山ブックセンター本店内





「ataraxia」

岡田敦の新作は耽美的だ。ページを繰ると、濃密で鮮やかな色彩が踊る。打ち寄せる波の深い青、彼岸花の強烈な赤、降り積もったイチョウの黄色。歌人の伊津野重美とのコラボレーションで、独特の詩的世界を描き出した。

 リストカットする若者を写した木村伊兵衛賞の受賞作「I am」からずいぶん飛躍したようにみえるが、繰り返し眺めるうちに深い部分でつながっているようにも思えてきた。タイトルのアタラクシアは「平静な心の状態」という意味。伊津野が詠う。《薄羽をもがれ吹かれて辿り着くataraxiaに遍し 光》。それは切実な祈りに聞こえる。(青幻舎・3360円)

3月20日(土)産経新聞朝刊読書欄
http://sankei.jp.msn.com/culture/books/100220/bks1002200745002-n1.htm
お待たせいたしました。
『ataraxia』書店でも発売開始しております。
ぜひ店頭にてお手に取って、ご覧ください。

写真集の様子は、こちらのPVでもご覧いただけます。 ↓

                                『ataraxia』


なお、青幻舎ホームページ、amazonなどでも、おもとめいただけます。

4月4日のライブ「フォルテピアニシモ vol.5 ~『ataraxia』出版記念~」も併せまして
どうぞよろしくお願いいたします。




写真集『ataraxia』 岡田敦・伊津野重美 著

岡田敦/木村伊兵衛写真賞受賞第一作
写真集『ataraxia』アタラクシア
2010年1月1日 初版発行 (株)青幻舎

 薄羽をもがれ吹かれて辿り着くataraxiaに遍し 光  伊津野重美


写真家・岡田敦と歌人・伊津野重美が紡ぎだす美しい世界、アタラクシア・・・。
前作『I am』(赤々舎、2008年)とは対照的ともいえる、気鋭写真家の新たな境地。
写真の中に潜む “ 光 ” や “ 祈り ” のような世界を、この機会に是非ご覧ください。



闇から光へ
物質的、あるいは肉体的快楽を超えたところにある精神的幸福とは、
祈りの心境に近いのかも知れない。          ― 岡田 敦


□ 判型:255mm×257mm □ 総頁72頁 □ 上製(ハードカバー)
□ 予価:3,360円(本体3,200円+消費税)
□ 著者:岡田敦・伊津野重美
□ 編集:田中壮介
□ 造本装幀:原拓郎
□ プリンティング ディレクター:谷口倍夫
□ 発行者:安田英樹
□ 発行所:株式会社青幻舎
□ 印刷・製本:株式会社サンエムカラー
□ ISBN 978-4-86152-233-8 C0072


********************************************************

フォルテピアニシモ vol.5 ~『ataraxia』出版記念~
http://homepage2.nifty.com/paperpiano/ataraxialive.html


 薄羽をもがれ吹かれて辿り着くataraxiaに遍し 光
 

   伊津野 重美  朗読  
   岡田 敦  写真


日時:2010年4月4日(日)12:30 開場/13:00 開演

場所:STAR PINE'S CAFE

料金:前売 2,500円  当日3,000円 (別途ドリンク代)
   チケット店頭発売 3月1日(月)より

STAR PINE'S CAFE http://www.mandala.gr.jp/

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-20-16 B1  TEL:0422-23-2251
→ 吉祥寺駅より徒歩3分
吉祥寺駅・北口を出て、吉祥寺大通りを北に直進し、
ヨドバシカメラを越えた角を右折。
20mほど進むと左手にSTAR PINE'S CAFEが見えてきます。

*小学生以下のお子様のご来場はご遠慮くださいますようお願い申し上げます


 ◇ 伊津野 重美  Emi ITSUNO

1995年より作歌を、2000年より朗読の活動を始める。
2005年に第一歌集 『紙ピアノ 』(写真/岡田 敦)を風媒社より刊行。
詩誌『生命の回廊』発行・編集
写真集『ataraxia』(岡田敦・伊津野重美 青幻舎)
自らの企画で演出、出演をこなしながら、他の作家や他ジャンルとの
コラボレーション作品の制作にも積極的に取り組んでいる。
2007年より朗読ライブシリーズ「フォルテピアニシモ」を開始する。
空間と時間までも<詩>へと昇華させる朗読は、祈りのようでもある。
http://homepage2.nifty.com/paperpiano/


 ◇ 岡田 敦  Atsushi OKADA

富士フォトサロン新人賞(2002年)
第33回木村伊兵衛写真賞(2008年)を受賞。
『Platibe』(窓社) 『Cord』(窓社)
『紙ピアノ』(短歌/伊津野重美 写真/岡田敦 風媒社)
『I am』(赤々舎) 
『ataraxia』(岡田敦・伊津野重美 青幻舎)
http://www2.odn.ne.jp/~cec48450/


本公演では、岡田敦 木村伊兵衛写真賞受賞後第一作
「ataraxia」の写真をステージに映写する。

写真集「ataraxia」(岡田 敦・伊津野重美 青幻舎)
◆判型:255mm×257mm ◆総頁72頁 ◆上製 
◆予価:3,360円(本体3,200円+消費税) ◆発行:2010年1月1日
http://www.youtube.com/watch?v=94R305JirJY


                  fortepianissimo vol.5 ~ ataraxia ~

*******************************************************
今年の高見順賞は、岡井さんのことばかりに目が釘付けで、もうお一方を完全に見落としいたことに、賞の贈呈式のお知らせが来て気付く。私の目は節穴です…

岸田将幸さんの『<弧絶>-角』が第四十回高見順賞を受賞されました!
岡井さんと同時受賞も、なんだかとてもうれしいです。

岸田さんは、私が主催した「+crossing」というイベントにもご出演いただきました。私は、岸田さんの詩も朗読も大好きです。
その時は、まだキキダダマママキキさんというお名前でした。この名前で出された『死期盲』(思潮社)という詩集も素晴らしいです。

今回受賞された『<弧絶>-角』は、しかも著者自装で、すべてにわたって意識的で神経が行き渡っていて凄く、いろんな面で痺れます。
ここにも、若き俊英がいる…




淋しがっている
それはいつも
報われていた
尻尾がひとつ垂れ
風は止む
ひん曲がった太陽
言い伝えのように鋭く翳れ
             
        (岸田将幸『<弧絶>-角』 思潮社)
岡田敦『ataraxia』 青幻舎 3360円

2007年度木村伊兵衛写真賞受賞後、初となる写真集。
「アタラクシア」とは古代ギリシアの哲学者エピクロスが唱えた
思想で、外的なものにとらわれない精神的快楽の意。
歌人の伊津野重美とのコラボレーションのもと、波や樹木、花々など
自然の生命のうねりを写し撮った妖艶かつ幻想的な光景が広がる。

(『美術手帖 』 2010年2月号 記事掲載文より)
新居昭乃さんの弾き語りのライブが決まりました!

昭乃さんのライブ、地方でもあるといいのになー。
地方の方にも見せたいなーと勝手に思っていましたので、実現がうれしいです。

あまりない機会ですので、どうぞお見逃しなく!
いつもいらしている方も、いつもと違った雰囲気になるはずです。
新しい楽器も登場するようで、楽しみです。

新居昭乃 弾き語りLIVE TOUR 2010 "Little Piano"
4月から5月にかけてライブツアー横浜・福岡・仙台・東京・名古屋・大阪です。

昭乃さんのライブDVD『新居昭乃 LIVE 2009 ソラノスフィア』も、素晴らしいですよ。
本日2月7日の日本経済新聞朝刊読書欄にて『ataraxia』(岡田敦・伊津野重美 著)ご紹介いただきました。

この『ataraxia』は、私の第一歌集『紙ピアノ』でコラボレーションした岡田敦さんと、今度は最初から一緒にコンセプトを話し合いながら世界を創り上げた写真集です。
短歌と、たまに写っている人型のものは私です。
大きな書店には、配本されているのではないかと思います。
写真集コーナーにて、ぜひお手にとってご覧ください。

*

ainosato.jpg


アタラクシア 岡田敦・伊津野重美著

 アタラクシアとは、古代ギリシャの哲人エピクロスが理想に掲げた「心の平静」を示す精神的快楽世界のこと。2007年度の木村伊兵衛賞を受賞した写真界の若き俊才・岡田敦が、その境地を四季の鮮やかな彩りの中に視覚化して見せた写真集。波にたゆたい、雪原に天を仰ぎ、イチョウに抱かれて眠る女性の姿は、自然との一体感がもたらす安らぎの象徴だろうか。歌人・伊津野重美の歌がイメージを深めている。(青幻舎・3200円)

プロフィール

いつのえみ

Author:いつのえみ
伊津野重美 

第一歌集『紙ピアノ』
1st Album『ひかりの素足』
詩誌『生命の回廊』発行・編集。

********************

フォルテピアニシモ vol.15
 
~ All can sing ~

http://paperpiano.la.coocan.jp/sing%20html.html

伊津野 重美 朗読

2017年11月3日(金・祝)
12:30 開場/13:00 開演

場所:STAR PINE'S CAFE

前売・予約¥2,500円+1drink
ペアチケット前売・予約のみ
     ¥4500+2drink
当日¥3,000円+1drink
チケット前売発売10月3日より
 前売は店頭販売かweb予約
予約アドレス
https://ssl.form-mailer.jp/fms/f7f014c8172636

STAR PINE'S CAFE
http://www.mandala.gr.jp/

**********************

伊津野重美 1st Album 

『ひかりの素足』
歌人伊津野重美による初の朗読アルバム。
ゲストにチェリスト森重靖宗を迎えて、
宮沢賢治の童話「ひかりの素足」と
日本近代詩の抒情世界を精緻に紡ぐ。

全9曲、48分。定価 2,500+税

**********************

「生命の回廊 vol.3
『えーえんとくちから 
  笹井宏之作品集』特集号」

2011年11月刊行

井口和泉 浦歌無子 
岸田将幸 斉藤斎藤
斉藤倫 樋口由紀子
ひろたえみ 三角みづ紀
ヤリタミサコ 夕暮マリー
伊津野重美

最近の記事
カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: