スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡田敦写真展「ataraxia」 / BEAMS JAPAN

beams01.jpg


木村伊兵衛写真賞受賞第一作
岡田敦写真展「ataraxia」(アタラクシア)
BEAMS JAPAN / B GALLERY

〒160-0022 東京都新宿区新宿3-32-6 BEAMS JAPAN 6F
TEL:03-5368-7309

2009年11月19日(木)~12月25日(金)11:00~20:00(会期中無休)
※12/1(火)~12/28(月)の営業時間は、11:00~20:30となります。

クロージングパーティー
2009年12月23日(祝・水) 18:00~20:00


* 展示期間中、『ataraxia(仮称)』(青幻舎)の先行予約を承ります。サイン本の予約可。


■ B GALLERY EXHIBITION
岡田敦写真展「ataraxia」
2008年に写真集『I am』(赤々舎)で“写真界の芥川賞”と言われる木村伊兵衛写真賞を受賞した岡田敦。同年春にビームスジャパンの1Fショーウィンドウにて受賞作より抜粋した作品群で写真展を行ってから、1年半ぶりの個展を開催致します。本展では、12月下旬発売予定の最新の写真集『ataraxia(アタラクシア/仮称)』(青幻舎)の刊行に先駆けて、写真集に収められた未発表の新作を多数展示致します。歌人、伊津野重美とのコラボレーションによって出来上がった美しい世界。この、写真の中に潜む光や祈りの世界は、 前作「I am」とは対照的な作品群となっており、彼の新境地をこの機会に是非ご覧ください。


■ 『物質的、あるいは肉体的快楽を超えたところにある精神的幸福とは、祈りの心境に近いのかもしれない。約二年半前に発表した前作「I am」をつくり終えてから、そんなことを考えていた。今回の新作である「ataraxia」の展示は、“ひとつの作品をつくり終えた”という感覚よりも、“ここから始まる”という感覚のほうが強い。文化とファッションの発祥の地であるこの場所から、新しいスタートを切れることを幸せに思う。』 岡田敦


■ 岡田敦(おかだ あつし)
1979年北海道生まれの写真家。2003年、大阪芸術大学芸術学部写真学科卒業。2008年、東京工芸大学大学院芸術学研究課 博士後期課程修了、博士号取得(芸術学)。受賞暦は冨士フォトサロン新人賞(2002年)、第33回木村伊兵衛写真賞(2008 年)。主な著書に「Platibe」(窓社)、「Cord」(窓社)、「紙ピアノ」(短歌:伊津野重美、写真:岡田敦、風媒社)、「I am」(赤々舎)などがある。
スポンサーサイト

斉藤 倫さん「フォルテピアニシモ vol.4」ご紹介!

詩人の斉藤 倫さんから「フォルテピアニシモ vol.4」のご紹介をいただきました。
ありがとうございました!

倫さんは、「生命の回廊」にもご執筆いただきました。
当日は、この中から、斉藤 倫さんの笹井宏之さんへの追悼作品「はやく明るくなればいい」も朗読させていただきます。

斉藤 倫さんは、第3詩集「さよなら、柩」をご出版されたばかりです。
こちらで知って読んでいただいた方みなさんにご好評で、私までうれしいです。
お求めの方は、ぜひお早めに。



歌人で
熱烈なファンをもつパフォーマーでもある伊津野重美さんの
朗読ソロライブ「フォルテピアニシモ」が
いよいよ
11月1日吉祥寺STAR PINE'S CAFÉにて開催されます。

といいつつ
なにか「開催」ということばは上手くハマらないような気がします。
「イベント」という感じもしないですね。
「出来事」とでもいったほうが近いのかも。
うまくいえないですね。。。
うまくいえるはずもないんですけど。

歌人の笹井宏之さんについてご存じない方は
こちらをごらんください。

一人でも多くの方が笹井さんの歌にふれていただけますように。
伊津野さんも同じことを望んでいらっしゃるとおもいます。

なかはられいこさんより「フォルテピアニシモ vol.4」

もう一人のたましいの姉、なかはられいこさんより、お言葉をいただきました。
ありがとうございました。

川柳作家、なかはられいこさんも「生命の回廊」にご執筆いただきました。

相変わらず、やんちゃです。



いつのえみの、あの朗読を、めいっぱい体感できるひとはしあわせだと思います。
できればたくさんのひとに体感していただきたく。
ちがう世界に連れていってもらえますよ。

「ひとさらい」というのは笹井さんの歌集のタイトルですが、
いつのえみも、実はひとさらいであると、ひそかに思ってます。

村上きわみさん「フォルテピアニシモ vol.4」ご紹介!

たましいの姉、村上きわみさんの「gedo日記」にて、ご紹介ありがとうございました。
きわみさんは、「生命の回廊」にもご執筆いただきました。
当日は、この中から、村上きわみさんの笹井宏之さんへの追悼作品「untitled」も朗読させていただきます。

*******************
だいすきな歌人でたいせつな友人でもある伊津野重美さんのライブがあります。
伊津野さんの朗読はとてもとくべつなものです。
どう「とくべつ」なのかをうまく説明することばを見つけられませんが、
わたしは彼女の朗読を聴いて、自分のなかのあたらしい窓が次々ひらくような経験をしました。
きっと忘れがたい時間になると思いますので、お近くの方はぜひ足をお運びください。

当日は、伊津野さん編集の詩歌雑誌「生命の回廊」の創刊号も先行発売になるようです。
この創刊号は笹井宏之さんの追悼号で、村上も詩のようなものと短歌で参加しています。
お手にとっていただけたらうれしいです。

ひろたえみさんより「フォルテピアニシモ vol.4」ご紹介!

盟友、というか、迷コンビえみえみ、ひろたえみさんのサイト「しゃぼん暮らし」で「フォルテピアニシモ vol.4」ご紹介ありがとうございました!

****************
おおくのひとに待たれているひと、

歌人、伊津野重美さんによるソロ・ライブ第4弾!


この劇場の照明にはしびれます、

前回にひきつづきmori-shigeさんのチェロの音色が
光に闇に響きわたるでしょう。



この一月に夭折されたわかき歌人・笹井宏之さんののこした言葉、音にも
あえるでしょう。


挽歌を超えた挽歌に。

新居昭乃さんより「フォルテピアニシモ vol.4」ご紹介!

シンガーソングライターの新居昭乃さんより「フォルテピアニシモ vol.4」をブログにてご紹介いただきました。ありがとうございました。
私は迷いばかりでありましたが、新居昭乃さんに出逢い、ライブの感想やご意見をいただいたことによって、迷いがなくなりました。
進んでいる方向に間違いがなかったと…
まだまだ手探りの暗中模索の状態には変わりありませんが、ここを抜けると光の方に行くことができると、信じられるようになりました。

一般のアーティストの方々から、ましてや、昭乃さんのような方からしてみれば、駆け出しのひよっこですが、少しずつ進んでゆきたいと思います。
昭乃さんは素晴らしい表現者であるだけでなく、人間として素晴らしく、尊敬できる人で、私の守り神のような方です。
今回のチラシにも昭乃さんからのお言葉を載せさせていただいています。
ほんとうに感謝しています。

その、新居昭乃さんのライブは、心、音楽、照明、映像まで、すべてに行き届き、構築された世界で、日本では他にないライブになっています。次のライブ「水の神殿」は、もうご予約が始まっていますので、よいお席は、どうぞお早めに!



新居昭乃 LIVE 2009 “水の神殿”
2009年12月13日(日)
東京国際フォーラムCホール

【些細】にて「フォルテピアニシモ vol.4」『生命の回廊』ご紹介

笹井宏之さんのブログ【些細】は、現在はご家族の手によって笹井さんにまつわる情報を更新されています。

その【些細】にて「フォルテピアニシモ vol.4 ~笹井宏之に捧ぐ~」と『生命の回廊』についてご紹介いただきました。
ご家族のみなさまの深いお悲しみのなかで、すべてを許しお見守りいただきましたこと、感謝しております。
ほんとうにありがとうございました。



2004.12/7 . ようやく「生命の回廊」にたどりつく。         

         私のたましいの、すべて。

                       ―笹井宏之楽曲集 ―より
                         【SaSa-Note】
プロフィール

いつのえみ

Author:いつのえみ
伊津野重美 

第一歌集『紙ピアノ』
1st Album『ひかりの素足』
詩誌『生命の回廊』発行・編集。

********************

フォルテピアニシモ vol.14
 
~ Keep the holy fire
       burning ~

伊津野 重美 朗読

2016年11月3日(木・祝)
12:30 開場/13:00 開演

場所:STAR PINE'S CAFE

前売・予約¥2,500円+1drink
ペアチケット前売・予約のみ
     ¥4500+2drink
当日¥3,000円+1drink
チケット前売発売10月3日より
 前売は店頭販売かweb予約
予約アドレス
https://ssl.form-mailer.jp/fms/f7f014c8172636

STAR PINE'S CAFE
http://www.mandala.gr.jp/

**********************

伊津野重美 1st Album 

『ひかりの素足』
歌人伊津野重美による初の朗読アルバム。
ゲストにチェリスト森重靖宗を迎えて、
宮沢賢治の童話「ひかりの素足」と
日本近代詩の抒情世界を精緻に紡ぐ。

全9曲、48分。定価 2,500+税

**********************

「生命の回廊 vol.3
『えーえんとくちから 
  笹井宏之作品集』特集号」

2011年11月刊行

井口和泉 浦歌無子 
岸田将幸 斉藤斎藤
斉藤倫 樋口由紀子
ひろたえみ 三角みづ紀
ヤリタミサコ 夕暮マリー
伊津野重美

最近の記事
カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。