<<07  2008,08/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
浦歌無子さん朗読会「薄荷糖」
浦歌無子さんの朗読会は、繊細で丁寧に心をこめて創られたフラジイルで非常に美しい時間だった。
実は前日にお会いしていて、石造りのドックヤードや大観覧車が見える場所でお話しする時間をもっていた。
私は使える時間と体力が僅かなので、申し訳ないのだが打合せ以外に人と、ただ会うためだけに会うことは、ほとんどお断りさせていただいている。特に二人で会う人、会おうと思う人は稀である。しかし、この時は二人でお会いできお話できうれしく、自分が洗われるようであった。

歌無子さんは、こちらでのわずかな滞在時間、またイベント前日で大雨注意報のなか私と会う時間を割いていただいて、ご無理でないか大丈夫かと心配に思っていたが、別れ際に歌無子さんは朗読前に私に会いたかったと言っていただき、このような形で私を必要としてくださる人がいることに感激する。

お話すると表現に対して痛いくらいに純粋で真摯であり、美しく繊細な歌無子さんと自分を比べるのは、おこがましいことであるかもしれないが、表現者として活動し始めたばかりで、今とは別なことで苦しんでいた頃の自分を思い出した。
朗読のスタイルは全く違うのだが、朗読することや作品を発表することへの畏れがあること、そして真摯さ、意識的さや覚悟が似ているのだ。朗読への向かい方で、自分に似ていると思う人は今までになかった。
このような方と出会えたことをほんとうにうれしく思う。

挨拶から朗読に入ると声が変わる。それは、声を作ったとか表面的なことではない。
作品に降り立つのだ。
小さなカフェという地続きの場、観客との近い距離、ホームタウンから遠い初めての場所、きっとやりにくかったことだろうと思うが、観客もみなこの時を大切にしている方々ばかりで、ほとんど目を閉じ静かに聴き入っていた。お手伝いの音響の方も心を込めて接していらして、素人の方には複雑な音入れであったと思うが、歌無子さんの世界を尊重し大切にされていることが分かる方で、一度も間違えたりすることはなかった。

私は最近、会を創ることだけで、あるいは、その日無事にそこに立ち声を出し、自分を1時間もたせることだけで精一杯になってしまっていた。熱情や気迫は失っていないつもりではあるが、そのような思いにだけ引きづられながら邁進し、朗読に丁寧に心をこめることまでは行き届かないでいた。初心を忘れていたことを思い出させていただいた。

九州公演の時には、歌無子さんの朗読は意識的であり驚いたものの、正直言ってテキストが弱いと思っていたが、今回はテキストも朗読も格段によいものになっていて驚いた。
まだあれから1年経っていないのだ…
誠実に心を込め、真摯に打ち込んで努力している人の素晴らしい進歩に舌を巻いた。
一方私は、忙しさや体の弱さにかまけて、怠り過ぎてはいないだろうか…

朗読が終わってから少し間がもたないようだったので、出過ぎであるかと思ったが質問などをしてみた。
私もブログを愛読させていただいている料理研究家の井口和泉さんとの朗読とお菓子とのコラボレーションや最近の美術館での朗読、それに、手作りの豆本の美しい装丁などについて、お訊ねしたかったことを聞くことができよかった。
また初めて朗読を聴きにいらっしゃった方が、たいへん感動されていたことを知り、同じ自作を朗読をする者としてうれしかった。「それは、よい始まりで幸運でしたね」と、思わず言っていた。私は、訓練されたアナウンサーや魅力的な役者の朗読でなく作家の朗読が好きなのだが、残念ながら作家の朗読は、ほとんどが無自覚かエゴ丸出しの嫌なものが多く、美しい時間に出会えることが少ない。

大雨に脅えつつ帰り着くと、珍しく短歌関係の原稿依頼がきていた。
『短歌ヴァーサス』に「短歌は音楽や映像と手を結び、空間や時間を伴う総合芸術になる無限の可能性をも秘めている」と書いた続きを求められている。
私は試行錯誤しつつも、少しでも進んでいるだろうか?
「あらすじ」朗読テキストリスト
「あらすじ ひろたえみ<書>展 地下同行室の三日間」全テキストリスト

詩「小景異情」「けふといふ日」「昨日いらつしつてください」 室生犀星
詩「竹」「遺伝」「大渡橋」 萩原朔太郎 
詩「朝の歌」 中原中也
詩「ぐりまの死」 草野心平  
短歌『桐の花』より 詩「曼珠沙華」「落葉松」 北原白秋
詩「春と修羅 序」「永訣の朝」「堅い瓔珞はまっすぐに下に垂れます」
童話「やまなし」 宮沢賢治
小説『夢十夜』より「第一夜」 夏目漱石
絵本「せかいいち うつくしい 村へかえる」 小林豊
詩「不眠」「パンの話」「日没」「愛」 吉原幸子 
詩「風のうた」 安水稔和
詩「それは 消える字」「骨屑のように」「泥土」 川田絢音
詩「ミラボー橋」 ギョーム・アポリネール 堀口大學 訳
詩「落葉」 ポール・ヴェルレーヌ  上田敏 訳 
詩「私の目を消してごらんなさい」 リルケ
短歌『紙ピアノ』より 詩「ちいさな炎」「れいこ」「紙ピアノ」 伊津野重美
「あらすじ ひろたえみ展 地下同行室の三日間」
書家、詩人、歌人、舞踏家、役者、シンガーでもあるパフォーマーひろたえみさんの書展に「こえ」で出演させていただきます。

ひろたさんの書は、いわゆる書の抹香臭さは一切ありません。自由にして奔放なアートです。
展示仕込みを見て来ましたが、ZAIM地下は巨大インスタレーションになっています。
ボルタンスキーの廃校の展示を思い出しました。

ライブには、私以外にチェロ、身体事も入り、おそらく、ひろたえみさん本人のパフォーマンスも観ることができると思います。
私は、ずっとではありませんが、三日間会場に行き、時々動きます。
あとは、その辺でお散歩しているか、ひろたさんの書の森のどこかに落ちて紙にくるまって寝ているかもしれません。
どうぞ探してお声をおかけください。
11月9日(日)STAR PINE'S CAFEでの私のソロライブ
「フォルテピアニシモ vol.3 ~涯の歌~」の前売チケットも販売します。

私はソロ、えみえみ、その他にダンスとの共演もあるかと思います。
横浜の観光かたがた、この夏の思い出に。

私の友達で来場予定の方は、前もってメールいただけるとうれしいです。
会場に入ってしまうと、圏外になってしまうようです。

そこは異空間・・・・・


----------------------
あらすじ

ひろたえみ<書>展

地下同行室の三日間
----------------------

夏の地下室で文字をかいてゆく。がらんどうの闇のなかで文字をかくひとの
腕のうごきがみえてくる。言葉は変容する。言葉は常に書き換えられている。
(ふいの、声、息、音、) あのひろがり。敷きつめられたものたち。水滴。
言葉に言葉がかさなって壁が皮膜のようにはがれてゆく。
まなざしにまなざしがかさなって光は凝集する。言葉は変容する。


◇ 時について

  8月22日(金) 23日(土) 24日(日) 12:00-20:00


◇ 場について

ZAIM [旧大蔵省関東財務局横浜財務事務所]
本館地下005・006号室

横浜市中区日本大通34
みなとみらい線「日本大通り駅」徒歩2分
JR根岸線・横浜市営地下鉄「関内駅」徒歩5分
TEL:045-222-7030  


◇ 人について

 ■ ひろたえみ/ことば

1986年、多岐にわたる活動を俳優として開始。
1990年頃より、筆で書いた看板、値札、題字、注意書き、
などの文字が静かに評判となる。
1994年WEB上に暦の形をした書き文字の作品「えみめくり」を公開。


 ■ 伊津野重美/こえ

1995年より歌作を、2000年より朗読の活動開始。
2005年第一歌集『紙ピアノ』(写真・岡田敦)を風媒社より刊行。
微かでありながら輪郭のある彼女のこえは、空気の密度を
操るかのように、濃淡を描きながら聞き手の身体に伝わってゆく。


 ■ 喜多尾浩代/からだ

1991年よりソロダンス公演を開始。
2003年、招待を受け多くの海外フェス ティバルに参加。
自ら『身体事』と名づけるパフォーマンスは、
感覚に突き動かされ表現してしまう肉体を曝すことを始まりとして、
虫のようにモノやヒトと交感してゆく。


 ■ 入間川正美/おと

セロの人。1989年より即興演奏に手を染める。
1999年、M's NEXUSを結成 、2000年「Mのネクサス」をリトルモアより発表。
演奏を特徴づける、点描的な音、歪ませながら持続していく音の交錯は、
聞き手の調和を切断してゆく。

パフォーマンスは、会期中不定期に行われます。構成の都合上
重なり合う場合もあります。ひろたは、会場を離れない予定でおりますが、
無人になることもあるかもしれません。その場合も、お気になさらずに、
ごゆっくりご観覧ください。

WEBのPスペース」 ひろたの文字はこちらのWEBに掲載。

◇ お問い合わせ
emilyblackbird@docomo.ne.jp
090-7821-5400
「真夏ふたりの朗読会」再び北陸中日新聞掲載
北陸中日新聞2008年8月5日 黒小


金沢の蓄音器館での公演の当日に北陸中日新聞でご紹介していただきましたが、公演の時の様子も8月5日に掲載していただきました。

しかし、短歌界の言霊師というのは、どうなんでしょう。。

えみえみは、今週末の横浜での、ひろたえみさんの初めての<書>展「あらすじ 地下同行室の三日間」に出没予定です。金沢公演でのことが一部、横浜でもできたらと考えています。

なお、私の次のソロ公演11月9日のSTAR PINE'S CAFE「フォルテピアニシモ vol.3 ~涯の歌~」の前売チケットも持って行く予定です。よろしかったら、お声をおかけください。

ザイム地下は、とてもおもしろいことになっています。
「真夏ふたりの朗読会」北陸中日新聞掲載
北陸中日新聞2008年8月2日小

「真夏ふたりの朗読会」を北陸中日新聞朝刊にご紹介いただきました。
これはイベント当日朝の2日のものですが、本日の5日朝刊にも会の詳細が載ったそうですので、お近くの方は、ご覧になってみてください。私は帰って来ていて、今日の分は確認ができていませんが、〈聴衆魅了する真夏の朗読会〉と丁寧に書いてくださっているそうです。

というわけで、金沢公演無事に終わりました。
今回は、ひろたえみさんとのコラボだけでなく、蓄音器と、そして三浦環さんとコラボレーションもあり、贅沢で貴重な時間と経験でした。
猛暑の中で心配していただいていましたが、うれしく楽しいばかりでしたので蕁麻疹もヘルペスも熱も発作も出ず、体調よく過ごすことができました。
そのためにいつになく余力があり、帰るや次の11月の公演に向けての準備を進めています。
私のなかの迷いがなくなったので、今までで最高の会にできると思います。いえ、みなさまにいただいたものをお返しできるよう、最高のライヴにすることをお約束します。
 
お忙しいなか、あるいは、遠くからご来場くださったみなさま、お友達にお声をかけてくださったみなさま、ほんとうにありがとうございました。
そして、蓄音器館のみなさま、素晴らしいテキストをお貸しくださったみなさま、何より、相方ひろたえみさんに感謝を。

なお、えみえみは、今月末の横浜のひろたえみさんの書展「あらすじ」でも出没予定です。
プロフィール

いつのえみ

Author:いつのえみ
伊津野重美 

第一歌集『紙ピアノ』
1st Album『ひかりの素足』
詩誌『生命の回廊』発行・編集。

********************

フォルテピアニシモ vol.15
 
~ All can sing ~

http://paperpiano.la.coocan.jp/sing%20html.html

伊津野 重美 朗読

2017年11月3日(金・祝)
12:30 開場/13:00 開演

場所:STAR PINE'S CAFE

前売・予約¥2,500円+1drink
ペアチケット前売・予約のみ
     ¥4500+2drink
当日¥3,000円+1drink
チケット前売発売10月3日より
 前売は店頭販売かweb予約
予約アドレス
https://ssl.form-mailer.jp/fms/f7f014c8172636

STAR PINE'S CAFE
http://www.mandala.gr.jp/

**********************

伊津野重美 1st Album 

『ひかりの素足』
歌人伊津野重美による初の朗読アルバム。
ゲストにチェリスト森重靖宗を迎えて、
宮沢賢治の童話「ひかりの素足」と
日本近代詩の抒情世界を精緻に紡ぐ。

全9曲、48分。定価 2,500+税

**********************

「生命の回廊 vol.3
『えーえんとくちから 
  笹井宏之作品集』特集号」

2011年11月刊行

井口和泉 浦歌無子 
岸田将幸 斉藤斎藤
斉藤倫 樋口由紀子
ひろたえみ 三角みづ紀
ヤリタミサコ 夕暮マリー
伊津野重美

最近の記事
カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ内検索