スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◇+crossing◇ 夏瀬佐知子さんの日記から

黒瀬珂瀾さんの「S、大阪の海は寒いか」。
聞いたのは2度目。一番良かった。でもマイクに口を寄せ過ぎた?
田中槐さんの「とほつあふみに じふしちなりき」。
聞いたのは2度目。槐さんの短歌の情景が浮かんで来たのに、同時に自分の17歳まで見えた。
「Merry-Go-Round」。伊津野重美さんと。
「怖かった怖かった怖かった」
「嫌だった嫌だった嫌だった」
「遠ざかりゆくMerry-Go-Round」
「組み替えてはいけないものを Merry-Go-Round」
お二人のリフレインが残像のように耳に残る。
伊津野重美さんの「紙ピアノ」と念願の萩原朔太郎の詩を聞くことが出来た。
「犬は病んでいるの? いいえ、子ども、飢えているのよ」
《だから許してあげてね》と聖母の声がわたしには聞こえた。
「わたしにはなんにもなくてわたしにはこわいくらいになんにもなくて」
「こわれるから目をとじました 会うことも会わないこともとおいゆうぐれ」
と続いたところで涙が滲む。
斉藤斎藤さんの「今だから、宅間守」。
インパクト、大。
切ないなかにもクスリと笑ってしまうという短歌ではなかったので、文字で改めて読んでみなければ・・・と思いました。ガム? 飴? は狙いでしょうか?
知っているかたの感想だけでごめんなさい。

http://www.natsuse.com/diary/sfs6_diary.cgi?action=day&year=2007&month=01&day=21
スポンサーサイト

◇+crossing◇ 相槌太郎さんの日記から

大塚の時より少し広いかなという感じ。前のほうに座るように言われたが小さくないので窓際のほうに座らしてもらう。
最初は黒瀬さんで何気に始まった。詩の中に短歌を散りばめた山茶花のような感じ。時々視線がスーッと下を見るのがとてもセクシーでメロディが聞こえてくるようだった。
都守さんは、今をときめく新進のアーティストあり(先日個展を開いたそうで)作詞家で、今回初朗読らしいのですが、肝が据わっていて凄いと思った。
自分の作品の告知をした時とのギャップが初々しかった(あっ、買い忘れた)。
キキダダママキキさんは、以前に小笠原氏が痙攣のような名前といわれたように詩もまさにそんな感じでした。私としては海岸線も歩いて欲しかったかなと思った。
そして、田中さんの「とほつあふみに じふしちなりき」優しい声でホッとする。17歳の頃を思い出した。伊津野さんとの「Merry-Go-Round」何十回も読んでいるのに聞くといつもこみあげるものがある。姉妹みたいだった。

2部は伊津野さんのソロ。始まると場が一変する。来るときも読んできたのに最近涙腺が壊れかかってる。冬なのに竹も生えて目もおかしいみたいだ。
安田さんの詩を聞くときはいつも正座して聞かなければいけないような雰囲気を持っている女性です。「ねむるいき」を読み始めると糸電話のようにスーッと耳元に細いんだけど強い声が入ってくる不思議な人だ。
斉藤さんは、賛否はあると思うが大変難しいテーマに挑まれてしかも短歌で。本当はシャイな方と思うのですが違う一面が見れてよかった。
そして柴田千晶さん。半年前に聴かせて頂けるチャンスがあったのですが、時間が合わず残念だったのです。
最初に「空室」を読んだとき、この人は男の人かなと思ったくらい衝撃でした。それを今回は朗読を聞かせて頂いて感激しました。伊津野さんとの競演もすばらしかった。
それと、受付のあかばねさんには大変お世話になりました。
大塚の歌会で、聞かせてもらったユーリさんとキキさんにもお会いできたし楽しい時間が過ごせました。嬉しくて雨も気にならなく帰れました。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=325376342&owner_id=5274627&comment_count=2

◇+crossing◇ 石原 文朗さんの日記から

+cafeは壁が白くて画廊みたいな感じでした。木の椅子が並べられた脇の美術手帖などが置いてある本棚の上に鳥の絵の額がいくつか立てかけてあります。
この絵は出演者の都守さんの作品で、幸い、販売していますということだったので、終演後譲って頂きました。
・・・・・
企画・主催の伊津野さんのBlogにもう詳しいレポートが出ていますね。
たしかに、都守美世さんは初めてとは思えないような朗読でした。
キキダダマママキキさんはバスドラのように足で床を踏み鳴らす迫力のある朗読でした。印刷したテキストにサインと落款?、一枚一枚違う写真を添えたものを配布されていて、前もって読んでおいたのですが、やはり文字と朗読では印象が全然ちがいます。
他の出演者は黒瀬珂瀾、柴田千晶、田中 槐、安田倫子、伊津野重美、の皆さん。
斉藤斎藤さんの作品は「るしおる」63号に掲載されるようなのでじっくり読んでみたいと思います。

「かりん」2006.12に、中津昌子さんが「『渡辺のわたし』のわたし」という文章を書いていますが、斉藤斎藤さんの「私」についての考え方には以前から注目していました。
数理歌学の<私>モデルにも間違いなく、斉藤斎藤さんの「私」は、重力を及ぼしているはずです。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=324155616&owner_id=734992&comment_count=3

◇+crossing◇都守美世さんの日記から 出演者

都守美世さん 作詞家・彫刻家・舞台美術
「QuickJapan」10月号p156 インタビュー記事掲載

http://www.mizuho-fg.co.jp/activity/contribution/gallery.html

***********************************************************
+crossing が 終わりましたです。

朗読イベントってす ご い

参加させていただいて感謝です

声も言葉もありさまも

人間に会った気がしたよ うれしいよ うれしいよ

やぱり ね 詩も短歌も俳句も朗読するものだと
私は思ったのです
朗読を聴くものだと私は思ったのです

豪華キャストとは2日前からうすうす気づいていましたが
時間になりマイクテストにぞくぞくお集まりになる
作家の方々のオーラに
もうほくほくしてしまい心右往左往。
私てば、マイクと口の距離から悩むほどなにひとつわからない。マイクに響く自分の声にびびってみたり。
マイクって凄い。声ひびく。
パフォーマンスは身体表現で声つかったことないのでそういえば、マイクの扱い方がわからない。
唯一持ち前の好奇心のおかげか、自分の後のオーラびんびんの作家さん方の朗読が楽しみで楽しみで
自分のことをぜんぜん考えていなかったので、
緊張しなかった。いつ緊張するんだろういつ緊張するんだろうと思っていたら終わってしまった。どきどきしたかったのに。
でも 他の方の朗読にどきどきした。特に伊津野さんの「ねむるいき」と、柴田さんの一連に。

朗読中は旅立っていたので、ビデオ見てからでないと何をしたか記憶にございません。
ただ自身の身体の残り香から、まだ言葉の身体化がやりきれていないなというかんじがわかった。反省点です。

始まる前、出演者の方にご挨拶していたら
「つもりです。はじめまして」
「斉藤斎藤です。はじめまして」
面白かった。
朗読も名前に負けず劣らず面白かった。


もうつかれたからここまで。いやはや凄かった。
参加させてくださってどうもありがとうございました。
アフリカ行けた。
朗読世界よひろがれ。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=323407800&owner_id=485511

プログラム発表!!「 +crossing 」

「 +crossing 」http://homepage2.nifty.com/paperpiano/crossing.gif
予定プログラム決まりました。
途中からでもお入りいただけますが、どうぞ最初からお聞き逃しありませんように。

公演時間は、休憩を挟んで2時間を予定しております。
なお、ご予約は必要ではありませんが、すべて自由席となっており、
会場はカフェで、お席に限りがございます。どうぞご了承ください。

今回私は、田中槐さんと柴田千晶さんとご一緒に読ませていただきます。
お時間がありましたら、どうぞお越しください。


      + program +

         Ⅰ

 黒瀬珂瀾           短歌「S、大阪の海は寒いか」

 都守美世             詩「Pity boy」「体温」
歌詞「うすばかげろう」「何時か幾つかの色」「dream train」

 キキダダマママキキ              自作詩より

 田中 槐       短歌「とほつあふみに じふしちなりき」
  田中 槐 (+伊津野重美)   短歌「Merry-Go-Round」

         Ⅱ

 伊津野重美      短歌『紙ピアノ』より
           詩「竹」「遺伝」「大渡橋」(作 萩原朔太郎)
         詩「ねむるいき」(作 安田倫子)

 安田倫子      詩「ねむるいき」 「夢に関する確認作業」
  
 斉藤斎藤             短歌「今だから、宅間守」

 柴田千晶 (+伊津野重美)      詩「骨なら愛せる抄」
  柴田千晶                  詩「雁風呂」
プロフィール

いつのえみ

Author:いつのえみ
伊津野重美 

第一歌集『紙ピアノ』
1st Album『ひかりの素足』
詩誌『生命の回廊』発行・編集。

********************

フォルテピアニシモ vol.15
 
~ All can sing ~

http://paperpiano.la.coocan.jp/sing%20html.html

伊津野 重美 朗読

2017年11月3日(金・祝)
12:30 開場/13:00 開演

場所:STAR PINE'S CAFE

前売・予約¥2,500円+1drink
ペアチケット前売・予約のみ
     ¥4500+2drink
当日¥3,000円+1drink
チケット前売発売10月3日より
 前売は店頭販売かweb予約
予約アドレス
https://ssl.form-mailer.jp/fms/f7f014c8172636

STAR PINE'S CAFE
http://www.mandala.gr.jp/

**********************

伊津野重美 1st Album 

『ひかりの素足』
歌人伊津野重美による初の朗読アルバム。
ゲストにチェリスト森重靖宗を迎えて、
宮沢賢治の童話「ひかりの素足」と
日本近代詩の抒情世界を精緻に紡ぐ。

全9曲、48分。定価 2,500+税

**********************

「生命の回廊 vol.3
『えーえんとくちから 
  笹井宏之作品集』特集号」

2011年11月刊行

井口和泉 浦歌無子 
岸田将幸 斉藤斎藤
斉藤倫 樋口由紀子
ひろたえみ 三角みづ紀
ヤリタミサコ 夕暮マリー
伊津野重美

最近の記事
カレンダー
12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。