スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『インディアナ、インディアナ』

バスに乗っている時に思わず涙をこぼしかけて、この本のことを考えていたことに気づいた。http://www.amazon.co.jp/gp/product/4022501871/sr=1-12/qid=1155609774/ref=sr_1_12/503-3344032-9408758?ie=UTF8&s=books
過去の記憶、手紙、さまざまな人の言葉の断片からなるこの物語は難解に思え、これは物語でありながらひとつの詩のかたちなのだと気がつくまでに時間がかかった。完璧な愛がすぐそこにありながら、奪われた男の物語。しかも、その中心であるこのノアも精神を病んでいるらしく、真実か夢か妄想か分からない。すべて不明瞭に始まり不明瞭に消えてゆく。そこに残る確かなものは、愛と喪失の悲哀、そして、インディアナの美しさ…

読み進めるうちにやがて、精神に疾患をもったノアとオーパルが、その病によって引き裂かれてしまったことが浮かび上がってくる。人や自分に危害を与えてしまう可能性のあるオーパルは病院へ収容され、常人と異なるノアは夫でありながら自分の妻であるオーパルの後見権を与えられずに、面会さえ許されない。生木を裂くように裂かれただけでなく、常時には明晰で聡明ですらあるオーパルにも、当時の精神病に対する残酷な治療法が施されいるであろうことが示唆され、そこからオーパルを救い出せないノアは苦しみ続ける。烈しい渇望と苦悩のまま生き続け、老いてゆかなければならなかった男の痛切な悲哀が満ちる。しかも、ノアには手立てがなく、自分からオーパルが奪われ続けることが理解もできずに、子供のようにただ地団太を踏み、オーパルを求めるしかないのだ。
インディアナの花々が咲き木が匂う豊かな自然描写には、「インディアンの土地」の名を持つ地の、無垢で純粋なものを虐げてきた暗い歴史が暗示されていて、それゆえにいっそう美しい。

このように美しく悲しい愛と喪失の物語に出会ったことがない。ノアとオーパルを隔てた「社会」や「常識」というものの方が間違って薄汚れて見える。しかし、誰も悪い者など登場しないことが、ノアの、そして読み手のやり場のない悲しみをいっそう深めている。

社会から隔離しなければいけない狂人であるところのオーパルからのノアへの手紙は、無垢で慈愛に満ち祝祭的な美しさを放っている。無垢で天上的な愛の世界は、もはや狂者の妄想のなかにだけあるのかもしれない。そして、常人には見えないものを見、常人の社会的枠組みのなかで生きていきにくい芸術家というものもまた、狂人の一種なのだろう。



  いとしいノア    

早く来てください。何もかもがとてもキレイです。インディアナはキレイです。ライラックの咲き乱れるインディアナ。あぜ道からホタルが飛び立ちトウモロコシがそだつインディアナ。きのうの夜わたしは、ここのちいさな中にわに石鹸がいっぱいあるユメを見ました。そのうちに雨がふってきて石鹸のシャボン玉が上がってみんなすっかりキレイになってそのあとモーゼがそのことを書きました。長い、長いおはなしを書いてそのあいだわたしたちは腰がだんだん太くなって頭ガイコツがどんどん細くなって、そのうちに誰かが誰かを送ってよこしてわたしたちの絵を土でかいて、それからみんな古くなった顔をはずして、どこかにかくして、それから立ちあがってこがね色のひろいひろい野原をいつまでもかけていきました。

               元気で  オーパル

                    『インディアナ、インディアナ』  レアード・ハント
スポンサーサイト
プロフィール

いつのえみ

Author:いつのえみ
伊津野重美 

第一歌集『紙ピアノ』
1st Album『ひかりの素足』
詩誌『生命の回廊』発行・編集。

********************

フォルテピアニシモ vol.14
 
~ Keep the holy fire
       burning ~

伊津野 重美 朗読

2016年11月3日(木・祝)
12:30 開場/13:00 開演

場所:STAR PINE'S CAFE

前売・予約¥2,500円+1drink
ペアチケット前売・予約のみ
     ¥4500+2drink
当日¥3,000円+1drink
チケット前売発売10月3日より
 前売は店頭販売かweb予約
予約アドレス
https://ssl.form-mailer.jp/fms/f7f014c8172636

STAR PINE'S CAFE
http://www.mandala.gr.jp/

**********************

伊津野重美 1st Album 

『ひかりの素足』
歌人伊津野重美による初の朗読アルバム。
ゲストにチェリスト森重靖宗を迎えて、
宮沢賢治の童話「ひかりの素足」と
日本近代詩の抒情世界を精緻に紡ぐ。

全9曲、48分。定価 2,500+税

**********************

「生命の回廊 vol.3
『えーえんとくちから 
  笹井宏之作品集』特集号」

2011年11月刊行

井口和泉 浦歌無子 
岸田将幸 斉藤斎藤
斉藤倫 樋口由紀子
ひろたえみ 三角みづ紀
ヤリタミサコ 夕暮マリー
伊津野重美

最近の記事
カレンダー
07 | 2006/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。