<<10  2017,11/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
末森英機さんの私信より「フォルテピアニシモ vol.15 」

とても繊細なステージでした。
詩とされた地上を、真裸で歩く、人々を包み込む約束を披露されたようでした。


ヤリタミサコさんのアンケートより「フォルテピアニシモ vol.15 」
 
〇ステージングで印象的だったのが、上から落ちる光を手のひらで受けとめるところと、Ⅰ部のlastで「たった1人を守りきれない」部分が、声を出さずに、口だけが動いて声のない声として表現されたこと。
手のひらで光を受けとめるのは、無意識に空からの光をあびているのではなく、ステージ上のえみちゃんが意識し努力してようやく「光」に象徴されるものを受けとめることでしょう。えみちゃんの強い意志が表現され、そこから観客の私たちに光が手渡されると思いました。
「たった1人を守りきれない」は解釈が分かれると思いますが自分で自分の身も守れない、とも考えられます。この残酷な世界で自分の声さえも抑圧されそうな、しかし、ちゃんとことばは発するというアピールと思いました。

〇電車の中の小4の女の子は、たぶん、聞き手みんなの心の中にいる姿だと思います。寂しい思いをずっと引きずってオトナになっている人たちが、それぞれ自分の姿を投影して見えたことでしょう。涙がじわっと湧いてきます。

〇「永遠のみどり」がえみちゃんの感覚に1番あっていると思いました。静かな、しかし大きなパワーがあり、インパクトがありました。「ヒロシマのデルタ」の風景がえみちゃんの声を通して眼前に浮かんでくるようです。「若葉うづまけ」「青葉したたれ」という強い命令形の口調が、抑制された激情として切々と迫ってきました。

〇賢治さんの作品はえみちゃんにあっています。賢治さんの声なのか、王子様の語り口なのか、伊津野重美さん自身の声なのか、もう、誰が語っているのかわからないほどひきこまれました。内容と声と一体化していて、分けられないほどだったということですね。

〇ラストの光の束、羽とハスのつぼみ、希望が残って心の底が暖かくなりました。ありがとう。会場全体に羽が舞い、天女のような観音様のようなマリア様のようなえみちゃんと共に、魂が浄化されたような空間です。ハレルヤのコーラスが希望を残してくれました。
いつも以上にラストに力点があって、「未来」への暖かさが残りました。

アンケートより「フォルテピアニシモ vol.15 」

すっかり自分の年中行事になってしまいました。
いつも、ありがとうございます。
気持ちがまっすぐになります。

麗さんの私信より「フォルテピアニシモ vol.15 」

私もライブにお邪魔するのは初めてでしたから、全体を包む空気そのものに押されていました。
蜘蛛の糸を綱渡りして、苦しくて悲しくて、でも言葉を紡いで希望を見出そうとしてる健気さ。
音楽・照明・舞台装置、全てがえみさんの持つ世界観で凝縮され、異世界に迷い込んだかと何度キョロキョロしたことか。

特に私が心臓を掴まれたのはえみさんの声と照明です。
時に情念がえみさんの身体から噴出しているようだったり
闇に一筋の張り詰めた光だったり
縋るような階段が見えたり
赦された天界の光に包まれたり
その全てが人が作ったもののはずなのに、えみさんが大きな力に操られてるようにも感じられて心配になるほどでした。
特に星の王子様の朗読は王子様同様えみさんまでもがヘビの毒にやられてやしないか、
置いて行かれてしまうのではないか、大事な人を失ってしまうのではないか、と操縦士の『ぼく』になっていました。

勿論音楽の使い方も素晴らしく、私の中ではえみさんの朗読には色があって、
単語単語が浮きだしてそれぞれのフォントで織りなされ、色がついていく感じがするんです。
音楽と言葉がシンクロしてクレッシェンドとデクレッシェンド、フォルテシモとピアニシモのような緩急の差に、
脳を揺さぶられてダイレクトに皺として刻まれていくようでした。
厳かに衝撃を受けるといった感覚でしょうか。
アンケートより「フォルテピアニシモ vol.15 」

今年もここへ来ることができたことを嬉しく思います。
ご心配ばかりかけていて、申し訳ないような気持ちもあります。
仲の良い友人から「優しすぎる。もっと怒って良い。」と言われました。
「許すことも罪であるならば、他者に対して、どうあるのが私らしいのか、伊津野さんの声を聞きながら考えてしまいました。許そうと思って許している訳ではなく、私の中でそれが、あたり前のことであるかのようにも思えます。憎むこと、怒ることはむずかしい。罪の重さは誰が決めるのだろう。
それでも、こうやって、自分で行きたいところへ行き、会いたい人に会い、行動すること。
それがあたり前のことになっている生活。そのことがしあわせだと思います。
今日はありがとうございました。伊津野さんの声はあたたかで、やさしい光です。

アヤノさんの私信より「フォルテピアニシモ vol.15 」
声の振動の波長が一致したんだと思います。
突然床が抜け落ちたような、一瞬にして異世界につまみ入れられたような不安も覚えました。
自分の意思ではない前触れのない涙があふれ出て止まらず戸惑いを隠せません。
こんな舞台は初めてです!
貴重な経験をありがとうございました!!



アンケートより「フォルテピアニシモ vol.15 」

このところ、身心共に疲れ気味でしたが、
こうやって、静かなひとときを過ごさせて頂き、
おだやかな気持ちになれました。
この一年を回想しながら、聴かせて頂きました。

ありがとうございました。

ひろたえみさんの私信より「フォルテピアニシモ vol.15 」

目撃できてよかったです。

タイトル、All can sing のいみがわかりました(わたしなりに)、

すさまじくうつくしい舞台でしたね、

『星の王子さま』ってこんな話だったっけ?
「ずっと、そばに、いるよ、」ってどっからの声?うえーん、こわかった!すごかった!


ほめてる


日常と地続きの断章も面白かったの、いつのさんの素の言葉選びが、電車でつかのま会っただけのこどもに、共振するおもいのふかさに、いつのさん独特のズッコケ?ユーモア?あって。これはほんとうにあったことだろうと思わせる。

照明、おもいだしても泣くよ、

溶暗のうつくしさ、あと、いつのさんを照らすというよりは

ひかりでみちをつくる、ゆくさきを照らすような(ゆくさきはわからないのだけれど、みちは加速してるの)感覚、すごく立体的だった、しかも瞬時、くっきりと創って、あっというまに消えるんだよ!、、

アンケートより「フォルテピアニシモ vol.15 」

昭乃さんファンで伊津野さんを知ったハセベと申します。
本日も心に染みる魂の声をありがとうございました。

最近、職場の後輩との話や、インターネット上で見たある意見にショックを受けており、以来心のどこかでその考えにどうこたえるか、問いが続いています。その意見とは、「弱い人が優しくても意味がない。強い人が、権力や力を持つ人が、優しくてこそ“優しさ”の意味がある」というものでした。伊津野さんの詩歌には。その意見に対峙できる(対決するわけではないのですが)、1つの答えがあるように思います。
弱い人の優しさの本当の尊いつよさを、信じたいです。

アンケートより「フォルテピアニシモ vol.15 」

言葉のひとつひとつが胸に響いて、息が苦しくなるほどでした。涙も…
原民喜さんの詩は、ひとつの大きな体験、
その体験を自分がしていないときに、
そこに書かれた言葉と自分はどのように向き合うのか、
(その体験を元に)
そんなことも考えさせられました。
「星の王子さま」、何度か読んだことがありますが、
こんなに泣けたのははじめてです。
今回も、本当に素晴らしかったです。
本当に貴重な時間、空間をありがとうございました。
プログラム 「フォルテピアニシモ vol.15   ~ All can sing ~」
「フォルテピアニシモ vol.15   ~ All can sing ~」
この天涯八大奈落億光年 たったひとりのあなたに会えた

今回は、いつにもまして厳しい状況でしたが、15回目の公演を無事に終えることができました。
みなさまに評判の美しい照明と蓮の葉と蕾のセットは、小宮さんの手によるものです。
私一人のライブですが、小宮さんの照明とのコラボレーションになっていたように感じています。

ご来場くださったみなさま、遠くから近くから応援してくださったみなさま、ありがとうございました。
一期一会を心から感謝いたします。

音響 STAR PINE’S CAFE
照明 小宮康生/映像記録 小口 宏/ 記録 田中 流
協力 橋本怜子 / 制作 赤刎千久子
構成・演出 伊津野重美
              


           プログラム



『紙ピアノ』より     短歌  伊津野重美
「列王紀 上」より   『旧約聖書』より
ちいさな炎        詩   伊津野重美
れいこ          詩   伊津野重美
果てしなく人を許す  断章  伊津野重美
ねがい          詩   伊津野重美
冥き雨降るこの星に 短歌  伊津野重美



『天の猟犬』より     詩   末森英機
のちのおもひに     詩   立原道造
「落葉松」より       詩   北原白秋
『新しき朝』より      短歌  永井 隆
ギラギラノ破片ヤ    詩   原 民喜
「鎮魂歌」より       詩   原 民喜
永遠のみどり       詩   原 民喜



『星の王子さま』より   童話  宮沢賢治
砂の家族          短歌  伊津野重美
「フォルテピアニシモ vol.15 ~ All can sing ~」本日!
2013Vol9 (5)

伊津野重美「フォルテピアニシモ vol.15 ~ All can sing ~」いよいよ本日となりました。

今回は、今まで舞監のように私のステージを美しく創ってくださっていた照明の小宮さんが、フリーランスとなりパワーアップして戻って来てくれました!

13.jpg     
                    写真 田中流

多くの方にいらしていただけましたら、うれしいです。
当日でも、途中からでもお入りいただけます。
ご来場を心よりお待ちしています。

********************************************************

フォルテピアニシモ vol.15 ~ All can sing ~

http://paperpiano.la.coocan.jp/sing%20html.html

この天涯八大奈落億光年 たったひとりのあなたに会えた


伊津野 重美 朗読

日時:2017年11月3日(金・祝)12:30 開場/13:00 開演

場所:STAR PINE'S CAFE

料金:前売・予約¥2,500円+1drink、ペアチケット(前売・予約のみ)¥4500+2drink
当日¥3,000円+1drink
チケット前売発売 10月3日(火)より
前売は店頭販売かweb予約
予約アドレス https://ssl.form-mailer.jp/fms/f7f014c8172636

STAR PINE'S CAFE http://www.mandala.gr.jp/

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-20-16 B1 TEL:0422-23-2251
→ 吉祥寺駅より徒歩3分
吉祥寺駅・北口を出て、吉祥寺大通りを北に直進し、
ヨドバシカメラを越えた角を右折。
20mほど進むと左手にSTAR PINE'S CAFEが見えてきます。

*未就学児のご来場はご遠慮いただいております。

◇ 伊津野 重美 Emi ITSUNO

1995年より作歌を、2000年より朗読の活動を始める。
2005年に第一歌集『紙ピアノ』を風媒社より刊行。
2015年伊津野重美 1st Album 『ひかりの素足』リリース。
詩誌『生命の回廊』発行・編集。
自らの企画で演出、出演をこなしながら、他の作家や他ジャンルとの
コラボレーション作品の制作にも積極的に取り組んでいる。
2007年より朗読ライブシリーズ「フォルテピアニシモ」を開始する。
空間と時間までも<詩>へと昇華させる朗読は、祈りのようでもある。
http://paperpiano.la.coocan.jp/

fortepianissimo vol.15

********************************************************




「フォルテピアニシモ vol.15 ~ All can sing ~」チケット発売開始
f2016 (59)
                  写真 田中 流

長くお休みしてしまいました。
もう朗読などできないと思うようなことが重なり、言葉も出ないような時期が続いていましたが、みなさまの声に励まされ、こんな時だからこそもう一度舞台に立たなければと思いました。

「フォルテピアニシモ vol.15 ~ All can sing ~」本日よりチケット・前売発売開始いたしました。
みなさまに目撃していただけましたら幸いです。
ご来場をお待ちしています。

********************************************************

フォルテピアニシモ vol.15 ~ All can sing ~

この天涯八大奈落億光年 たったひとりのあなたに会えた

伊津野 重美  朗読

日時:2017年11月3日(金・祝)12:30 開場/13:00 開演

場所:STAR PINE'S CAFE

料金:前売・予約¥2,500円+1drink、ペアチケット(前売・予約のみ)¥4500+2drink
当日¥3,000円+1drink
チケット前売発売 10月3日(火)より
前売は店頭販売かweb予約
予約アドレス https://ssl.form-mailer.jp/fms/f7f014c8172636

STAR PINE'S CAFE

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-20-16 B1 TEL:0422-23-2251
→ 吉祥寺駅より徒歩3分
吉祥寺駅・北口を出て、吉祥寺大通りを北に直進し、
ヨドバシカメラを越えた角を右折。
20mほど進むと左手にSTAR PINE'S CAFEが見えてきます。

*未就学児のご来場はご遠慮いただいております。

fortepianissimo vol.15
********************************************************

フォルテピアニシモ vol.14  プログラム

~ Keep the holy fire burning ~



空には空       短歌 伊津野重美
「列王紀 上」  『旧約聖書』より
ちいさな炎     詩  伊津野重美
『紙ピアノ』より   短歌 伊津野重美
駅         断章 伊津野重美
Grace       短歌 伊津野重美



『きけ わだつみのこえ』より 
    日本戦没学生の手記  日本戦没学生記念会編
序 「原爆詩集」より  詩  峠三吉
永遠のみどり      詩  原民喜

『銀河鉄道の夜』より     童話  宮沢賢治
「宗谷挽歌」より        詩  宮沢賢治
ねがい            詩  伊津野重美
そうならねばならないのなら  短歌  伊津野重美

メッセージより「フォルテピアニシモ vol.14 」
いつもすてきなライブをありがとうございます。
私は、わだつみで、ボロボロ涙出ました。
彼は駅で涙してました。
短歌大会伊津野重美朗読プログラム【lament】
短歌大会で朗読で出演をさせていただきました。

ご参加のみなさま、関係者のみなさま、応援くださったみなさまありがとうございました。
久しぶりにお会いする方々や初めてお会いした方々とのよい出逢いもあり、
短歌の話をたくさんでき、うれしい一日となりました。



   lament

『白描』より  序・短歌 明石海人
「小景異情 その二」  詩 室生犀星
風 景  詩 山村暮鳥

『きけ わだつみのこえ』より  日本戦没学生の手記
「きみ死にたもうことなかれ」より  詩 与謝野晶子
「原爆詩集」より  詩 峠三吉

『笹井宏之作品集 えーえんとくちから』より  短歌 笹井宏之
暁の夢  短歌 伊津野重美

ちいさな炎  詩 伊津野重美
『紙ピアノ』より  短歌 伊津野重美
れいこ  詩 伊津野重美
薄 明  短歌 伊津野重美
冥き雨降るこの星に  短歌 伊津野重美


11月19日(土)日本短歌大会・朗読出演
11月19日(土)日本短歌大会で朗読をいたします。
横浜ラジアントホール13:30-17:00 

私の出演は15時過ぎに45分程の予定です。
前半は選者による講評や表彰式、後半に朗読があります。
短歌関係者でなくても、ただ朗読だけ聴きにいらっしゃることもできるそうです。
入場無料ですので、お近くの方はよろしければ。
岸田将幸さんのアンケートより「フォルテピアニシモ vol.14 」

それでもなお、生きている者。明かりを。それは
もはや言葉ではない、声でもない。
のどの奥の火なのだ、と思う。

アンケートより「フォルテピアニシモ vol.14 」

前回?前々回?吉祥寺で開かれた時に拝聴した者です。
今日は都合で途中から参加でしたが、このせわしない時間の流れの中で、深海をたゆたうような空気と音、温度の世界に癒されました。
(前回よまれたリ・バースの詩の載っている本があれば買いたいです。
                           ↓
                          買いました!
ヤリタミサコさんのアンケートより「フォルテピアニシモ vol.14 」

◦最初にかかった女性ボーカルとリズムの曲は、曲に影響されてえみちゃんの声のリズムも少し変化していたので、短歌的なリズムや息継ぎ(ブレス)は違うおもしろさがありました。
時にはこういうアレンジもコトバの意味とは別の可能性をひき出しますね。
日本語にはかならず母音が含まれるため、平板な音の印象になりがちですが、音楽と関わることで、言葉の中に潜在的に埋もれている別な音の可能性が出てくると思います。

◦一部で少しせきこんだり、「GRACE」で曲をもう1度かけてもらったり、などは生身の人間のライブなのだから、私はあたりまえと思います。
えみちゃんは気にしていると思うけど、音楽でも朗読ライブでも、発生することはありますから、その対応もライブのライブたるゆえんでしょう。
予定調和ではない冒険なのだから、ほころびもあり、予想を超える何かやいろいろなものの出現が、ライブです。

◦「駅」のイントロからは淡々と進んでいたストーリーでしたが、後半からは予想外の展開でした。次はどうなるの、どうなるの、と、あわててページをめくるような意識で聞いていました。
そして、「見えないものを見てしまう人がいる」というのは意外な気づきでした。
深く心に残ります。

◦二部の原爆詩集、永遠のみどり、賢治2編のテキストのチョイスはすごく良かったです。
長いもののよさもあるけど、今回のように、短いリフレインは一瞬に強い印象を残します。
えみちゃんの心にぴったり重なる印象的な繰り返し、特に広島の若葉のところなど、インパクトありました。
えみちゃんの音声で描かれた若葉の絵は、くっきりと聞き手の心に移り住んだと思います。

◦「さようならここから」が、静かで悲しいけど希望のあたたかさも感じられて
よいエンディングでした。えみちゃんがこういう境地にいられることが、改めて心の底がじわっと暖かくなるような気がします。
悲しみを悲しみ尽くすことだけではなく、その後の生も引き受けることがその悲しみを持ち続けることなのだと思います。

プロフィール

いつのえみ

Author:いつのえみ
伊津野重美 

第一歌集『紙ピアノ』
1st Album『ひかりの素足』
詩誌『生命の回廊』発行・編集。

********************

フォルテピアニシモ vol.15
 
~ All can sing ~

http://paperpiano.la.coocan.jp/sing%20html.html

伊津野 重美 朗読

2017年11月3日(金・祝)
12:30 開場/13:00 開演

場所:STAR PINE'S CAFE

前売・予約¥2,500円+1drink
ペアチケット前売・予約のみ
     ¥4500+2drink
当日¥3,000円+1drink
チケット前売発売10月3日より
 前売は店頭販売かweb予約
予約アドレス
https://ssl.form-mailer.jp/fms/f7f014c8172636

STAR PINE'S CAFE
http://www.mandala.gr.jp/

**********************

伊津野重美 1st Album 

『ひかりの素足』
歌人伊津野重美による初の朗読アルバム。
ゲストにチェリスト森重靖宗を迎えて、
宮沢賢治の童話「ひかりの素足」と
日本近代詩の抒情世界を精緻に紡ぐ。

全9曲、48分。定価 2,500+税

**********************

「生命の回廊 vol.3
『えーえんとくちから 
  笹井宏之作品集』特集号」

2011年11月刊行

井口和泉 浦歌無子 
岸田将幸 斉藤斎藤
斉藤倫 樋口由紀子
ひろたえみ 三角みづ紀
ヤリタミサコ 夕暮マリー
伊津野重美

最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
ブログ内検索